メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「それは盛大な」「祭]


「鳳凰杯…」
何時の間にか貼られていた「ソレ」に僕達は釘付けになっていた。
「ええ、貼らせてくれって」
エプロンのポケットに手を突っ込んでカウンターに寄りかかりながら京都さんは言った。
「出店…しようかな…」
「へ?」
出店?貼られていた「ソレ」ことポスターを見る。へぇ、お店出せるんだ。
「どれどれ~?」
と美琴先輩は鞄からPCを取り出し、一気に鳳凰杯のHPにたどり着く。
え~っと…はぁ、結構色々なお店が出るんだ。
「…エルゴもあるな…」
「これ、ちっちゃい物研ですよね?」
皆でモニターを覗き込む。弁慶達も興味津々。
「ALChemistさんも出るのね…」
いつの間にか京都さんも覗いていた。
「で、京都さんはどうするの??」
「う~ん…出ようかしら」
「本当!?じゃあ私達だって!」
「でも~人手が足りないかも…」
「手伝いますよ?僕」
「私も手伝います」
「任せなさいって!」
「俺も手伝いますよ」
「む、必要なら私も」
「あらあら、皆有難う。じゃあ頼んじゃおっかな?」
「おっと京都さん?俺と十兵衛も忘れないで下さい?」
「私もね」
と、カウンター奥から兄さんと玖乃さんが出てきた。
「あなたたちは出ないの?鳳凰杯」
「まぁ、十兵衛の調子が良くないので」
ソレは嘘だ。十兵衛の調子自体は普通。しかし度重なる試合外戦闘により、試合用に設けたリミッターが外れやすくなっている。リミッターが外れ、神姫狩りの神姫となった十兵衛に一般の神姫など敵うはずも無い。音もなくただ両断されるか貫かれるか…。
とにかく、その危険性が取り除かれるまで十兵衛は戦う事をやめる事にした。これは十兵衛の意思だ。ただし、何かを守るためになら躊躇いなく引き金を引き、抜刀する用意はできている。
「よし、じゃあ喫茶店「LEN」鳳凰杯に出陣ね!」
『おう!』
数日後
「なるほど、それはいい」
「創君も来れたらって思ったんだけどなぁ」
「ははは、すいません」
「いいのよ」
目の前に巨大な扉。ここは神姫狩り部隊の車庫…ここに京都が来るのは久々である。
「開けますよ」
ガゴンと重い鉄の扉が起動し、暗い空間に日差しを当てる。そこから浮き上がるのは白く輝くボディに黒や灰色のスプリッター塗装が施された人型機動兵器…なはずはなく。
「久しぶりね、轟号」
轟号…それは京都が神姫狩りの現役時代に愛用していた大型移動指揮車だ。今は京都が所有者となり、内部も「LEN」仕様に改装されている。しかし使う機会がなかったせいか、正直宝の持ち腐れになっていた。
「整備は完全ですのでご安心を」
「ええ」
「あ、あと…」
「?」
「これは小耳に挟んでもらいたいのですが…」
「なに?」
「噂の域を出ませんからなんともいえませんが…鳳凰杯にテロ攻撃を仕掛けるといった予告があったそうです」
「…あちらの対策は?」
「さぁ…噂ですから」
「…そう、確かに挟んだわ」
「お願いします。お気をつけて」
「ええ、行くわよレン」
「うむ」
「確か迎えに?」
「ええ、臨時のアルバイトさんをお迎えにね」
「はは、驚くでしょうね」
「そう?よっと」
京都が運転席に着く。この姿を見るのは何年ぶりか…あの時は自分もまだまだヒヨッコだった…。と創は思った。
戦いのために使っていた物が今度は人々に笑顔を与えるために使われる。
願わくばこの先何も無いことを…。
「前方確認、燃料満タン。GPS、ナビ各種機器オールグリーン」
「ふ…そこは変わらないのですね」
「まぁ、癖ね。じゃ、行ってくるわ」
「はい」
「轟号、目的地へ発進」
巨体がうなりを上げ、動き出す。
「商売繁盛!期待していますよ!!」
「ありがと!」
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…
遠ざかる轟号。
「何も無ければ良いんですが…」
裏でうごめく闇に彼らが関係するのか無関係か…このときはまだ誰も知らない




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー