メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そのに「回顧録・一」


 僕がのティキを所有する事になってから、日はまだ浅い。
 今僕と共にある武装神姫――ティキは、元々亡父の物。言わば形見だ。
 つまり僕は自分の神姫と付き合っていく上で、ティキを一から育てると言うメリットを放棄させられたワケだ。
 ……なんて言うか、つまりはそういう事。どんな原理か原因かはわからないけど、あの時ティキは『死ななかった』。
 だから手探りで半ば完成されたティキというパーソナリティーを理解していくと言うデメリットだけを負わされた事にもなる。
 そういえば、登録の件でメーカーに連絡したときも大変だったっけ。



 あの時僕はただ泣く事しか出来なかった。
 泣く事で、頭と心を支配していた悲しみを埋める事しか出来なかった。
 だから、すぐ側で泣いているその小さな存在に気付いて、とても驚いた。
 そこには動かないはずの神姫が、ティキが居たんだから。
「な……なんで?」
 僕のその言葉はティキが動いている事に対する問いかけだったけど。
「ティキが悲しいのと同じくらい、もしかしたらそれ以上に、雪那さんも悲しいはずなのですよぉ~」
 ティキからの答えはそんな次元を大きく飛び越していて。
 だからそんな野暮な事を聞くのはやめにした。



 その場は確かに二人して泣いてれば良かったんだけど……
 実際、問題はそれだけじゃ片付かない。
「とにかく、まずはティキの現状をどうにかしないと」
「雪那さんがオーナーになってくれればいいのではないのですかぁ?」
「えーっと、それは……」
 メーカーがこんな事態を想定していない以上、おいそれとそれを認めて言い訳もなく。
 なにより僕はそれまで自分の中にあるオタク気質というものを一切否定して暮らしていたのだ。だから、『武装神姫を所有する』=オタクという図式に自分が組み込まれることに躊躇し、しぶっていた。
 いや、そんな事言ってる場合じゃないのは解ってるけど……だって、ねえ? オタクである事を隠している人になら、あるいは共感してもらえるかなぁ……と。
「ダメなのですかぁ?」
「えーと、どうだろう?」
 とりあえずそこは曖昧にしておこう。
 先にメーカー側に問い合わせる事から始める。
 ただの先送りだけど。
 で、メーカーに問い合わせた所、それこそこのケースは異常事態らしいと判明。
 その時僕は無知にして当然知らなかった訳だけど、一時期ネット上で流れていた音声ファイルの『眠り続ける神姫』の話。アレの更に先を行く事態とか何とか。
 で、なんだか解らないうちに、話がでかくなっていって。電話の向こうでは上を下への大騒ぎ。
 結局どうなったのか解らないうちに、とりあえず、断定的に所有権の譲渡が行われてしまった。
 理解できたのは、ティキが『死ななかった』件については他言無用との事と、データの収集のために出来るだけ普通に神姫に接して欲しいという事。そして定期的な検診を受ける事を言い含められたという事実。
 なんだか本当に大事じゃないか?
 でも、当のティキといえば、
「これから宜しくなのですよぉ♪」
 こんな調子だった。



 そんなこんなで。
 ともかくティキのオーナーになった僕は少しでも彼女を理解したいと、そんなわけだ。 それを少しでも簡単にと(愚かにも)思った僕は、親父の書斎へと向かう。
 ……冷静に考えれば、こんな考え方だから僕は振られたのだろうか?
 それはそれとして、親父はマメな人物でもあったから、もしかしたらPCに痕跡ぐらいは残ってるだろうと当たりを付け起動させる。
 果たしてそこには『日記』と記されたフォルダが残されていた。
 ……痕跡どころじゃねーよ。そのものだよ。
 ともあれ、僕はそのファイルを開く。



○月○日
 この日俺はついに武装神姫に手を出してしまった。
 こんな事家族に言ったらもしかしたら妻は離婚を言い出すかもしれない。
 息子に言ったなら、俺は軽蔑され、冷たい視線を受ける事になるだろう。
 でも、お義父さんの神姫を見ていたら、どうしようもなく、たまらなく羨ましくなったのだ。それはもう仕方が無い事なのだ。
 俺は食事、団欒の後、なるべく自然に書斎へ戻ると、逸る心を抑えられずすぐさま神姫のパッケージに手をつけた。
 MMS TYPE CAT『猫爪』。
 俺は焦りながらも慎重に、とにかく家族に気付かれない様、細心の注意を払って開けてゆく。
 そこには夢にまで見た神姫が、眠るようにいた。
 俺は早速神姫を起動させる。
 それには様々なプロセスを必要とするが、今ここで書いても意味は無い、な。
 とにかく一通りの手順を踏み、彼女は起動した。
 始めに何かしら説明を話し始め、その後彼女はおもむろに俺に言った。
「固体名と、オーナー呼称を登録してほしいですよぉ♪」
 ……この子は何で歌うように喋るのか? お義父さんの所の娘達は普通に話していたのに???
「どうしたのですかぁ?」
 にっこりと笑って俺を見る。と言うよりそんなものを登録するという事実をすっかり忘れていた。
「……あーすまん。チョット待ってくれ。考える。」
「ハイですぅ♪」
 目の前の神姫はそういうとその場でぺたりと座った。
 あーかわいいなぁ。……いや、そうじゃない、考えよう。
 どうせなら変わったのが良いな。でも名前は変すぎても可哀想だ。と、俺が頭を捻っている間も彼女は俺をジッと見つめている。……愛らしいなあ。
 はた、とそこで思いつく。
「オーナー呼称の方、先でも良いかな? 『旦那さん』と呼んでくれ」
「『旦那さん』ですねぇ♪ ……登録したですよぉ♪」
 そういうと彼女は「旦那さん、旦那さんですぅ☆」と何度も言って机の上をピョンピョンと跳ね回った。
 そんな彼女を見ていると微笑ましくなる。……正直に言えば、ニヤニヤしている自分を自覚する。
 そんな彼女の様子を目で追いながら、俺は名前を考えていた。



「ダメ大人じゃねーかよ!!」
 僕はただただ、PCの前で突っ伏した。なんだか日記も妙に読まれる事を意識した書き方だし。
 ……なんだか読むのが億劫になってきたな。続き読むのよそうかな。
 でも、それでも戦慄した一つの事実。
 ……確実に僕にもこの親父の血が流れていると実感した事。
 つまり、最初はなし崩しだったとしても、今はそうじゃないって事。

終える / もどる / つづく!




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー