メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

10話   もうひとつの戦い


バトル予選が終わり、係りの人から明日の簡単な説明を受けて、会場を見て回ることにした。
アールとエルを肩に乗せ、とりあえず物販コーナーへと。
すると、ある店舗で人だかりが出来ていた。なんだ?と気になって近寄ってみる。
「フォルテストラーフセット1つ!」
「こっちは、フォルテ2個とラルナーヴヘッド1個」
「フォルテ2こ!!」
そこは、フォルテとラルナーヴを開発したブースだった。
「押さないで下さい! 在庫はまだ有りますので、押さないで下さい!」
店員が殺到する客の整理をしている。
「あの、これって……あたいが、活躍したから?」
エルが人だかりを見ながら呟く。
「注目を集めたことはたしかですね」
アールも同じ方向を見ている。
「元から人気商品だし、どうなんだろうな」
俺は、人だかりを避けるようにその場所を離れた。

企業ブースを回って新型の展示をみたり、その他いろいろと見て回り、いよいよ國崎技研のブースへやって来た。
「いよいよです」
アールがまた妙なオーラを出し始めました。
「大丈夫かな……」
エルもアールを見て心配している様子。
ブースでカタログを貰い、ヘンデルとグレーテルの説明を受けて、体験とお菓子作りの参加登録をした。
「では、マスターさんはこちらでお待ち下さい」
そういって、待ち合い場所と休憩場所を兼ねているであろうスペースへ案内された。
残念ながらここからは、体験キッチンは見えない。
見えないが……アールがどんなことをしているかは、想像がついた。
『きゃぁぁぁ!! え、えっと!』
そう……この、悲鳴のような叫び声で………

『あわわわ! 大変!』
『あ、あの、落ち着いて。落ち着いて火を消してください』

『あ! 入れすぎです! 半分取り除いてください』
『は、はい! きゃぁぁ!!』
ガシャーン!

「え…っと、マスター……」
「言うな……」
エルが俺のほうを見ている。
確かに、アールが料理をするのは初めてだが、こうなるとは思わなかった。
他のテーブルでは、自分の作ったお菓子を食べて貰って喜んでいる神姫の姿が見える。
微笑ましいその光景は、羨ましかった。
そして、待つことしばし、ついにやって来た。
「ますたぁー、お待たせしましたぁ」
カートの上に銀色の蓋がついた容器を乗せ、さらにアールがその上に乗って、係りの人に押されてやってきた。
係りの人が容器をテーブルに移す。
「さあ、食べてください」
満面の笑みでこっちを見ているアール。
「あ、うん」
覚悟を決めて、蓋を取る。
「お?」
「あれ?」
俺とエルは拍子抜けの声をだした。そこには、まともな出来のクッキー。
「もう! なんですか、その表情は」
腰に手を当ててプリプリ怒るアール。
「あ…ああ、がんばったな」
よしよしと頭を撫でてやる。
「はい……」
ぽっと頬を染めてはにかむアール。
クッキーをひとつ摘んで食べてみる。
「お! うまい」
ふつうのバタークッキーだが、アールが一所懸命作ったものだから、さらに美味しく感じた。
サービスで出されたコーヒーと一緒に、三人で全部食べきった。

ブースから出るとき、体験キッチンを見ると料理指導のハウリンが、非常に疲れた様子をしていたのが目に止まった。
そして、アールの方を見ると
「はい?」
と首を傾げた。
何となく、このことは触れてはいけないと悟った俺だった。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー