メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝方の騒ぎも一段落し、浩子サンは渡した原稿持って出版社へ戻った。

にゃー供は浩子サンが連れて行った。なんでも校正だの添削だの、下手なバイト使うよりも優秀なんだそうだ。

…その内バイト代請求しちゃろか。

パットは二度寝。

…食うか寝てるか迷ってるかしかしとらんなあいつは。

神姫ショップをやってる友人曰く、まともに戦えばそこそこのランク狙えるそうだが本当かね?

ジュリの手により砲台型神姫からラーメン型神姫に簡易改造されたアイリは、おそらく洗面所で顔の落書きを落としていると思われる。

…油性っぽかったからなー。落ちるのかアレ。

そのジュリはと言えば…どうしたのかやたら静かだ。

さっきアイリにぶっとばされたからその辺で伸びてるのか。

まぁなんだかんだで意味も無く頑丈だし、問題はないだろう。

そして俺はと言えば、なんとなく目が冴えてしまい、以前友人に貰ったビデオを観ている。

数年前の、神姫バトルセカンドリーグの決勝戦の記録映像。

そこには鬣をなびかせたアイツが。

『ジュリ』になる前のとあるサムライが、トロフィーを掲げて誇らしげに笑っていた。

「……そういやアイツ。最近ようやくこんな風に笑うようになったよな……」

それはほんの1年前。その頃を思い出しながら、俺は微睡みの中に落ちていった。

---

今でも覚えている。

そいつを最初に見たのは、夕日に染まる河原だった。

夕日をバックに、ライオンの鬣みたいな髪をした女サムライが素振りをしている。

ソレが身長15センチほどの人形だと気付くのに若干の時間を要した。それ程の存在感があった。

紅い光に照らされた小さなサムライは、陳腐な表現だが、俺の目にはとても美しく、眩しく見えた。

……そん時のことは誰にも言ってない。つか、恥ずかしくて言えません。

そんでまぁ、しばらくぼーっと飽きもせず眺めていると、ふと妙なことに気付いた。

(下手糞だな)

そう。最初の内こそ気迫に圧倒されて気付かなかったが、下手なのだ。

チャンバラと言えば、精々時代劇くらいしか知らない素人の俺が見て解るほど。

なんというか「ただ棒を振っているだけ」というか、やる気の無い剣道部員が惰性で竹刀振ってるような。そんな感じで。

だというのに、当人の顔は真剣そのもの。よくよく思い返しても珍妙な光景ではあった。

一時間ほど見ていても変化がなかったので、見かねて声を掛けたところ……

「うるせぇなぁギャラリーなら黙って見てろ。軽そうな頭カチ割るぞ三下。」

……まぁ、第一印象は壊滅的に悪かったな。

---

その日の夜、原稿回収を口実に飯を食いに来た浩子サンに聞いたところ、そいつは『武装神姫』の侍型なのだと教えてもらった。

…高校の頃の友人がショップを始めたとか手紙で連絡してきたっけな。そういえば。

「……んで、その『ぶそーしんき』っつーのは、そのなんだ、肩に乗ってるグロちっこいのの仲間か?」
「そーよー。可愛いでしょ?」

んふふー♪とか笑いながら、ツギハギだらけの青白い人形に頬擦りをする浩子サン。

その不健康な肌の人形も、くすぐったそうに頬擦りを返していた。

…あとで聞いた話だが、そん時浩子サンが連れていたのは一部で『幻の神姫』と呼ばれたゾンビ型。

ビジュアル面で恐ろしく一般受けしなかったために、最初期の流通分を除いて再販されなかったとかなんとか。

嘘か本当か知らんが、一部の好事家には垂涎の的らしい。

「ほーらモモコ。ご挨拶♪」

『モモコ』と呼ばれたゾンビ型神姫は、サイケに塗り分けられた頭を小刻みに揺らしつつ、カカカカカ…とアメリカンクラッカーでも鳴らしてるような音を立てた。

……それが笑っているのだと気付くのに数分かかった。

「……か、可愛い、か……?」

…正直、俺にはよく解らなかった。

---

それから数日。夕方になると、俺は川原で下手糞な素振りを繰り返すサムライをぼーっと眺めるのが日課になっていた。

サムライの方もこちらに気付いているようで、しかし、特に話しかけてくることもなかった。

---

「なぁ浩子サン、神姫ってのは電池かなんかで動いてんのか?」
「ん?うん。詳しいところは私もよく知らないんだけどね。ちょっと充電しなくてもケータイくらいはもつよ。」

…とすると、どっかで充電とかしてんのかな。あいつ。

「……ねぇ慎くん、その子さぁ、マスターとかそばにいなかった?」
「マスター?…所有者ってこと?……そういやそれっぽいのは見たことねぇなぁ。日が暮れたらさっさとどっか消えちまうし。」
「うーん…そっか…あのね?」

浩子サンが言うには、マスターのいない野良神姫ってのも意外に多く、所謂野良動物みたくロクな目に遭わんのだとか。

「…明日あたり聞いてみるか」

---

更に翌日。

その日のサムライはたまたま休憩しているのか、小さな石に座っていた。

俺もちょっと離れたところに座る。

しばらくぼんやりと眺めていたが、動く気配がないので話しかけてみた。

「なぁサムライ、今日は素振りしねぇのかよ」
「ノらねぇ」

見事なまでに一刀両断。

結局彼女はなんもしないで消えていったので、俺もそのまま帰った。


しかし、それからはちょくちょく会話するようになった。

実は向こうもキッカケを待っていたのかも知れん…てのは自意識過剰なんだろうか。

…実際大したことは話していない。その日の天気とか何食ったかとかどこに行ったとか、そんなことだ。

あとは黙って夕日を眺めたりとかな。

傍から見ればロボット人形相手に世間話ってのも異様な光景だと思うが、不思議と俺自身は変に感じなかった。

多分、対等に話せる相手があんまいなかったってのもあるんだろう。

俺はあえてサムライのことは聞かなかったし、彼女も特に俺のことを聞かなかった。

互いの呼び方にしてもそうだ。

「…しっかし手前ぇ毎日毎日来やがって。そんなヒマあんなら働けよおっさん。」

彼女は俺を『おっさん』と呼び、俺は俺で『サムライ』と呼ぶ。

何故だか解らんが、お互い名乗りもしなかった。

「あんなぁ…ちったぁ息抜きくらいさせろよ。日がな一日埋まらねぇ原稿用紙とにらめっこしてんだこっちは。たまに外出ねぇとマジで腐っちまわ」

ここでサムライは、驚いたようにこっちを見た。

お、意外に可愛い…ってなに言ってんだ俺。

「おっさんアレか。物書きか。」
「まぁそうだ。大して売れてねぇけどな。」
「ふぅン…」

そして、また二人でぼーっと夕日を眺める。

しばらくして、サムライが言った。

「……実はアタシのマスターも元は物書きでな。時代小説とか好きな人だったよ。」
「……そーかい。」

ここで俺は、一瞬迷った。本当に迷った。

聞くべきか聞かざるべきか。

でもな。それでもやっぱり……

「なぁ……前から気になってたんだけどな。」
「ん?」
「……お前さんのマスターとやらはどうしたんだ。」

サムライが息を呑んだ…ように思えた。

……そして沈黙。

いいかげん静寂に耐えられず冗談だと言おうとしたら。

サムライが音もなく倒れていた。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー