メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

働いた“妹”の、心意気に触れて




“鬼の霍乱”という言葉の通り、誰しも意外な行動を見せる事がある。
私・槇野晶とて、それは例外ではない。まあ、その……なんだ、有無。
なんとも情けない事だが、数年ぶりに風邪を引いてしまったのである。
かといって、店を空けるわけにも行かない。これでも一応、客商売だ。

「こほ、こほっ……店はどうなっている、葵……っと、客が来たか」
「いらっしゃいませですの、中野さん♪今日はマイスターの代役で」
「お、アルバイトの……あ、あー。君ら名前が紛らわしいからなぁ」

時刻は既に夕方。こっそり寝床を抜け出して様子を見に来た所で、
丁度接客を始めたロッテのHVIF……葵の姿を見る事となった。
今日がロッテの“当番日”だったのは、病床の私にとって幸運だ。
たまに店番をロッテに頼むが、今日は葵に一日中頼む事が出来た。
一番私との付き合いが長い故に、業務は大抵こなせる。だが……。

「葵ですの。晶お姉ちゃんの三女!……それで、第四弾の事ですの?」
「ああ、うんうん。ロッテちゃんに伝言頼んだんだけど、神姫だしね」
「……ですね、“神姫の店番”がちょっぴり不安なのは分かりますの」

今の常連客・“バーコードの”中野との会話通り、神姫が一般店舗の
店番をし、決済までこなすという状況に抵抗感を持つ人はまだ多い。
私の必死の説得とロッテの人柄により、常連は大抵黙認してくれる。
そう……黙認だな。公然と認めづらく感じる人間の方が、多数派だ。
流石に面と向かって言い放つ愚か者が居なくとも、真相は変わらん。

「うん。ロッテちゃんは真面目で良い娘だけどねぇ、葵ちゃんみたいに」
「そ、そんな褒めないで下さいですの!ロッテさんだって、困りますよ」
「ははは。まあおじさんのジョークだよ、ジョーク。で、第四弾ある?」

だがロッテは己の置かれた状況をよく理解している。それ故にこそ
店番中に訪れる常連には、極力誠実を以て応える。神姫であっても
信用があれば取引出来ると証明する為に。だが、限界は存在した。
神姫達が“独自性”を持つとは言え、人間には心理的な壁がある。
その点HVIFは、現在“垣根を取り払う”役割を果たしている。

「第四弾の内二つはハイブリッド生体パーツを利用したタイプですの」
「そうらしいねぇ。なんでも、華と種なんだってね?で、もう一つが」
「精密砲撃に強いフォートブラッグタイプですの。売れてますよっ♪」
「ああ、これこれ!まずはこれが欲しかったんだよ、何処も品切れで」

本来なら“肉の躯”が無くとも、この様に商談が出来ればいいのだが……
流石にその様な変革を全員に求めるには、未だ人類は幼いと言えるのだ。
故にこそフェレンツェめがこの様な物を作り、私が実験に協力している。
とは言え人間と寸分違わぬ姿をしていても、葵の本質は“神姫”である。
……正体を中野が知った時、今と同じ様に気軽な商談が出来るかどうか。

「じゃあ、これとこれとこれ……素体は、一人分でいいや。お勘定ッ」
「毎度有り難うございますですの~♪お値段は──────円ですの」
「電子決済でお願い……ロッテちゃんにはこれで何時も頼むんだけど」
「それは大丈夫ですの、わたしも手順はしっかり覚えていますから♪」

実に嘆かわしい限りではあるが、急速な改革が出来る問題でもない。
神姫を扱う側として、今は誠意あるオーナーを増やすしかないのだ。
何時かもっと大胆且つ能動的なアクションをしてみたい物だが……。

「それじゃあこれで帰るか、女房煩いし。マイスターに宜しくね」
「はい、申し伝えておきますの。有り難うございましたですの♪」
「はーい……それにしてもあの娘、ロッテちゃんに雰囲気が……」

……中野め、伊達にこの店に通い詰めている訳では無さそうだな……。
気付かれる事はないと思うが、こういう局面は何時でもヒヤヒヤする。
さて、客足も減った様だし寝床に戻るとしようか……しまったっ!?!
──────思った時には、既に実行しているッ!地下に響く轟音ッ!

「きゃうっ!?……く、痛ぁ~っ……」
「ふぇ?お、お姉ちゃんなんでっ!?」

迂闊だった。纏っていた毛布に足を取られ、私は倒れてしまった。
階段を無様に転げ落ち、下階の床に突っ伏す羽目となってしまう。
幸い精密機器の眼鏡は外していたし、毛布の御陰で怪我もないが。
なんとも見られたくない姿を、葵に見せてしまった……無念、だ。

「葵がちゃんと店番出来ているか、見たくなって起きた……ケホッ」
「ダメですの!お姉ちゃんの躯はHVIFと大差ないんですから!」
「葵お姉ちゃん、マイスターが布団に居ない……って居たんだよッ」
「マイスター何してるんですかッ!あんな熱あったのに、もう!?」

咳き込んだ所で、充電から目覚めたアルマとクララにも見つかった。
直後アルマは力強く、私の口に体温計をねじ込む。測定はクララだ。
乾いた電子音が数分ほどして鳴り響き、体温を示した……いかんな。

「38.4度……マイスターは普段体温高いけど、これは異状」
「体格の所為もあって、体温が高いですからねマイスターって」
「アルマ、変な事を言うんじゃない!……ケホケホケホッ!!」
「ああもう!ほらお姉ちゃん、ベッドに運びますの……んしょ」

深く咳き込み倒れ伏す私を、葵が躯の全面で抱きかかえ運んでいく。
……ちょっと待て、これは俗に言う“お姫様抱っこ”ではないか!?
熱っぽさもある所為か、彼女の仄かな体温が優しく感じられる……!
アルマとクララの、駆動系の放熱も感じられるが……やはり暖かい。

「あ、あの!?その、えっと……あのな?葵ッ……えっと」

普段有りえない状況故か、或いは不安に満ちた為か。言葉が出ない。
病気の人間を運ぶのは、“殻の躯”では為しえぬ事の極北だからな。
こんな事で報告要素をゲットするのは、なんとも情けない話だが……
でも今だけは、彼女らの厚意に甘えようと思う。それが私の義務だ。

「す、すまないな葵。いつもいつも世話を掛けて……アルマとクララも」
「何言ってるんですのおとっつぁん、ですの♪大事なお姉ちゃんですし」
「そう、大事なマイスターだから。病気の時はじっとしててほしいもん」
「本当にダウンしちゃったら、皆心配しちゃいますよ?ホントにもうッ」

──────姿形が違っても、誰かを思う“心”は変わらないよね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー