メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「儂を呼んだか、主?」
「呼んだ呼んだ―――手、貸してくれるか?」
「マ、マイロード、その、私は?」
尻尾をたれ下げて、上目遣い。
「……碧鈴に、まだ戦闘はさせられん」
自制し、なんとか言い返す。
「なら、儂ならよいのか?」
からかうように、ディスが呟く。
「そ、そーいうわけじゃないじゃないが、うん」
大事に思ってる、だから……
「そう、ですか」
尻尾が下がったままで、下の階へ。
「ごめんな、碧鈴」
ぽつ、と呟いた……こんな言葉じゃ届かない、って分かってるけど――――今は分かってる、気分を切り替え。
「―――ディス、いけるか?」
「儂は、常在戦場、じゃぞ?」
「いい返事だ、乱入すんぞ」
「―――うむ」

飛び込むは、電子の戦場。
0と1で構成される、荒野、戦場。

「へっへっへ、片付いちまったなあ、雑魚の相手もここまでかぁ!?」
癇に障るリアルサイドの声。
「当然でゴザルよ、そろそろ終りにするでござる」
相手の、小さな子供が操るマオチャオは返事も出来ずに呻いている。
ログアウト敗北の無い程度に、痛めつけている、何せ子供で初心者だ、ギブアップすら威圧されて出来ない。
「―――止めといこうぜぇ!?」
ストラーフが、その大きな異形の腕を振り下ろす刹那に。

――――斬。

その場に居た誰もが言葉を失った。
いきなり、ストラーフの腕が、斬り飛ばされた。
相手は見えず……気づけばマオチャオの姿も無い。

「ど、どこにいったでゴザル?」
「てめえ、俺の神姫にっ!」
想定外の事態で慌てる2体の神姫、どーやら、感情を消されてる、というか……考えなくさせられている。

「ふん、この程度の雑魚とはな」
不敵に、砂塵舞う荒野に―――白い悪魔と白い刃。
ずいぶんと、遠くから攻撃したらしいが、相手のストラーフに出来ているのは切断面、巨大なブレードで切り刻んだような
綺麗な切断、おそらく高速で接近し切り刻んで離れたのだろう。

「なんだと、やっちまえっ!」
「やるでゴザルよっ!」

ストラーフが大地を蹴り、アーンヴァルが空中から狙い撃ち、上等パターンだ、勝てる、そう思い込んだ。

「ふん」

巨大な刀を、投擲。

「使うまでも無いわ、来るがよい」

大地を蹴る―――最初からフルスピード。
ゼロから無限へ、一瞬だ。

その一瞬で空中へ跳躍。

空を舞うアーンヴァルを、蹴り飛ばす。
落下地点にストラーフ。
狙い定めて叩き落した。

「ふん、他愛も無い」

「……ん、だとぉぉぉ!?」
いらついたように、敵のストラーフが、短剣を投擲。
「死ぬでゴザル、逝って良しでゴザルっ!!」
アーンヴァルもウィングを捨て、拳銃を乱射してくる。

白いストラーフが落ちる地点を狙って撃った、当たる、必中の一撃。
そのはずだった、勝った、いつものように、あざ笑ってやろうと思った。

――――にやり。

「―――きめちまえ、ディス」
「了解、主」

笑ったと思うと、落ちる、と思った寸前に、何かが、滑り込む。

それは、投げたはずの刀。
「ようやく温まったか、烈龍刀よ」
白い刃には、しっかりとした、龍の紋。
その上に、足を乗せ。

「では―――逝くが良い」

超高速

そして

空中へ舞い上がって

「巨刃大津波(ビッグブレードウェーブ)」

すがすがしい宣言と共に、2体まとめて貫き、電子のグリットに返す。


「……わあ」
今まで見ていた。
あの白い悪魔の戦いを、一階のモニターから
白い刃を持った同類の少女。
彼女は2体一でも楽勝に勝利し。
羨ましい、強いわけでも、ましてや、積極的にもなれない
あの人のそばに、私はいて良いのだろうか。

「なんや、置いてけぼりか?」
「あ、えと、凛奈、さん?」
「冷たいねな、はーちゃん、おいてけぼりにして」
「……えと、私が逃げたんです、その」

「嫉妬か、かーいいなあ、碧鈴ちゃん」
「……」

そう、この感情は嫉妬。
強く、しなやかで不敵で、きっと彼女ならマイロードを満足させてあげられる。
でも、私は、何も……出来ていないのだ。

「アレや、積極的にいかんと、思いはかなわんでー」
「あう、でもその私は、何にも……」
「そーいうの見る子じゃないやろ、はーちゃんは」

知っている、分かっている。
自分の身を案じてくれた事は。
絶対に勝たなきゃいけない状況な事も。

「知ってますよそんなの……」

ひざを抱えて、私は思考の渦に沈む事しか、出来なかった。

徒然続く、そんな話。 第七節
彼女の陰鬱。 節終


続く  戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー