メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・・・・何やってんだこんな所で」
  喫茶店「LEN」のオープンカフェで、修也はコーヒーを運んできたかすみに聞いた。

  さかのぼる事数時間前、かすみは轟号の中で目を覚ました。時計を見ると、まだ5時前である。
  夜型人間の割には起きるのが早いかすみだが、今日はいささか早すぎた。眠っている人達を起こさないよう静かに、上着を羽織って外に出る。3月とはいえ、明け方はまだ寒い。
  会場は、静まり返っていた。祭りの前の静けさ、とはよく言ったものだと思う。
  昨日、研究所にこの大きなトレーラーが来た時は、さすがに驚いた。これが自分の働く場所だと知って、さらに驚いた。もっとも、相手側も自分の小ささに(かすみとしては不本意ながら)驚いていたのだが。
「・・・・・・別に、困ってはいないんですけど・・・・・・」
  基本的に、あまり人と接する機会のない仕事をしている関係上、自分の体格を自覚することがなかなか難しく、たまに言われると
「・・・・・・ヘコみます」
  誰もいないので、かすみは思いっきり溜息をついた。

  その後、開場までの時間で店の準備、ちょっとした研修とシフトの確認を経て、かすみのアルバイトは始まった。
  それほど忙しいというわけではないが、決して客足が絶えることはない。仕事量としては、ちょうどいいと言ってよかった。舞姫と秋葉も、フライトユニットで飛びながら、接客をこなしている。
「青葉さん、休憩ですよ~」
  そんな声が聞こえた。
「わかりました」
  かすみも答えて、声の方向へ向かう。
「どうぞ」
「ありがとう、千空くん」
  ウェイトレス姿の「少年」から差し出されたタオルを受け取って、一息ついた。
  ・・・・・・それにしても。
「・・・・・・可愛い、ですね」
「あ、あなたもそれを言いますか・・・・・・」
「いえいえ、そういう事じゃなくて」
  実際問題として、ウェイトレス姿がやたら似合ってはいるのだが、
「男の子とか女の子とか関係無しに、可愛いですよ?」
「へ・・・・・・?」
  そう言って、千空との距離を詰める。
「お持ち帰りしたくなるくらいに」
「え、いや、ちょ」
  ・・・・・・このくらいにしておこうか。
「・・・・・・冗談です。試合、頑張ってくださいね」
  まあ、世の中この子のように男の子であるにもかかわらず可愛い人間もいるのだから、中学生並みに小さい自分がいてもいいのではないだろうか? そう考えると、不意に笑いが少し、こぼれた。

  そして休憩後、仕事をしていたら修也が来店したわけである。
「・・・・・・アルバイトですが?」
「いや、そりゃ見れば分かる」
  仕事の傍ら、試合の情報はしっかり集めていた。修也とリュミエは、一回戦と二回戦を合計5.7秒で終わらせていることも知っている。
  だから、言わない。
「どうぞごゆっくり。リュミエも、疲れてるでしょう?」
  代わりに言うのは、まあ、力になるかどうか分からないが、とりあえずの労いと、
「・・・・・・見てますから、頑張ってください」
  不器用な励まし。

「・・・・・・見てるから、か」
  三回戦を速攻で終えた後、修也は呟いた。
「いよいよ、負けられなくなったかな」
「マスター、じゃあ」
  その言葉に、リュミエが聞く。
「ああ。隠し玉、出番だ」

  予選リーグ四回戦。これに勝てば、翌日の決勝リーグに進むことができる。
「いいな、リュミエ。こっちから指示はしない。来たら、使え」
「了解です」
  本来なら、使わなくてもよい装備。修也は、サイドボードに収められた二つの武器を見る。万が一のための、リーサルウェポンだった。
  そして試合が始まる。
「っち!」
  初撃は、防がれた。相手は、大型化させたサブアームとレッグパーツを持つ悪魔型。巨大な腕が、ライトセイバーの刃を弾いた。
  追い討ちのSTR6ミニガンの砲撃が来るが、リュミエはその推進力をもって、はるか彼方へ離脱する。
  そのまま上昇、相手を中心に、螺旋軌道を描いて急降下。こうでもしないと、一直線に行ったのでは返り討ちにあうだけだ。
  再びクロスレンジに入る。相手が、巨大なサブアームを自身の前で組み、防御姿勢をとる。
  その瞬間。
  リュミエはハンドガンを投げ捨てる。右手首にマウントされていたライトセーバーが消え、代わりに新たな装備が転送される。
  後方に撃発装置を持つ槍。パイルバンカー。
『重い武装ができないなら、有効距離に入った瞬間に転送すればいい』
  修也とリュミエが用意した、初撃が防がれた場合の対処法だった。
「はああああっ!!」
  高圧のガスが、爆発的な速度で槍を突き出す。それは二段重ねのサブアームを容易く貫き、相手の悪魔型の胸部デッドポイントに達した。
  予選Pグループ決勝進出者、上岡修也・リュミエ。

  幻の物語




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー