メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「『ALChemist』…よし、ここだ」
ぽちとたまが充電のために寝た後、PCの画面を見てひとり呟く。
何をしているかというと、先日のぽちの勝利の祝いとして何か買ってやるために何がいいかネットをさまよっていたのだ。
そして見つけたのがこの『Electro Lolita』というブランド。可愛らしいデザインで俺が着せたい…もとい、2人も喜ぶだろうと思いこれに決めた。
もちろんたまにも買ってやるぞ?なんたって俺が着せたい…ゲフ、ゲフン、たまの存在だって勝利に影響を与えてるんだからな。
「それで、場所は…お、アキバか。そういや最近行ってなかったな」
独り言が増えたかな?まぁいいや。明後日は日曜だし、間宮でも誘って行ってこよう。




と、いうわけで当日。
「んじゃ、野暮用で間宮と出かけてくるから、よろしくな」
「んー、避妊はちゃんとしないとダメだよー!」
「たッたま!バカなこと言わないのっ!!…あの、気を付けて…」
「否認?よくわからんけどまぁ、行ってくるわ」


それから地元の駅で待ち合わせしていた間宮とアイカと共に、30分ほど電車に揺られて昼前にやっと我らが聖地秋葉原に着いた。40年くらい前には2時間くらいかかったらしいな、科学の進歩は素晴らしい。
「うおー、久々だなぁ、ここ」
「うん、私も久しぶりに来たよ~」
前に来たときから変わってないな。正面には大人の…いや、それはいいや。
「んじゃま、もうすぐ昼だし飯でも食うか」
「そうだね~。じゃあ…あそこのお店入ろ~」
そう言いながら間宮が指差しているのは俗に言うメイド喫茶ってヤツだ。
「ん、あれは…まぁいいか」
今日付き合ってもらってるわけだし行きたいところに行ってやろう。ぶっちゃけおもしろそうだ。



「お帰りなさいませ、ご主人様、お嬢様方!」
店に入るとメイドさんが出迎えてくれた。お嬢様方ってのはアイカも入ってるんだろう。
「ふぇ…お嬢様って…私…ですか…?」
「はい、お嬢様、こちらのお席にどうぞ!」
アイカがびくびくしながら尋ねるとメイドさんは窓際の席に俺達を案内してくれた。
こういうとこは高いんだろうな…とか思いつつメニューを見る。ん、これ…
「あれ~、『武装神姫用メイドグッズゲットキャンペーン』だって~。なんだろね~」
俺が言う前に間宮がそれを読み上げた。するとテーブル脇に待機していたメイドさんが、
「えぇ、1000円以上ご注文のご主人様にヘッドドレスやエプロン等のグッズを差し上げています。メーカー公認なんでバトルにも使えますよ」
と、説明してくれた。
なら、もらうしかないじゃないかっ!!




「行ってらっしゃいませ、ご主人様、お嬢様方!」
店から出た俺と間宮の手にはしっかりとフリフリの付いたエプロンが握られていた。
「ぁの…桃ちゃん、私…着るの……?」
「うん~、可愛いと思うよ~」
そう間宮が言うとアイカは少し考えるような顔をしてから真っ赤になり、バッグの中に潜ってしまった。
まったく、かわいいやつだぜ(*^ ^*)
「よし、じゃあ目的地に向かいますかっ」
俺達が目的地としているMMSショップ『ALChemist』はここからは少し歩いたところにある無線会館の地下2階にあるらしい。
「そういえば間宮は行ったことあるのか?」
「うぅん、ないよ~、初めて~。なんだか『槇野 晶』っていう女の人が店長さんなんだって~」
「あぁ、そうらしいな。確かその人が服のデザインとかまでやってんだろ?すげぇよな」
「うん~私も前にアイカに作ってあげたけど、きれいにできなかったよ~。――あ、あそこだ~」
話ながら歩いているうちに無線会館に着いた。ここの地下だな、うん、わくわく。



「いらっしゃいませですの!えと、初めての方ですよね、ゆっくり見て行ってくださいですの♪」
到着した俺達を迎えてくれたのは綺麗な蒼い目の可愛い女の子だった。
「悠くん、あの店員さんかわいーね。外人さんかな~?」
さっそく商品を見始めた俺に間宮が小声で話し掛けてくる。
「じゃないかな?てかパーツとかも色々あるんだな。来てよかったよ」
さすがは有名なMMSショップなだけあって、品揃えは確かだ。それで、『Electro Lolita』は…と。
「お、これか」
色々なデザインの服飾品が並んでいる。それはネットなんかの画像で見るのより繊細で、見入ってしまった。
しかし…どういうのがいいんだろうか。可愛いのもいいが、2人が喜ぶようなのがいいし。

全部買う
ひたすら悩む
→店員さんに聞く

よし、ここはあの店員さんに聞いてみようかな。
「すいません、妹…うちの神姫に欲しいんですが…どんなのがいいんでしょ?」
「はいですの、神姫の好みとかはわかりますか?」
すぐに笑顔で対応してくれる店員さん。いい人っぽいな。
「うーん、好みか…2人なんだけど、片方は機能性とかあると喜ぶかな。もう片方は動きやすいのがいいと思いますね」
店員さんは少し考えて、数着の服を選んでくれた。
「これなんかが条件に合うと思いますの。でも、神姫はマスターが自分のために選んでくれたものが一番うれしいんですの♪」
ふむ、確かにそうかも…って自惚れかな?そんなことを考えながら店員さんが選んでくれた服を見ていると。
「葵、そろそろ私が代わろう―――っと、接客中か」
奥の方から声が聞こえた。
「ようこそ、気に入ったものはあったか?」
声の主はこちらに近づいてきたらしい。誰が来たんだ?そう思って顔をあげると…
「いいのが多くて悩んじゃいま……ょぅι゛ょ?グハッ!!」
そこにいた幼…女性に蹴りをいただいた。
「誰がょぅι゛ょかッ!私は槇野晶だ!客とて容赦はせんぞ、次はないからなッ!」
「すみません…ってあなたが店長さん?」
どう見ても子供なのに、ということばを飲み込んだ。
「いかにも、そうだが?見た目で人の中身まで判断するのはよくないぞ」
またすみません、と謝って商品の吟味に戻る。お、これなんかぽちにいいな。
「それにしますの?」
葵と呼ばれた店員さんが聞いてくる。
「ふむ、それか。それは動き易さを重視したタイプだがデザインもよかろう?…それとなると、落ち着いた性格の…ハウリンか」
選んだ服だけでぽちのことを言い当てた槇野店長。この後、たまの服を選んだ時にも性格やタイプを言い当ててみせた。
この人から神姫への愛、というかそんな感じのものをとても感じられる。本当に神姫が好きなんだろうな。


「ありがとうございました、またどうぞですの♪」
「うん、是非また来させてもらいます」
しっかり選んだ服を持って店を後にする。
「すごかったね~いいの買えた~?」
確かにすごかった。是非また来たいな、よければ店長さんとももっと話したいし。
「あぁ、また行こうな。今度は2人も連れてきてやろう」
そうそう。早く帰ってプレゼントしてやるんだ、喜ぶ顔が目に浮かぶ!




つづくぅう




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー