メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第8話   剣の名は


剣を貰ってからしばらくたったが、再びエルゴに来ていた。
エルゴの二階、休憩スペースのベンチに座ってバトル映像が出ているスクリーンを見ていると声がかかった。
「よお! 治虫じゃないか」
声のするほうを見ると、久しぶりの知った顔があった。
「お! 章太郎」
立ち上がってしっかりと握手をした。
こいつは、月影章太郎(つきかげ しょうたろう)幼馴染みではないが、親友であり悪友でもある。
お互い仕事に就いて、会う機会が無くなっていた。
「どうした? こんなところで」
章太郎が俺に問い掛けると、章太郎の肩でもぞもぞ動く物を見つけた。
「しょうちゃん、だれ?」
それは章太郎の肩に乗っていたストラーフだった。
エルと違い、ツインテールユニットをつけておらず、角もつけていなかった。
「ああ、紹介するよ。悪友の陽元治虫だ」
「よろしく」
章太郎の紹介で、ストラーフに人差し指を差し出す。
「シルクだよ~」
ストラーフはそういって指を両手で包むように持った。
「で、ここに居るってことは、お前も?」
「ああ」
ベンチに座っていたアールとエルを抱き上げて、章太郎に見せた。
「アールとエルだ。こいつは月影章太郎、そしてシルクちゃん」
「えっと……あたいは、エル」
「アールと申します。マスターがお世話になってます」
性格の出た挨拶と共にお辞儀をする二人。
俺たちは再びベンチに座った。俺と章太郎の間に神姫三人が座り、神姫同士でワイワイ話している。
「お前もバトルするのか?」
「ああ、シルクは結構強くなったぞ」
そう言ってニッコリと笑う章太郎。
「アールちゃんとエルちゃんの戦績は?」
「アールは全くバトルしてない。エルは……あと一勝くらいでセカンドに上がるくらいかな?」
「お! それじゃあ、シルクとバトルしないか? シルクも同じくらいだからさ」
俺はエルの方をみた。
「がんばってみる」
しっかりと頷くエル。
一方、シルクは章太郎の肩に飛び乗り
「エルちゃんと戦うよ~」
と元気に肩の上で飛び跳ねた。
「決まりだな」
そして、俺たちはバトルスペースに向かった。

オーナーブースでセッティングをしている途中で武装の入ったケースから剣を取り出し、サイドボードに入れた。
「使うかもしれないから、入れておくよ」
「おっしゃぁ! いよいよ使えるのか!」
エルはストラーフ装備で背中にアーンヴァルの翼、ランディングギア、エクステンドブースターのいつもの装備でセットする。


    - - - - - -
アタイの意識が深く潜り、ヴァーチャルフィールドで再構成される。
そして、目を開けると同時にゴーストタウンの景色が広がる。
バトル開始の合図と共に、足でリズムを取り、手を大きく回しながらフルストゥ・グフロートゥとクレインをサブアームと自分の腕でくるくると回す。
いつものウォーミングアップだったが、甲高い風を切る音が聞こえてきた。
ヒュゥゥゥゥ………
『エル! 逃げろ!』
マスターの声で、咄嗟に横に跳び、ビルの中へ転がり込んだ。

ズガァァァァン!!!

ビルの中まで爆音と衝撃を撒き散らしながら、さっきまでアタイの居た場所が吹き飛んだ。
「なんだ?!」
ズゴゴゴゴ……
続けてビルが不気味な衝撃で震えている。
『たぶん、連続で撃ってきているらしい』
直ぐに崩れることはないとみて、その場で様子をみることにした。
「いったいなんだ、さっきのは」
『……滑腔砲』
アール姉がそう呟いた。
「「滑腔砲だと!!」」
アタイとマスターの声が重なる。
それもそうだ、ほぼフォートブラッグ専用武器と言ってもいいものをストラーフが、しかもフォートブラッグが撃つよりも早い間隔で打ち込んできているのだ。
『あの破壊力は滑腔砲しか考えられません』
「じゃあどうする?」
マスターに作戦を聞く。
『そうだな……着弾点を見極めて近づいていくか……』
「よっしゃ、いっちょいってみますか」
そういって、ブースター点火準備をして、ビルに着弾と同時に飛び出した。
地面すれすれを、飛んでいくアタイ。
「おそいおそい!」
滑腔砲の砲撃は確実にアタイを狙っているが、飛行速度のほうが速く、弾丸が後方へと流れていき、遥か後ろの方で爆発音がしていた。
「居やがった!」
進行方向にストラーフ武装に、滑腔砲を抱えたシルクを見つけた。
しかし、近づくとストラーフの装備とは違うことが分った。
シルクは滑腔砲を消してサイドボードに収めると、地面に刺していた八本のアンカーのような物を引き抜く。
「それで身体を固定していたので、滑腔砲が撃てたというわけか……」
アタイはブースターを停止させて、シルクと向き合う。
しかし、まだ違うところがある。
サブアームは大型の物がついており、ストラーフ本来のサブアームはシルク自身の腕に直接接続されている。
レッグパーツの膝には湾曲剣がついていて、つま先のナイフも二本になっている。
そして、顔のゴーグルは口元しかみえないほどで、スリットから覗く赤い点が一つ目のように見えた。
シルクがゆっくりとこちらを向く。
「あは♪ 滑腔砲、かわされちゃった」
明るく振舞うシルクだが、目の表情がわからないので、真意は不明だ。
シルクの背後でアンカーに使っていた触手が不気味に蠢いていた。
『あれって……装着してる所を初めてみた……』
「あ?」


『フォルテストラーフだ!』


マスターの声と同時に跳びこんでくるシルク。
「く! はや……!」
ドゴォォ!!
一瞬消えたかと思ったが、アタイの懐に飛び込むとサブアームで思い切りわき腹をぶん殴られた。
そのまま吹っ飛び、ビルの壁に激突する。
「くぅ……効いたぜ」
瓦礫から這い出すと、シルクがアタイを見下ろしていた。
そのまま膝を狙い、蹴りを繰り出す。
ガキ!
鈍い音が響き、シルクのレッグパーツと膝の湾曲剣に挟まれる形になる。
「くそぉ!」
フルストゥ・グフロートゥを両手に持ち斬りつけるが、フルストゥ・グフロートゥの倍ほどの剣で防がる。
そのまま、シルクが横に凪ぐようにするとアタイのフルストゥ・グフロートゥは砕かれ、再び吹っ飛びぶ。
バキバキ!
アタイのレッグパーツが挟まれたままふっとんだので、膝の剣で膝関節が砕かれた。
「あああ!!」
激痛が襲う。
「勝っちゃうよ~」
シルクが巨大なフルストゥ・グフロートゥを構えて迫る。
『逃げろ』
「く!!」
足が使えないのでブースターで飛ぶが、触手のビームソードで翼とブースターを切り刻まれた。
片方の推力を無くし、見当違いの地点に墜落する。そのまま転がるようにビルに逃げ込んだ。
レッグパーツを外し、素体の足に交換すると痛みはひいた。
『しかたない、あれを使うか……』


シルクはビルの外で、尻尾状になっているライフルを外して構え、エルの逃げ込んだビルを狙う。
「おわりにするよ~」
そういって、大出力で撃った。
一瞬で爆発と炎に包まれるビルから、武装を全て外したエルが飛び出す。

『いくぞ!』
「OK!」
アタイの頭上に虹色に輝く剣が現れ、しっかりと握り、軽く振り回した。
「そんな剣一本だけ~?」
「ふっ…」
シルクの不満そうな声に笑う。
アタイはゆっくり近づき、シルクのライフルを軽く凪いだ。
「ええ~? うそ~」
綺麗に真っ二つになったライフルをみつめるシルク。
「これで、いくよ~」
再び巨大なフルストゥ・グフロートゥを両手に持ち、触手もあわせて迫ってくる。
カンカンカンと金属音を響かせて剣が合わさる。
「ふん!」
力強く上段から斬りつけると、グフロートゥごとシルクのサブアームも真っ二つにした。
「しょうちゃ~ん、あの剣斬れないよ~」
シルクが泣き声で叫んだ。
『剣に魂が宿っているからな』
マスターが章太郎にも聞こえるように言う。
『魂?』
『ああ、そうだ。剣には魂が宿る。名前がつくことにより、神姫用だが本物に近づくんだ』
『それは?』
『エル! 教えてやれ、お前の剣の名前を! 剣の魂を!』
アタイはマスターが喋っている間も、シルクの触手を斬り、片足の膝を突いていた。
「おう! よく聞け!!

     ア メ ノ ム ラ ク モ ノ ツ ル ギ

                             だ!!」

アタイは右手で剣を持ち、剣先を顔の前で立てて構える。
左手を持ち手部分の根元に添え、剣を横にして先までゆっくり滑らせる。
すると、虹色で輝いていた部分が強い光を放つように変わっていく。
左手が剣先に到達した時には、剣全てが強く光を放っていた。
右足を引いて両手を広げるように構えて、一呼吸置く。
剣を大きく回すように上段に構えると、大きく足を一歩踏み出して、剣を振り下ろした。
剣が、シルクの肩から切り裂き、光となってフィールドから消えていくシルク。
剣の強い光も消えて元の虹色の刀身へと変わる。
アタイは足でリズムを取りながら剣を振って、ポーンと高く放り投げる。
虹色の線を残し上昇から下降へ、その間アタイはクルクルと回転しており、回転を止めると同時に頭の上で剣を掴んだ。
そして、そのままのポーズで足を二回鳴らした。

『試合終了。Winner,エル』
勝者コールで、アタイの意識は再び深く潜り、現実へと戻る。

オーナーブースを出ると、章太郎さんも出てきて、マスターと握手しました。
「おめでとう」
「おう! サンキュー」
「しかし、あんな剣を隠し持ってたとは……」
「シルクちゃんも強かったぞ」
二人で笑いあいます。
「おねえさまぁぁぁ!!」
「きゃ!」
シルクちゃんが、あたいに抱きついてきました。
「強かったですおねえさま。エルおねえさまって呼んでいいですかぁ~?」
「あ、あの…もう呼んでるような」
「おねえさまぁぁぁん」


この試合でエルは、セカンドに上がった。
章太郎のシルクちゃんが、エルに懐いてしまったようだ。
章太郎とも、ちょくちょくバトルしようと約束をしてエルゴから帰っていった。

戻る [次へ>9話 鳳凰杯への挑戦]]




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー