メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

審査員爆誕

鳳凰カップお菓子作りコンテスト



「あらあら、大丈夫かしら?」
ここは國崎技研の「お菓子作りコンテスト」の開催場所から少し離れた所
そこから私、舞華は神姫達がお菓子を作っている光景をずっと見ていた
え?なんで見てるかって?
決まってるじゃないですか!
可愛い神姫達がマスターの為に慣れない料理をしている光景なんて、滅多に見られるモノじゃないですよ!
ホントはもっと近くで見たいのですが、邪魔になっちゃうし、第一恥ずかしいじゃないですか!



「…あのストラーフ、さっきからずっとあそこにいますね?」
「だよねぇ。もしかして、マスターとはぐれたとか?」
永守さんの問いかけに思ったことをいってみる俺
「う~ん、でも全然慌てた様子もないし…」
「ずっとこっちを見てるみたいだしねぇ」
いくら二人で首を捻っても、答えなんか出るはずもなく
「…私が聞いてくる」
「あ、マイちゃん」
呼び止める間もなく、マイちゃんは行ってしまった



あれ?さっきまでお菓子作りを指導してたポニテのハウリンがいない
もしかして、休憩時間になったのでしょうか
つまんないです…
「…なにしてるの」
「うひゃぁ!」
っと、私としたことが優雅さに欠けるような真似を…
「いえ、ただ見てるだけですよ」
「…本当?」
「そ、そうですよ。ですからその物騒な物はしまってください」
さすがに包丁を突きつけられるのは気分がよくない
しかもこのハウリン、かなりの手練れだ
セカンド上位の私に全く気付かれずに背後を取ったのだから
「もう一度聞く。何してるの?」
包丁をしまいながら、再び私に尋ねてきた
どうやら納得してくれた訳ではないようです
その証拠に物陰にマスィーンズを配し、私を狙っています
…たまに相手するファファースト下位でもいないですよ、ここまで完璧な布陣を短時間で敷く人なんて
「ですから、ただここで見てるだけです」
じー
う、そんなに見ないで下さい…
ポニテのハウリン型が無表情のままこちらをずーっと見ている
無表情といってもイヤな感じではなく、なにやら疑ってるような様子がうっすらと浮かんでいる
…可愛い
この子すごく可愛い!
思わずぎゅーってしたくなるくらい可愛い!
「…何してるの?」
今まで正面から聞こえていた彼女の声が、なぜかやや下から聞こえてきた
しかもなぜか篭もっているような…
「あ、ごめんなさい」
思わずぎゅーってしてしまっていた
私の胸が彼女の顔を圧迫していたので、篭もった感じになっていたのだった
「…なら離して」
「…離さなきゃダメですか?」
下を見れば、彼女が頬を染めてうるうる目で私を見上げてる
「…苦しい」
「あら、ごめんなさい」
顔が赤かったのは、苦しかったからなのですか
慌てて彼女を解放する
「…で、何をしているの?」
「ですから、ここからそちらのブースを見ているだけです。好きなんですよ、一生懸命な子を見るのが」
「…そう」
気付けば取り囲んでいたマスィーンズが居なくなっている
どうやら信じて貰えたらしい
「…貴方のマスターは?」
「マスターはお嬢様と他のブースを回ってます。私は許可を頂いてここで見ていたのです」
「…そう…ついてきて」
クルリと回って私に背を向け、自分のブースへと戻っていく彼女
「あ、はい」
そんな彼女の後を追いかける私
「あの、信用してくれたのですか?」
「…うん」
「なんでですか?」
「…あの時、私をどうにかする気だったら、そのまま首でも折ったりしてるはずだから」
お持ち帰りしたかった事は秘密にしよう



「…というわけで、連れてきた」
マイちゃんが例のストラーフを連れて戻ってきた
「なんだ、見たかったなら言ってくれれば良かったのに」
「そうよ、あんまりヘンな事してると、不審神姫と間違われちゃわよ」
「…申し訳ありません」
ちょっと落ち込んでいるストラーフ
「まぁそういうわけで、時間があるならいくらでも見ていって構わないから、えーと…」
「あ、申し遅れました。私は舞華っていいます」
「舞華さんね、よろしく」
「あ、そうだ舞華さん。もし時間あるならウチのコンテストの審査員やらない?」
「え?いいんですか?」
「様々な意見も聞きたいしね。お願い出来るかな?」
ちょっと思案してる様子の舞華さん
「…うーん、マスターに許可を頂かないと…あ、あの人です」
そういって指さした先に、父娘連れの姿があった



「…というわけで、舞華さんをお借り出来ないでしょうか?」
「すごーい舞華ちゃん!」
「はは、舞華でよろしければ、使ってやってください」
「ありがとうございます!」
「礼を言うのはこっちですよ。舞華の我が侭につき合っていただいて」
お互いペコペコと頭を下げ会う男二人

「…というわけで、特別審査員をやってもらう事になった、舞華さんだ」
「よろしく御願いします」
ぺこり



審査速報へ続く







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー