メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あ、あの…私たちも、チョコレート…作ったんです。あの、食べてください…」
「兄ちゃん兄ちゃん!たまも作ったんだよー!甘くておいしいよ!食べて食べて!」
そう、今日はバレンタイン。私、ぽちもお兄ちゃんに無事チョコをプレゼントできました。
…ちゃんと味わって食べてくださいね?

――――――――――――――――――――

「姉ちゃん、姉ちゃん、ばれんたいんてなぁに?なんでチョコ作るの?」
お兄ちゃんがいつも通り学校に行った後、妹のたまを連れて台所に行きます。
今日はバレンタインなのでお兄ちゃんにチョコを作ってプレゼントしてみようとおもいます。
「バレンタインって言うのはね、大好きな人にチョコレートをあげて想いを伝える日なの。一緒にお兄ちゃんにチョコを作りましょう」
「おー、たまもお兄ちゃん大好きだからチョコ作るよー!」
というわけでたまも一緒にチョコ作り。湯煎で溶かして、型に入れて。ちゃんと失敗なく作れました。
冷蔵庫で冷え固まったチョコを見て満足です。包装も準備してあるし、あとはお兄ちゃんが帰ってくるのを待つだけ…
「ただいまー!」
あ、お兄ちゃんが帰ってきました。たまと一緒にお出迎えです。
…あれ?
「こんにちは~、ぽちちゃん、たまちゃん」
「こ…ぁ…こんにち、ゎ…」
お兄ちゃんの後ろから桃さんとアイカさん。これじゃすぐには渡せないですね。まぁ、お友達が遊びに来るのも楽しくて好きです。
「こんにちは!今日は遊びに来られたんですか?」
「おー!桃ちゃんとアイカちゃんだー!こんにちはー!」
「あぁ、ちょっと用があるらしくて来てもらったんだ。ま、上がりなよ」
そう言って居間のソファに向かうお兄ちゃん。桃さんも後を追います。
「で、間宮、用ってなんだったの?」
「うん、あのね~バレンタインだからチョコ作って来たの~」
え!?桃さんもなんですか!?桃さんもお兄ちゃんのこと好きだったんですか…?
「え!いいのか?悪いな、わざわざ作ってくれたりして!いやぁ、バレンタインにチョコなんて久しぶりだなぁ、ありがとな」
なんでそんなにデレデレしてるんですか?うぅ…なんだか…
「お兄ちゃん…ぅえぇん…」
気付いたときには泣いちゃったみたいです…恥ずかしいからお部屋に走って行って…
なんだかお兄ちゃん達が話してるのが聞こえます。
あれ?こっちに誰か…
「ぽち!」
バタン!とドアを開けて入ってきたのはお兄ちゃんでした。
「ごめんな、俺お前の事考えてやれてなかったよな…」
お兄ちゃんが体育座りで泣いてた私を撫でてくれました。
「…ぐすっ、違うんです、悪いのは私です…勝手に桃さんに嫉妬して、お兄ちゃんがデレデレしてて、淋しくて、ふぇ…」
また泣いちゃいました。でも、お兄ちゃんは私を抱き上げて頭を撫でてくれました。

そのまま5分か10分か…泣いて…
「じゃ、居間行こうか。みんな心配してるよ」
「はい、あの…ありがとう…」
そう言ってお兄ちゃんと2人で居間に戻りました。すると桃さんが、
「なんだかごめんね、ぽちちゃん。でもね、私のお友達チョコだから心配しなくても大丈夫だよ~」
そう言ってくれました。なんだ、私の早とちりだったんですね。そうわかったら恥ずかしくてなんだか顔が赤くなっていくのが自分でもわかりました。
たまもニヤニヤしながら見てるし。うぅ。

それから桃さんはいわゆる"友チョコ"を私とたまにもくれました。あ、このチョコ作るのアイカさんも手伝ったらしいです。
その後少しお話してから桃さん達が帰るのを見送ってから、私はお兄ちゃんに居間にいてくれるようお願いして、たまとチョコを取りに行きました。
「兄ちゃん喜んでくれるといーねー!」
「喜んでくれるよ、私たちの、その…愛が詰まってるんだもの!」
言ってちょっと恥ずかしかったです。
いろいろあったけど、やっと私たちのチョコレートをプレゼント。

「あ、あの…私たちも、チョコレート…作ったんです。あの、食べてください…」
「兄ちゃん兄ちゃん!たまも作ったんだよー!甘くておいしいよ!食べて食べて!」
そう、今日はバレンタイン。私、ぽちもお兄ちゃんに無事チョコをプレゼントできました。
…ちゃんと味わって食べてくださいね?




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー