メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<シンメイの日記>

註:これは、久遠の神姫の「シンメイ」が書いた日記を、そのまま転載したものである。



3月10日 -後編-


     <前編からの続き

さすがに私たちを人間の湯船に入れるのは・・・との事で、残念ですが
私たちはマスター持参の桶に湯を入れてもらい、そこで温泉入浴です。
もっとも、私たちにとって温泉に浸かる事は全く意味がありません。
が、その雰囲気だけでも何だかデータがデフラグされるようで・・・。
それに、横で湯に浮かぶマスターのお顔を見るだけで、私も大変に落ち
着きます。 ・・・エルガは、マスターと同様に湯に浮かんでいるのです
が、浮かび方がまるで水死体のようでいただけません。
 ・・・ってマスター!! マスターもそんなはしたない浮かび方をする
のはやめて下さい!!!


お風呂の後は、休息タイム。
マスターが言うところでは、十分な水分と適度な塩分、そして消費した
カロリーの補充をするのが、温泉の後は大切なんだとか。
マスターはスポーツ飲料とお茶、それから何故かフライドポテトを買い、
休憩室でテレビを見ながらまったりごろ寝。
「にゃーん、食べるのー!」
ねだるエルガをつまみ上げ、珍しくマスターがフライドポテトを先にガツ
ガツ食べています・・・あぁ、なるほど。これで塩分の補給をしている
のですね!!
「食べる?」
 ・・・マスター、嬉しいのですが・・・せっかく入浴してさっぱりした
私の身体を、その塩と油まみれの手でさわらないで下さい。。。

30分近く休んだのでしょうか。 ・・・あれ、マスターは上着をかぶり
うたた寝しています・・・その袖口ではエルガも・・・。
あまり遅くなると寒くなってしまいます。私は心を鬼にして、ふたりを
エルガのファンビーを使いひっぱたいて起こしました。
「あれ? 今誰かに蹴っ飛ばされたような・・・って、ああっ?!」
マスターがびっくりして飛び起きました。 何が起きたんですか?
「・・・エルガが目を回している・・・何があったんだ?」
またやってしまいました・・・マスターをひっぱたく感覚のままエルガも
叩いてしまったのです。 正直に申告しようかと思いましたが、この後
でアイスが食べられなくなると寂しいので、申し訳ないとは思いながら
も黙っていることにしました。

エルガ、ごめんね・・・ でも、さっきの仕返しでもあるんですよ・・・。

何とかエルガが目を覚まし、マスターは雪見だいふくを買ってきました。
みんなで美味しく食べた後、温泉施設をあとにしました。


その後、ちょろりと足を伸ばして近場のダムを散策。
「おー! これがダムにゃのかっ!!」
「・・・規模としては小さいけれどね。」
あんまり走ると、転んで落っこちますよ!
マスターの手から飛び降りてはしゃぐエルガに声をかけます。 マスター、
すなわちヒトにとっては大したことのない段差でも、私たちでは大きな
穴ともなります。 どうも、エルガはそのあたりの理解が足りなくて困り
ます。。。

「天気悪いけれど、一枚撮っておく?」
マスターに言われ、私とエルガをダムの湖面側へ移してもらいそこで思い
思いのポーズを決めて写真を撮ってもらいました。 洗い場での一件が
あったので、ちょっと誘ってみるような格好をしたのですが・・・。
朴念仁のマスターは、気づいてくれないんでしょうね、きっと。。。

そんなことをしていたら、背後で水音。
「にゃー!! 今お魚はねたのー!!」
エルガが叫び、駆け出します。 しかしここはダムの上、やもすれば湖水
に直行・・・!
こら、落ちたら風邪ひくぞっ!!  必死で引き留める私。 マスター
もすぐに気づいて、私とエルガをさっとつまみ上げました。
「あのなぁ・・・ここで落ちたら風邪どころか救出不能になりますが。」
その一言に、さすがのエルガもちょっと反省したようです。。。

ところで、今日の単車は先述の通り白い変なヤツなのですが、黒いのと
違いどこに座るか迷う形状です。その旨をマスターに尋ねてみたところ、
やはりどうするか考えているとのこと。 とりあえず、座れそうな所は
ミラー横の追加部品がある所でしょうか・・・ってエルガ、どこに座って
いるのですかあなたは。
「うにゃ?」
エルガ、ミラーにしがみつくだけでは風圧で吹っ飛ばされますよ?
「ふうあつ・・・ じゃぁ、ふうあつをやっつけるのー!」
「・・・。」
さすがのマスターもコメントが出ません・・・。
エルガの脳天気さが時折羨ましくなります。。。


「そろそろ帰るおー」
日もすっかり傾き、街灯の明かりが鮮やかになってきました。吹く風も
冷たさが増しています。 マスターがポケットを開けて待っています。
私とエルガは、急ぎその中へ。 ・・・あ・・・暖かい・・・?
「ふふふ、携帯懐炉の威力なのであーる!」
そんなモノまで用意していたのですか、この人は・・・!
「にゃふー、あったかいのだー!」
エルガ、そんなにもぞもぞ動かないで!
このぬくもりを、もっと、ずっと、静かに感じたいんだから。。。

再びヘルメットを被り、単車に跨るマスター。
安全運転でお願いしますよ! もう道は暗いんですから、さっきみたい
にアクセルを開けな・・・
「わかってるって。お前たちもろとも吹っ飛ぶわけにはいかないからね。
いつも気にしてくれてありがとう。」
一度はめたグローブを外し、私の頭を撫でるマスター。
「さ、行くぞ。」
エンジンに火が入り、静かな山中に乾いたエンジン音が響きます。
「にゃにゃ? どこか故障したのか?」
いいえ、ちょっと疲れただけですから・・・。 いつの間にか顔が赤く
なっていたのでしょうか。 エルガが心配そうに見ています。
私はポケットから顔を出し、楽しそうに単車を走らせるマスターを見上
げました。
始めは五月蠅くて、なんともクサイ単車だと思っていましたが、今では
その音とニオイが何となく心地よく感じていたり・・・。だって、大好
きなマスターのニオイなんですもの・・・。

「おうシンメイ、落っこちるなよ。」
なんと、走りながらも私が顔を出したことに気づいているようです。
「顔出しているなら、ちょっとペース落とすかな。 寒いだろ。」
いいえ、大丈夫ですよ。 心の底から暖かいんです。
「はは、よく言うよ。 ・・・そろそろ桜の季節だな。 開花の便りに
併せて、こんどは伊東の温泉でもいこうかねぇ。・・・2人でね。」
そんな事真顔で言わないで下さい!
        もう、マスターってばっ!!

         ・・・またおでかけ、連れてってくださいね!!














| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー