メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…見たトコバッテリー切れだな。一応ちまちま充電した形跡はあるが、満充電まではしてないね。おおかた古い型式のクレイドル使ってたんだろうさ。」

ホビーショップ『165-DIVISION』。

中央線沿線でありながら、イマイチ開発が行き届いていない某駅の南口の古いビルの地下にその店を構える、武装神姫中心のダーク系ショップだ。

大して広くも無い店の中は壁から床から真っ黒に塗られ、時々返り血を模したものか真っ赤な塗料をブチ撒けてある。

商品にしても、これまた隅から隅まで店オリジナルと思しきオノだ鉈だチェーンソーだスパイク付き首輪だ(しかも全てご丁寧に返り血ペイント付き)と、アングラ系アクセサリーで満載。

それも全てが神姫向けだというのだから呆れるというか徹底しているというか。

……まぁよく見れば正規部品も半々ぐらい置いてあるので、一般客も考慮はしてるんだろうが。

これで実は公式公認店舗なんだという。

入り口には蜘蛛の巣やらドクロやらのステッカーに混じって、公式小売店舗を示すラベルが燦然と浮いていた。

なんでも秋葉原の専門店や、その筋じゃ有名なコギトだかエルゴだかいうホビーショップに比べれば規模は小さいものの、そこそこのバトルスペースまで確保しているってんだから驚きだ。

…一体どこにそんな金があったのやら…

そして目の前では、カウンター越しにオーナー兼店主である高校時代の友人がこっちをジト目で睨んでいた。

片目に刀傷みたいな珍妙なメイク。服のあらゆる所にチェーンだのリベットだのじゃらじゃらつけたその姿は一種異様で、当時の真面目そうな雰囲気はカケラも残っちゃいなかったが。

「…で、慎。十年ぶりの再会だっつのに、挨拶もそこそこに「神姫直せ」てのはいくらなんでも酷くない?しかも営業時間外だぜ?」
「……あぁ。悪かった。スマンな縁遠。」

俺のあんまりといえばあんまりな返しに、友人…縁遠は溜息をついて苦笑した。

「まぁキミらしいっちゃらしいけどさ。とりあえずあの子だったら大丈夫だよ。中途半端な充電繰り返したせいで電池ヘタってただけだと思うから。」

当時から変わらずこっち方面の腕は確かなようだ。見た目はどうあれ、専門ショップを開いているのは伊達じゃないらしい。

「あとは…ホコリとかで結構汚れていたからクリーニングしてあげて、新しい電池に換えてきちんと充電してあげれば問題はないよ。…それで、こっから本題なんだけどさ。」

来た。握った手に嫌な汗を感じる。

「あの子はキミの神姫じゃないな?どこで拾った?」

縁遠はまっすぐにこっちを見た。

そこだけは昔と変わらない、澄んだ目をしていた。

「…実はな」

ここで俺は、サムライに逢ってからの事を包み隠さず話した。

そして、一つの頼み事も。

「……そりゃ本気で言ってんの?」
「冗談で言えるかこんなこと。実際、お前くらいしか頼れないんだよ。」

しばし睨み合い。

最初に目線を外したのは縁遠だった。

「わぁかったよ頑固モノ。できる範囲でやってやるさ。」
「……済まない。」
「でも、僕ができる事は調べるだけだ。そっから先は関与しない。いいね?」
「ああ。」

…と、一息ついたら腹が鳴った。

そういや晩飯食ってなかったなぁ…

「飯も食わずに来たのか。」
「うっせーよ笑うな。」
「まぁちょっと待ってな…ドリュー、ステーシー、お茶ー」

縁遠が呼ぶと、カウンターの奥の方からかたかたと…紅茶とスコーンを持った神姫が二体出てきた。

片っぽは浩子サンのモモコと同じゾンビ型。

もう片っぽは、ゾンビ型と同時に発売されたという処刑人型だ。

ゾンビ型同様ビジュアル面での問題があり、全くと言っていいほど出回らなかったという。

…こうもちょくちょく見かけるんじゃ、レアリティもクソもないんだがな。

店の雰囲気にやたらマッチした二体は、ゾンビ型の『ステーシー』は縁遠へ。処刑人型の『ドリュー』は俺の方へと背中につけた大きな腕で、器用にお茶の準備をした。

店の雰囲気にまるで合わない、上品なティーカップの中身を一口すする。美味い。

一応礼を言うとドリューは照れたのか、頭につけたホッケーマスクを目深に被って、ギギギだかゲゲゲだか金属を擦り合わせたみたいな音を立てた。

……やっぱり笑ってんだろうかコレは。

「どうだ、可愛いだろ?」

カカカカカと笑うステーシーを前に、心底得意げに言う縁遠。

…すまん。やっぱ俺にはよく解らん。


その後、サムライの処置が一通り終わる頃には終電も過ぎ。

おまけに「遅ればせながら開店祝いだー!」とか喚く縁遠にしょっ引かれて、朝まで飲むハメになる。

まぁ久々に会ったことには違いないので、なんだかんだで日が昇るまで飲んで語り明かした。


翌朝。調べがついたら連絡するというので、俺はサムライと充電用クレイドルを持ち家へ帰った。

…ちなみに言うまでも無く、補修代及びクレイドル代はしっかり取られたが。商売人め。

---

「……ん?」
「お、起きたか。どっか痛いとことか動ないとこむぐゃ」

問答無用で蹴られた。

「いきなり何しやが…!」
「なんで助けた。」

硬い口調だった。……まぁ当然か。

「今までだってアタシ一人でやってきたんだ。いつでも野たれ死ぬ覚悟くらいはあった!手前ぇなんぞにお情けもらう謂れは…!」
「だったら俺の前で倒れんじゃねぇよ。」

今度はサムライが黙った。

「…俺はな。お前さんがどこの誰かは知らんし、どこで野たれ死のうが知ったこっちゃねぇさ。」
「………」
「でもな。助けられんのが嫌なら俺の見てる前で倒れんな。目の前で死なれたりしちゃ寝覚めが悪ぃっつーか、飯がマズくなるんだよ。」
「………」

お互い黙り込む。沈黙が痛い。

「……ンだよ。なんか言えよ。」
「偽善者。」
「否定はしねぇ。」
「何様だってんだ。」
「俺様だ。文句あるか。」
「馬鹿だろ手前ぇ。」
「男は大体、馬鹿なモンだ。」
「青瓢箪。」
「職業病だ。」
「唐変木。」
「それがどうした。」
「甲斐性なし。」
「…関係ねぇだろ。」
「種無しカボチャ。」
「ぶっ壊すぞガラクタ!」

また沈黙。

そして、サムライは堪え切れずに吹き出しやがった。

「………くっせぇ台詞。」
「…………うっせ。笑うな。」

何故か笑うサムライに、耳まで真っ赤になった俺がいた。

……多分これが一生の不覚ってやつなんだろうか。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー