メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<明日の為に、其の5!>

威厳を見せ付けるためとはいえ、腕を酷使した代償は筋肉痛という形となって現れた。
そう、筋肉痛が悪いのであって決して俺が不器用なのではない。
マント作りの過程で残骸となった哀れな元・布を横目で見つつ、誰も居ないのに言い訳する。
既製品は避けたいよなー、見た目が地味だし。

「ホビーショップエルゴ?」
『そう、エストちゃん用の武装を発注しておいたから取りに行って欲しいんだ。』
「勝手にそんな事してたのか。でもまだ初対面の人と話せるか怪しいぞ?」
『大丈夫大丈夫、きっと店長と趣味が合う筈だよ。』
「無駄を承知で聞くけど、領収書貰っておいたら経費で落ちる?」
『落ちる訳無いじゃない、うさ大明神様にもよろしくー』
あ、電話切りやがった。
自分からかけてきておいて、しかも事後通達とは相変わらずだ。
最後に聞こえた怪しげな単語も気になるし、行ってみますか。

「やっと着いた~。」
肝心の場所を聞きそびれたせいで道に迷っただけで、断じて方向音痴では無い!
心の声とはいえ、最近どうも独り言増えたな。
「いらっしゃいませ。」
「あ、あのー、神姫用の武装を発注しておいたとか何とか・・・ゴニョゴニョ」
やっべ、誰の名義で頼んでたのか聞いてない。
「肩で腕組みをして踏ん反り返っている神姫を連れている、と多分コレじゃないかな?」
どうやら(主にエストの)特徴が伝えられているようだ。
「それじゃ注文に見合った品か確認してもらえるかな。」
渡された武器にはメモが添えられていた。
”片手剣タイプの神姫用武器で耐熱・高硬度、内部は振動が反響するように見た目は趣味に任せます。”
うを、コイツはリボ○ケイン!!
2人の漢が無言で熱い握手を交わす。
電話の意味はこういう事か、珍しくGJだ。
「伝言で、店長とうさ大明神様によろしくとの事です。」
胸像状態のヴァッフェバニーが鎮座しているが、恐らくこの神姫が大明神様なのだろう。
一瞬大首領様が頭に浮かんだのは心に留めておこう。

ついでだし他にも色々買っておくか。
「エスト、気に入った物があったら言うだけ言ってみろよ。気分次第で買ってやる。」
「師匠がそんな事を言うなんて熱でもありそうですね。」
「あくまで気分次第だからな、とりあえずテンションが下がったのは確実だ。」
結局エストが選んで来たのはオリジナルのマントらしく、デザイン的にも申し分の無い物だった。
じゃあ料金を支払って今日は帰るか。
「また近いうちに寄らせてもらいますね。」
「色々と話せそうだし楽しみにしているよ。」
何やらデータディスクの購入も勧められたのだが、今回はパスだ。

帰り道、エストはずっと車の中でリボル○インの素振りをしていた。
わざわざコレを発注するって事は、やっぱり例の必殺技に無理があったから改良しろって事か。
まあいい、マント作りからは開放されたし日曜にでも久々にセンターに行って、自分で考えさせよう。
あー、晩飯何にするかなー・・・







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー