メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの、白い刃を持った同類の少女。
ただ、違うのは、彼女は強い。
そして、自分の中のパルスが、沸き立つ。
―――ああ、私は武装神姫なんだなと、思った瞬間である。


ちゅんちゅんちゅん
冬は過ぎ、春が来たと言うのに…………まだ寒い、そんな三月手前の日。

「ん……んうう?」
どれどれ……まだ寝ておるな、ふふ
「……?」
ふむ、やはり夜討ち朝駆けは基本だな、どれどれ。

さわ、とこう、暖かい感触が、なんと言うか。
「うおっ!?」
寸前で目を覚まし、慌てて頭を振る。
「……ち、起きおったか」
「ディス……なにしてんの?」
ズボンは下げられて、こー、危険一歩手前、というか、まあ、朝の元気の象徴が。
「――――神姫たるもの、朝の奉仕は基本だろう?」
艶かしく、舌をちろ、と魅せる。
「……勘弁してくれ」
流石に前屈み、仕事前に精力抜かれたらたまらん。
「―――残念じゃな」
ふ、っと笑う、ディス……ってこー上目で見るなこー欲しそうにっ、あー、あー!?
「天国に、連れて行ってやるぞえ?」
ちょっと、揺れた、というか更に危険領域にっ!?
「―――」
殺気、つーか、ピンチ!?、助けてピンチクラッシャー!?
何見てるつーかいつの間にか起きたんですか碧鈴さん!?
尻尾立ってるし、こー、なんだ……髪の毛逆立ってるっていうかこー!?
「マイロード」
爽やかで、朝の起きるときに相応しい、優しい声
「は、はひ」
即答且つ、瞬時に背中を正す。
「…………天国へ行きましょうか?」
砲莱向けながら言わないでくださいっつーかだんだんと近寄らないでー……って、え?
「……」
凍ってる、碧鈴さん……。
「……ふふふ」
笑っている、ディス。
「ん?」
……えーっと、まあ、なんだ、原因は朝で寝起きで、そしてそのまま起立なんてしてたから――――

「―――せ、せいよくのごんげっこのへんたいすけべしんきになによくじょうしてるんですかこのどへんたい
ぽるのやろういいかげんにしてくださいもうだいたいじゅんじょからいえばでぃすよりわたしがさきというか
わたしもまいろーどがのぞみならいくらでもというかこれじゅうはちきんれーといいんですかいいんですなら
いろいろされるのもやぶさかじゃないですというかむしろしてくださいというか」
と、真っ赤な顔でぶつぶつという碧鈴。
「???」
正直、わけがわかりません。
「……碧鈴、本心までだだ漏れだぞ」
ディスは、どーやら聞き取ったらしい。
「―――」
ぼふん、っと顔を真っ赤にした、碧鈴は
「―――きっ、記憶を失えっ、まいろーどっ!?」
周囲に、大量の影……これは、ぷちマスィーンズ、うちにいるのは24体。
「24体……セット、一斉射撃……ファイエル!!」



職場の仕事を終え……取りあえずエルゴへ、ディスの顔見世もしないとな、と。
……あ、れ?

「有難うございましたー」
なんで、俺、爽やかに、店員さんしてるん、だろ。
「……あむあむ」
碧鈴はもしゃもしゃ、と頭の上でポテチ一袋を貪っている、機嫌よく、尻尾を振って。
買収されたな……。

いきなり先輩に、ちょっと店換わってくれって言われてやってみれば―――はぁ
……まあ……それが「G」の仕事ならしょーがない。
とらぶった時には力になるのが俺の仕事だ。
「どないしはったん、はーちゃん」
「ちゃん言うなラスト」
「この体のときは、凛奈って呼んでくれいうたろ?」
耳を引っ張られる、いだだだ……こいつは、Dフォースのラスト。
現在は「人型なんとか」に入ってるらしいが興味はない、というかまあ、別になんとも……
俺の厄介な上役様の一人、というかぶっちゃけ、Dの面々のぱしりの俺は立場が弱い。

「……で、凛奈さん、どしたの?」
「んー、ちいとな、働いてる若人に、お礼っちゅーやつや」
手には缶コーヒーがほかほかと湯気を立てて。
「あ、ありがとうございます」
ふう、と客も引いて、ひと段落ついた時なので、ありがたく口をつける。
「ぶううっ!?」
「ん、どしたー、乙女の入れたコーヒーが飲めへんかー?」
「……何入れました?」
「んー、そやねえ、マムシドリンクとか、本当は夏はんに使って後押ししよーかと思うてたんやけど」
ん?……彼女でもいるのかなあ、先輩さん。
「……そっちに、D-ソード、行ってるやろ?」
あ……ああ……なるほど、秋奈さんカスタムしてたんだから
D、として使う気だったのを、俺に?
「まあ、今はディス、ですけど」
「……折角なんで暴走させて碧ちゃんと一緒に食べたらおいしそうかなぁ、と」
「怒りますよ?」
苦笑、この人はいたずら好きだ、知っているが性質が悪い。
「あはは、じょーだんや、疲れきった顔してるから、栄養ドリンク」
「……はあ、まあ助かりますけど……」
「マイロード」
碧鈴が、頭をの毛を引っ張る。
「ん、どうした?」
「……子供のないている声が」
「らじゃ、ラsじゃない、凛奈さん、ここ、任せます」
「了解~」

碧鈴の指示で、二階のバトルスペースへ
「……うわぁ、あ、やだ、やめてよぉ」
どうやら、子供を泣かすやつが居るようだ。
「へっへっへ、しょっぱいパーツ使ってるぜ、全くよお」
「仕方がナイでゴザルよ、餓鬼でゴザル」
あー、癇に障る声だ、こーいうの嫌い。
「何してるんだ?」
その辺に居た子供に聞く。
どうやら、こー、バトルロイヤルで力任せにサード上位の二人組みが、下位の始めたばかりの子を嬲っているらしい。
「ほら、ほら、逃げないと死ぬでゴザルよー?」
眼鏡を掛けた肥満体の男の操るアーンヴァルが足を打ち抜き。
「……あぁ?、ほらほら、舐めてるのか、ああ?」
茶髪を逆立てたモヒカンのストラーフが、相手の腕を、もぎ取る。

――――見ちゃ居られん。
正義でもないが悪でもないが。
―――これは、見ちゃおれん、だが全く戦闘訓練の無い、碧鈴を連れて行くには、と思った瞬間。

「儂を呼んだか、主?」

白い悪魔が、囁いた。


徒然続く、そんな話。 第六節
彼の理由、私の理由。 節終

続く  戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー