メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モンスターバスターズ・後編 ※注意!18禁です!




「ところでお兄ちゃん」
「ん?なんだユキ?」
観奈ちゃんを送り届けて戻ってきてユキが言った
「なんであのビリビリ、私にはなんともなかったの?」
「ああ、それか。その服のおかげだよ」
ユキに渡したヒラヒラ付き棒は、警察等で使う対神姫用捕縛装置なのであった
そして巫女服は、それを遮断する為の防護服だったりする
「でもなんで巫女さんなの?」
「三都衣の趣味」
「…納得」
「まぁ事件も解決したし、寝るとする…う…」
「…!どうしたのお兄ちゃん!」
「ぐあ…なんか…オバケに…」
「え?でもオバケってミチルちゃんだったじゃない!」
「ユキ…お払いを…頼む…」
「え?でもどうやって?」
ユキの言葉を聞き、ゴロンと仰向けにある俺
「俺の上に乗って…」
「うん!」
「右手で棒を持って」
「こう?」
「…左ででスカートを上げて」
「こうかな…ん?」
いわれるままにスカートまであげてしまったユキ
「悪霊退散って」
「もしもしお兄ちゃん?」
ぷにぷに
「…なんでスカートの中をつつく…あん…」
「…ユキ…俺のモノに悪霊が取り憑いたんだ…お払いを頼む…」
ユキの下着越しに秘部を攻めながらお払いをお願いする
「あん…お兄ちゃん…おどかさないで…あんっ!…」
「早くしないと…大変な事に…」
そういってもう一方の手でユキの胸元を開く
可愛い胸が丸見えになる
「あっ…ダメッ…」
胸に愛撫を加える
「はぁ…ユキ…早く…」
「そんな事いっても…んっ…」
下着越しに攻めていた指を動かし、下着も剥ぐ。そして秘部に直に触れる
「ほら、はやくしないとユキも…」
「はうう…分かったよ…」
刺激されながらもなんとか俺の股間へと移動するユキ
ガチャ…ジー…
俺の怒張したモノを取り出すユキ
その間も秘部や胸、さらには腰やお尻にまで愛撫の範囲を広げていく俺…に憑いた悪霊
「はうう…悪霊…退散…あうっ…」
愛撫され感じながらも俺のモノ撫で始めるユキ
「うおっ…きもちいい…」
さらにモノに抱きつき、体を上下に揺すり始めた
「はう…悪霊退散…悪霊…んあ…退散…」
ユキの胸と腕が、カリに引っ掛かりとても気持ちいい…
「うん…うむっ…れろ…れろ…」
さらに先端をついばんだり、舐めたり…
巫女服はすっかりはだけ、うっとりとした目でモノにすがりつき奉仕するユキは、とても淫靡だ…
その視覚と触覚の刺激に俺の興奮もあがってゆく
くっ…このままでは…
ユキの秘部とお尻への愛撫を強め、反撃をする
「ん…ああん…あうっ…」
身をよじらせ、快楽に悶えるユキ
その動きでこっちもさらに気持ちよくなる
…しまった、これじゃ逆効果だ…
「ん…れろ…どう?悪霊さん…もう…ダメ…?」
「くっ…もう…ダメだ…」
「んふ…それじゃあ…悪霊…退散!」
最後にぐっと身をよじり、俺のモノへトドメの刺激を与えるユキ
「ん!くうぅ!でるっ!でるうっ!」
最後の抵抗に、ユキへの刺激を強くした
「あうっ!ああ~~~~~~!」
どぴゅっ!どぴゅっ!どぴゅっ!…
ピンと背筋を伸ばし達したユキに、精液が降り注ぐ…
ぴゅっ…ぴゅっ…ぴゅっ……ぴゅっ………ぴゅっ…………
「はぁ…はぁ…はぁ…」
「ん…はう…ああ…はうう…あ…」
「どうしたユキ?」
「…まだ、悪霊が残ってる…れろ…」
「うおう!」
「んふふ…悪霊…退散…」
しゅっしゅっしゅっ…
「おううっ!」
ユキの『お払い』はまだまだ終わりそうにない…

俺に憑いた悪霊は払われたのは、その後4回程出すまでかかった…



「御免なさいなのじゃ…」
「御免なさいなのだ…」
翌日、観奈ちゃんとミチルは、警備の人と部長に謝って回った
「…しかし香田瀬、よく犯人がミチルちゃんだって分かったな」
「まぁ、ウチのセキュリティに反応しなかったのと、一瞬だけ白い影が見えたのがね」
「…なるほどね、翼が見えたのか」
「本気で動かれてたら、見えなかっただろうけど。相手が人間だったのと、電力消費を押さえていたからギリギリ見えたんだろうな」
「だな、ミラコロまで起動されてたら、全く見えなかっただろうな」
こう考えると恐ろしいヤツだな、ミチルって…
「それはそうと健四郎」
ミチルが話しかけてきた
「ん?なんだ?」
「昨日の『お払い』、ちゃんと出来たのか?」
「ぶっ!」
見てたのか?見てたのかミチルさん…
「なんなら…今度あたしも…観奈にはナイショで…『お払い』してやってもいいのだ…」
頬を染め、モジモジしながら言うミチル…
う、コイツこんなに可愛かったっけ…?
「でも…俺にはユキが…」
「あ…あはは…冗談なのだー!本気にするな!」
いつもの調子に戻って言うちるちる
「ちるちるいうなー!」
やっぱコイツの考えてる事はわからん…
「…事件も…解決して…めでたしめでたしです…ぱちぱち…」
「で、健四郎様、お払いってなんでございますの?」
「わー!花乃ちゃんまで!」
会社中に、俺の絶叫が木霊した…



あとがき
やっぱ観奈ちゃんのエロはヤバイよね(←犯罪です)
え?ミチルはどうなのかって?
彼女はユキ達よりもずっと年上ですよ




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー