メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第7話   新たな武器を探せ


『試合終了。Winner,エル』
勝者のコールと共にエルが左手を腰に、右手を掲げて二回足を鳴らす。
『今日も“剣の舞い”が華麗にきまった! 剣の舞姫、次の試合もその舞で我々を魅了してくれ!」
歓声の中アナウンスが流れ、俺はエルを受け取り控え室に戻った。


俺は机にエルを置き、椅子に腰掛けふうっと息を吐いた。
「マスター……」
控え室に残っていたアールが近寄ってきて心配そうな目を向ける。
エルは着実に強くなり、勝ったり負けたりをしながらもサードリーグの上位まで上がってた。
ネットなどの評判では、いつセカンドリーグに上がってもおかしくないと言われていたが、俺は悩んでた。
俺の脳裏に先ほどのエルの“勝利の舞い”の姿が甦った。
飛行能力と圧倒的な瞬発力を発揮する背中の翼が折れ、ブースターは爆散。
左サブアームは吹き飛び、右サブアームは関節が機能しなくなり、だらんと下がっていた。
頭のアーンヴァルのヘッドギアは半分ほど欠けていた。
本体には大きな損傷は無かったが、まさにキズだらけの勝利だった。
「離れた相手か……」
俺はそう呟いた。
エルに銃などの射撃武器は持たせていない。
離れた場所の目標には、フルストゥ・グフロートゥとフルストゥ・クレインの投擲で対応していた。
問題はそこだった、投げた後はアングルブレードとビームサーベルしか残らない。
しかも、投げたグフトートゥとクレインの回収が必要となり、負けた試合はそこをつかれることが多かった。
今回も投げた後の回収を阻止され、苦し紛れに相手に突撃し損傷を受けて勝てた。
現在のサードリーグでは勝てているが、セカンド以上だと勝てる確率はぐんと減るだろう。
その日は、家に帰ってもずっとそれを考えていた。


次の休みの日、少し遠出をして神姫専門の巨大センターへと行くことにした、目的は先日からの悩みを解決する為。
エルは武装をつけていないが、アールは背中に翼と足につけるブースターを翼にくっ付けたものを取り付けただけで、他は何もつけていない。
左右の肩にアールとエルをそれぞれ乗せて、センターに入るとある一角から黄色い歓声が上がっている。
見ると神姫の試合の中継らしく、黄色い歓声の主はそのファンらしい。
対戦カードは運が悪く、あの鶴畑興紀だった。
その瞬間、エルがガタガタ震えだし、アールが俺の頭の上を飛び越えてエルを抱きしめる。
エルとアールを休憩させる場所はないかと辺りを見回すと、場違いな男が目に止まった。
場違いとは、他のファンのように歓声を上げるわけでもなく、応援するわけでもなく、評論するわけでもない。
じっとだまってモニターを見続けている。
その男が黙っているだけで、肩と頭に乗せたハウリンとヴァッフェバニーがやたらと騒いでいるようだがこっちには何も聞こえない。
「マスター、あそこで休んでいますね」
アールの声が聞こえて、俺は男達から目を放す。
「ああ、俺はもう少し見ておくから。なんだったら、音の聞こえないところにでも行ってていいぞ」
そう言って、震えるエルを抱えながらアールが飛んでいく。
俺はまたモニターをみたが、さっきの男のストラーフがエルとアールをじっと見ていたことに気が付かなかった。
試合をみながら、俺のもう一つの悩みのことを考えていた。
鶴畑興紀を倒したいが、エルは興紀をみると、ガタガタと震えだし何も出来なくなる。
一種のトラウマなんだが、現時点では何も思いつかなかった。
試合は一方的な展開で興紀の勝ち。ファンたちもばらばらと散っていくのにあわせて、俺もアールとエルと合流した。
センター内の端末でネットをみていると、結構評判で品揃えも豊富な店があることが分かった。
今居るセンターから少し足を伸ばさないといけないが、幸いにも行けない距離ではないので行ってみることにした。


俺たちはその店、ホビーショップ・エルゴに到着して中に入る。
「いらっしゃいませ~」
声はすれども姿無し。多分、ドアの開いた音で挨拶してきたのだろう。
しかし、中に入って驚いた。天上まで届きそうな棚にはぎっしりと神姫のパーツが並んでいる。
奥へ進むとレジカウンターがあったが、そこにも姿無し。
「いらっしゃいませ~」
またさっきの声だ。キョロキョロ見回す。
「こっちですよ」
「マスター、あそこ」
アールが声の主を見つけたようで指差した。
そこを見ると、神姫用の教室ジオラマに置かれたヴァッフェバニーの銅像。……銅像?
近寄って見ると、頭と頭パーツ用胸部台座だけの神姫だった。
「ホビーショップ・エルゴにようこそ」
バニーが挨拶する。
「うちの看板娘のジェニーです」
後ろから声がしたので振り向くと、俺と同じくらいの男が奥から出てきた。店長さんだろうか。
「神姫達の学校というのもやってまして、お持ちの神姫もよろしければどうぞ」
俺は、肩に乗ってる二人をみると、うなずいたので教室に降ろした。
「品物みてくるから、二人ともちゃんとしてるんだよ」
俺はそう言い残して、武器類の棚に向かった。
剣を一通りみてみたがぱっとつくものはなかったので、とりあえず戻るかと思いレジの方へ行く。
「アール、エルそろそろ帰るぞ」
「エル? あの神姫ですか?」
「ええ、そうですが」
二人を肩に乗せレジの前へ行く。
「この子がエルです」
エルをカウンターに降ろした。
「ほほぉ、この子が“ソードダンサー”ですか」
「知ってるんですか?」
店長がそんなことを言ってきたので、俺は驚いた。
「ええ、有名ですよ。戦場を舞う踊り子って」
まだサードリーグなのにエルを知っているとはすごいなと思ってしまった。
「あ! そうだ! ちょっと踊り見せてもらってよろしいですか?」
「エルいいか?」
「うん」
「アールは?」
「マスターがいうなら」
そうしてアールも降ろした。
「ん? どうして二人?」
「じつは……」
俺は、エルの踊りはアールが教えたものだということ。
エルがバトルで踊る意味、つまりエルがアールの踊りで戦うことで二人で戦うということを話した。
「なるほど」
そして、二人のダンスが始まった。優雅さはアールが勝り、鋭さはエルが勝る。
魅惑の踊りが終わると、絶賛の拍手が降り注いだ。
「いやぁ素晴らしい。いいものを見せてもらいました」
俺は照れている二人を肩に乗せた。
「そういえば、先ほど武器をみていらっしゃったようですが」
「はい、エルの武器でいいものがないかと思いまして」
「どういったものを?」
「剣関係で遠距離にも対応できるようなものなんです」
「難しい注文ですね」
「ないですか?」
「あれだけ美しい剣の舞いが出来るんですから、そこに力をいれましょうよ」
「といいますと?」
「短所を補うより、長所を伸ばしましょうということです。いいものがあります」
そういってカウンターの下から小さな木箱を取り出した。
箱をあけると、長めで幅広の一振りの剣が入っていた。
しかも、刀身は美しい虹色を放ち、シャボン玉のように波打ち、一瞬たりとも同じ模様ではない。
「どうです? 持ってみてください」
エルは肩から降り、剣を握って大きく振った。
すると、剣の軌道に七色の光が一瞬残って、淡く消えていく。
「マスター、この剣見た目より軽いです」
そういって何度も振るとそれを追って光が走る。
「どうです? 素晴らしいでしょう」
「ええ、すごいです。それでおいくらくらいなんでしょうか」
「そうですね。さっきの踊りの見物料くらいですね」
「え?」
「差し上げます」
俺は驚いて声が出なかった。
「剣はそれに相応しい者が持つものです。その剣にはエルちゃんが相応しいというだけです」
「あ、ありがとうございます」
俺は思い切り頭を下げた。
「剣というものには、魂が宿っています。その魂に相応しい名前を剣が持つのです」
店長がゆっくりと話し始める。
「もちろんその剣にも……」
そこで一旦言葉を切って、店長は剣の名前を言った。
それを聞いて俺はさらに驚いた。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー