メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<明日の為に、其の2!>

ビュンッ、ビュンッ
自分の部屋の中なのに風を切る音がする。
「せいっ!」
「たあっ!」
夢にしてはえらくリアルな声が聞こえるなー。
「素振り終了、朝ですよ師匠。」
いやー、ついに見ちゃいけない類の幻覚見えるかー、ヤバイな俺。
「ちゃんと起きないと一撃かましますよ?」
「ゴメンナサイ起きます、今すぐに起きます・・・ってあれ?」
「何処を見ているのですか、私はここです。」
ご丁寧に窓の外の電柱に登ったのか、わかりやすい奴め。
「馬鹿と煙は高いところがsウグゥ」
その距離を跳び蹴りとは、人間様に対する攻撃リミッターとかどうなってやがるんだ。
「これも親愛表現の一つですから、どうぞお気になさらずに。」
残念な事に、やはり神姫を入手したのは夢ではなかったらしい。

「さて、朝飯も食ったし寝るか。」
「わかりました師匠、早速バトルしに行きましょう。」
笑顔で得物をフィギュアやらプラモの棚に向けるのは勘弁して下さい。
しかも既に何個か破壊した後じゃねーか!?
「決闘をお願いしたところ無視されたので、優雅さに欠けると思い破壊しました。」
「エストさん?あれは神姫みたいに自立駆動しませんよ?」
「はい、不審に思いネットで調査したところ、その事実を確認しました。」
これ以上の損害を抑えるためにも、早々にセンターに行くしかないか。
「よし、どうも釈然としないが装備詰めて出かけるぞー。」
「はい、師匠!」
殴りたい、心の底からそう思った。

面倒な登録も終了し、センター内を見回すと代休か何かかと思われる学生や子供とスタッフしか見当たらない。
かたや平日の朝から神姫を肩に乗せた成人男性が1人で来店、ダメ人間を身体全体からアピールしてる気がする。
「で、あの子が相手な訳ね。」
「見た目で判断してはいけません、闘いとはお互いが全力を出し合うから美しいのです。」
なんて言われても目の前に居るのは小学生の男の子だし、手にしているハウリンだってさっきそこで開封してたじゃないか。
「まあバーチャルだし、やりたいようにやってこい。」
所定の位置に最低限のアーマーを装着したエストと長槍だけを入れ、フィールドへ送り出した。

試合が始まったものの俗に言う野良試合でバーチャルだし、相手の神姫を壊す事もないし早々に決着が付くだろう。
帰ったらもう一眠りするかなー、なんて思っていると
『師匠、お願いがあります。』
「どうした、何か忘れ物か?」
『マント持ってませんか?』
無視した。

何やら相手そっちのけでウロチョロしているが、したい事があるらしい。
あーあー、わざわざ逆光になる電柱探しちゃってるよ。
お、見つけたか?
『貴女の実力、この私に見せてみなさい。』
腕まで組んじゃってそれなりに満足そうだが、やっぱり馬鹿だな。
「ハウリン、撃てー!」
『了解しました。』
言うなり吠莱壱式の引き鉄を引いた。
普通はそうなるよなー。
襲い来る銃弾を手にした長槍で弾いたかと思えば、ハウリンを指差し
『この卑怯者が、喋ってる最中に攻撃するなんてそれでも誇りある神姫ですか!!』
言うなり槍の穂先を展開し、さすまた状にして全力投擲。
一瞬にして壁に磔にしたかと思うと、もう相手の方は見ていなかった。
『師匠、これ以上は無駄です。』
「いやいや、ちゃんと相手を倒して終わらせろよ。」
『私の技は強者を相手にする為に存在し、あのような者を斬っては錆びてしまいます。』
これ以上言っても無駄だろうと判断したので申告すると、相手も続行不能との事でドローとなった。
とりあえず相手の少年とハウリンには謝っておいた。

これが記念すべきデビュー戦であるが、こいつが勝てる日が来るのかと不安になった瞬間でもある。
長い付き合いになりそうだし、マントぐらい調達してやるか。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー