メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  初めての奴は始めましてだ! 久々の人は忘れていないよな? 松代鋏だ・・・って、名前知らない? ホラ、Gene3の美容院に居た刑事だって、忘れな・・・あ、名乗ってない。一応おまけには名前は載っているけどこれじゃあ俺が自意識過剰みたいじゃないか! 責任者出て来い!!

  ・・まあ、ともかく俺は今とあるビルに来ている。不正な不動産売買業者、つまりは悪徳地上げ屋の捜査だ。まあ捜査とは言ってもドラマみたいにホイホイと捜査令状は出せないから無断での潜入調査。だけどいくら俺がヒラの巡査で刑事に見えない外見で悪友だけは多いからって、こうも面倒臭い仕事ばっかり回されると腹も立つ。この前なんて警視庁の地走警部にまでこき使われるし。ああ、そろそろ給料日前で金も無いし、何か良い事無いかのよ。とりあえず目的の事務所には到着。
   捻、開扉。
「すんません、ちょっと・・・」
「こっ来ねえでくれやぁっ!!」
   鈍光、銃口。
  ・・・うわあ、ドア空けた途端トカレフこめかみに突きつけた男が居るなんて、俺ってツいてるな(涙目)

「なあ、あんた、とりあえず物騒なモノは下げてくれよ。俺、ただの客だぞ?」
「お前さんは警察でやんしょっ!! 話す事なんてねえでやんすよ!!」
「え? 俺が刑事に見える?」
「見えやしねえけど、ここはもう営業していねえんでやす! 来る奴と言ったらタレ込みに気付いた警察ぐらいなもんさ!」
「え? まだ新聞に広告あったぞ?」
「あ・・そうなんで・・?」
「・・・!!」
   急、漸近、奪取。
「ああっ!?」
「悪い、本当に刑事なんだわ」
  とっさのハッタリで銃を奪うのには成功。その男は充血した目のまま、脱力してへたり込む。まあ状況が状況だし、無関係って訳ではなさそうだ。
「なあ、とりあえずこんな事になった事情を話してくれないかな? 俺刑事って言っても令状無いからあんたをすぐ逮捕なんて出来ないし、話してくれれば手助けできるかもしれないし、な? 悪いようにはしないから、説明してくれよ」
「けどよぉ、どっちにしろあっしには・・・」
   鋭光、銃口。
「はい、そこまでやで刑事サン。大人しゅうしときぃ」
「へ?」
  突然耳元に声と冷たい感触。目をそっちに泳がすと、ソコには小さな茶髪美人・・・じゃなくてヴァッフェバニー型の神姫が居た。というか今度は俺のこめかみに銃らしきものが突きつけられた様子。
「刑事サン、知っとりまっか? この【H・E・M・L】てな、リミッターブチ外して電圧かけると人間のズ骸骨なん鉄板で貫通できるんやで?」
「・・・とりあえずこいつの説明も頼むよ」


「おひけえなすって! こいつぁ聞くにも語るにも涙無しにゃいられねえ話でやんす。あっしはつい先日どうにも払い切れねえ借金をこさえちまいまして、途方にくれてた矢先に救って下すったのが永山組の皆様方よ。そうしてこの地上げ屋稼業を任され、恩に報いる為にもとそりゃあ一心不乱に働いたんでさあ。ところが! ところがだ!! 永山組の野郎どもはそんな俺をトカゲの尻尾切りにしやがったんでぇ! ご丁寧に逃げりゃあ家で待つあっしのイロがどうなるかわからねえぞという脅迫付きだ。でもよう、あっしが潔くお縄を頂戴されたとしてもあいつが迷惑するのには違いねえ。ならばいっそ手前の命を絶って禍根無くした方があいつの為だろうと思った次第で」
  ・・・というのがこのサブ(仮称)の言い分らしい。ヤケに情緒たっぷりに話したが、要は騙されたという訳か。ご丁寧に捕まる為の証拠資料も用意してある辺り、確かに永山組系暴力団の一派が使う手口だ。だけど・・・
「.結局借金は自分でこさえたモノだし、この帳簿見ると改ざん無しにちゃんとあんたが全部仕事した事になってるな? おおかた金に目がくらんでヤクザまがいの事って知ってても意気揚揚とやっていたんだろ? ちょっとこれだけ物的証拠があったら普通逮捕は免れないし、同情の余地も・・・」
「はいはいおしゃべりはそれまでや。サブを捕まえよなんて思うとったら、ウチは容赦なくこれをブチ込むで」
  ドスの効いた色っぽい声が俺の話を遮る。さっきの関西弁兎子だ。事務机に位置換えしてさっきっからずっと俺を狙っている。この啖呵、こいつも、地上げに荷担してたんだろうな。
「・・・ブチ込むなんて、兎子さんははしたないなあ」
「ほっほお? ならこっち行ってみるかい? デザインナイフの刃やねんけど、これがまた安うて証拠残らんで体のちっさいウチにもえろう楽に頚動脈掻き切れるでぇ」
「結構物騒な事知ってるな兎さん」
「まあ、身一つでさすらってりゃ、そん位はな。けどな、サブが拾ってくれへんかったらホンマにウチは今頃死んどったんや。せやからその恩返すまでこいつには死んでも、とっ捕まって貰っても困るんや。そん位の任侠は判るやろ? ウチ、兎やから寂しいと死んでまうしな」
「あんたなら歌舞伎町辺りでお水やっていれば悠々独りで生きていけそうな気がするけどな」
「世辞が上手いなあ刑事サン。けども大体、サブが捕まったら“モノ扱い”なウチは当然証拠物件として没収で最悪・・・」
「解体処分、だろ?」
それ位は判る。何て言っても“そういう面倒な仕事”も俺に押し付けられるもの俺なんだからな。
「わかっとるんなら話は早い。痛い目見たなかったら、見逃しいや。この“資料”も捨てれば、お前さんも職務放棄とは思われへんやろ?」
「いや、そうしたらサブの恋人が酷い目に遭うんだろ?」
「ウチが恩返したいんはサブだけや。他なんどーなったって知らへん。まあ、ウチはサブの所有物やから、サブがイロ救う為て言えば潔う捕まって処分されるしかないわな」
「お前ぇ・・・」
  兎子の痛烈な言葉に、思わずサブが千切れた声を出す。だけど、そうじゃない。
「・・・俺は小さくても、美人を見殺しに出来ない性分なんだな、これが」

「・・・判った。ウソついてる様にも思えへん。あんさん信用しよや」
「は? 刑事さん・・・一体どういうこってぇ・・?」
「いやだってトカレフ」
「あっ!!」
  やっとサブも気付いたらしい。俺は最初っから銃刀法違反でもサブをしょっぴけたし俺が捕まえなくても捕まえられてしまう。つまり兎子が助かる道は普通なら初めから無い訳で。それでも俺が“助けられる”確信を持ってる事をずっと試させられていたと言う訳。
「いやホント、オンナに値踏みされるって怖いね」
「冗談は置いといて、ウチが助かる、つまりサブも女も助かる方法なんてあるんねんな?」
「そんな方法があるんでやんすか・・・?」

   鳴音、着信音。

「あ、電話だ。はいはい・・・あ、ちょうど良かった。おやじさん、そっちの管内でさ・・・うんうん、それだそれ。で、今から言う住所の・・・、オッケー、頼むわ。また遊びに行くな、じゃ♪」
「・・なんや、話の腰折るよに電話なん受けて。誰だか知らへんけど、後にしてもらえば良かったやろ?」
「いやでもサブの彼女がこれで助かったぞ?」
「はぁ? 誰と話しとったん!?」
「永山組の組長。友達」
  開いた口が塞がらなそうな2人。それもそうか、いきなり元凶の親玉と友達なんて言っても。けどもここに来たのも実はおやじさん経由の情報なんだけどな。若い衆がアホなシノギやっているってな。
「これで後は書類を処分して、このトカレフはとりあえず俺が着服して、と。これで丸く収まっただろう?」
「あ、有難うごぜえます、兄貴っ!!」
「いや兄貴とか御奉行様とかさ、俺カタギなんだけどなあ」
「ウソや! カタギが極道と友達なんてあるかい! それにあっさり拳銃かっぱらってからに! あんさん一体何処の2代目やっちゅうねん!!」
「リベラルって言ってくれよ。それに友達に職業も姿形も関係無いだろうよ」
「限度があるっちゅうねんワレっ!!!」
  ずいぶんキレのあるツッコミが帰って来る。さすが関西系のノリ(?)。
「まあ、ともかく達者でな、兎子さん」
「あっ! 待てやコラっ!!」
  これ以上厄介事は御免と、俺は兎子の喧騒からそそくさと逃げ去る。ま、あの器量良しなら俺がどうこうしなくても、もう心配ない。


「兄貴、行っちまったでやんすな。こんな返しきれない恩預けていっちまって」
「・・・なんやねんアイツ。ウチ、あんなおかしな奴、今まで知らへん・・・」
「・・・お前、どうしたんでえ?」
「・・“マスター”、頼みがあるねんけど・・・」


  もう夜中の10時過ぎ。小言と残業の山を掻い潜って、やっと部屋の前に辿り着く。今日も面倒事ばっかりで無駄に疲れた。
「・・収穫といえばこのトカレフ位か。でも捌いても安いんだよな、コレ・・・」
   開錠。捻、開扉。
「お帰りんさい、ハサミ♪」
「なっ・・・!?」
どうしてか玄関先で待ち受けていたのは、あの関西弁な兎子。爛々と目を輝かせて、何? お礼参りか?
「イヤイヤ違うねんて。ホラ、昔話じゃ、恩返しは押しかけ女房って相場が決まっとるやん?」
「昔話じゃ兎は仇で返すのが常識じゃないか?」
「あれはラビットやん。ウチはバニーやから違うて。それにウチ、役に立つで? 掃除洗濯買い物に、聞き込み張り込み囮調査、それから要人暗殺と殲滅戦とベトコン仕込みのブービートラップまで何でもござれやねんて♪」
「間に合ってる! 特に後半の物騒な奴は!!」
「あ、もしかして下の世話とかもして欲しいん?」
「余計なお世話!! さっさと帰れ!!」
「あらええのん? ウチ、サブに捨てられたから今また野良やねん。このままだったら明日も定かや無いなあ。どないすんの? 美人を見殺しに出来ない色男はん?」
  つまり、今度は俺に選択権が無くて、どうしてもこの厄介モノの主にならないといけないって事かよ。面倒事が次から次へと・・・。
「判ったよ。好きにすればいい」
「ほなおおきに、マスター♪ あ、そや名乗ってへんかったな。ウチ、キナって言いますねん」
「はいはいキナさんね。しっかし、女の打算ってのはドスが効いてて怖いよなあ」
「女の打算ぐらい笑って受け止められへんと、モテへんでえ?」
「大きなお世話だよっ!!」

「・・・ホンマは、女の打算と本音を聞き分けられへんと、やねんけどな♪」

「・・キナ、何か言ったか?」
「え? いやな、いい加減なハサミはデカより探偵の方が似合うとると思うて」
「職権乱用もう少しやってから、そうするさ」
「なんやねん、それ」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー