メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ぶっとばしてやるぞー!おー!」
意気込んでいらっしゃる我らがたまさん。
ぽちの勝利の後から、バトルをしたくてうずうずしていて、今日やっと初戦の日が来たのだ。ちなみに間宮は用事があるとかで今日は来ていない。
「対戦相手をけんさくー!」
神姫センターの端末を器用に操作して全国の待機中な対戦相手を検索している。
「おー、いっぱいでてきたねー!兄ちゃん兄ちゃん、誰がいいかな?」
端末の画面を覗き込む。三重、福島、沖縄。いろんなとこの待機中神姫が表示されていた。
「んー、初戦だしこんくらいでいいんじゃないか?」
俺が指さしたのはサード下位の紅緒タイプ。
「えぇ、これくらいの方ならたまもそこそこ対等にやれるでしょう」
と、ぽち。
「ん、どれどれー??――んにゃっ!」
ピピッ、という電子音が鳴る。
近くで見ようと乗り出したたまが転び、タッチパネル式の画面に触れてしまったのだ。
「んげ、勝手に決まっちまったよ!うわ、しかも相手下位っつってもセカンドじゃん!!」
こうして決まってしまった相手は、ジルダリアタイプの『ちえり』という奴だ。
端末の画面には、「対戦相手がセッティング中です。3番筐体に入ってセッティングを行ってください」と出ている。わかったわかった、今行くって。
「しゃあない、たま、行くぞ!」
「あいてが誰だろうとたまがぶちのめしてやるぞーっ!」

―――――――――――――――
『おー、これがばーちゃるふぃーるどかー』
とりあえず周りを見渡して感想を述べるたまの声がインカム越しに聞こえる。
「おーい、もうバトル始まってるんだから油断するなよー」
『大丈夫だよー!たまに任せてー!』
まったく、本当に大丈夫なのかよ…
あ、ちなみに今のたまの装備はマオチャオ用の通常装備だ。あくまで今の、だが。
『あ、ブレイブエクステンダー、ちゃんと機能してるよー!兄ちゃんは敵の索敵お願いねっ!』
そう、たまのチョーカー型ブレイブエクステンダーはぽちが腕から先の装備を創りだすように、体を覆う鎧や装甲などに自由に変化させることができるのだ。
「ん、前方2時の方向から向かってきてるな。やれるか?」
『おー!任せとけーっ!』
頼もしい限り。だが油断は禁物だ。
『あー、見つけたよー!赤いジルダリア!』
『君が今回の相手だね。慣れてないようだけど、手加減はしないよ!』
敵MMS、ジルダリアのちえりはたまに向かって言う。
『ん、たまも負けないからねっ!』
そう言って、手に装備した研爪を構え向かっていく。
しかし見切られていたらしく、ひらりとかわされてしまった。
『ダメダメ、そんなんじゃちえりは倒せないよ!』
「たま、正面からじゃダメだ、右から回り込んで!」
『りょうかーい!』
指示を出したはいいが、敵の技量が思ったより高い。回り込めるか!?
『それじゃあ追い付けないよ、残念でした!』
ちえりは手にした剣、モルートブレイドをたまに向けて振るう。くそっ、ここまでかっ…
『兄ちゃん、勝手に諦めないでよー!』
そう思ったが、たまは無事だった。どうやら装備をアーンヴァルのものに変化させ、加速により避け切ったようだ。
「危機一髪だったな、よくやった!やれるか!?」
『もっちろんっ!』
加速した勢いでちえりにタックルをかますたま。
『っ!なかなかやるじゃない、こっちも本気でいくよ!』
どうやらハイパーモードでくるようだ。
『今年は暖かい気候の影響により、例年より早い桜の開花が見られるでしょう…』
なんだ?何か唱えはじめたぞ?
『早咲きの桜で公園は大にぎわい、この桜は今月末まで楽しめるでしょう…』
おぉっ!?変形と同時にボディカラーが赤く…
『兄ちゃん!どうしよー?止めるっ!?』
そうだ、これは隙だ、今のうちにっ!指示を出そうとしたが間に合わなかった。
『ちえり・ぶろっさむ!開花宣言!』
赤い花びらを背にしたちえりがポーズを決めている。なんかこいつも濃ゆいな…
『か、かっこいーよー!兄ちゃん、どうしよっ!?』
かっこいいか!?たまさんのセンスがわからない。でもとりあえず。
「ならたまもかっこよく決めてやればいいんだ!」
『たまも!?んー!わかったー!――っにゃっ!』
『とまってるとちえりの格好の的、だよっ!』
素早く赤い花びら状のパーツを飛ばしてくる。ボディにヒットしたたまは勢いで吹っ飛んでしまった。
『痛た…あっ!ブレイブエクステンダーが元に戻っちゃったよーっ!』
壁にぶつかった影響か、変化していたブレイブエクステンダーがもとのチョーカー型に戻ってしまっていた。
「落ち着け、意識を集中して何かを!」
『そんな隙はないよっ!ちえりの早さには着いてこられないんだからね!』
そう言って残りの花びらを分離、たまに向けて射出し、自身も赤化したモルートブレイドを構えて突っ込む。花びらがたまのいる場所に突き刺さり、爆煙をあがらせる。まさに絶体絶命、今度こそ終わりか…
『これでさよならっ!えぇいっ!』
最後の一撃が振り下ろされ、ガチンッ、という音が響いた。…ガチン?
『シルバースキン!だよーっ!』
銀色のジャケットを身に纏ったたまがそこにいた。全ての攻撃から身を守る、無敵のメタルジャケット、シルバースキン。とっさに変化させることで対応したようだ。
『か、硬っ…でもっ!再生が間に合わない早さで切ればっ!』
射出した花びらと、自身も素早く切り付けるちえり。そしてついにシルバースキンは消え去った。
「たまっ!!」
だがしかし、そこにはたまの姿はあらず、ただ元に戻ったチョーカー型ブレイブエクステンダーが落ちていた。
『油断はよくなかったよー!これでおわりっ☆』
シルバースキンが消えるぎりぎりまで攻撃を受け、直前に抜け出しちえりの上に飛び上がっていたたまは、左手に装備していた旋牙でちえりを貫いた!
『そんなぁっ!!だからドリルは外せと…ッ!!』
そう言い残して、ちえりは消えていった。


――――――――――――――
「ぽちに続いてたままでセカンド相手に勝つだなんてすげぇ快挙」
「えぇ、すごかったですよ、たま」
「えへー、ありがとー!でもブレイブエクステンダーがすごかったのもあるよー!」
いやはや、本当にすごいな。色々。
「そういえば、お兄ちゃん。なんでこんなすごい装備を作れたんです?」
「んー…ま、そのうち教えてやるって」
「あー!また兄ちゃんの"そのうち"が出たよー!」
うん、まだ教えなくてもいいだろ。言うなれば時期じゃない、的な?
いつか教えなきゃなんないときも来るだろ。




つづく、的な?




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー