メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その名はシュートレイ 後編



ついに決勝戦開始の時間になった。シュートレイとヨツンへイムはリングフィールドの前で顔をあわせ、お互いに見つめていた。
 「あなたがヤイバを敗ったシュートレイね」
 「ヨツンへイム、私は力の限り闘います。そのためにここまで勝ち登ってきたのですから」
 その思いは恒一も同じだった。無名の選手が実力でここまで勝ち進んだのだ、今更後へは退けるわけがない。目指すのは唯一つ、優勝だけだ。恒一は覚悟を決めた。
 「シュートレイ、今までの訓練やデータを思い出してみろ。お前は一生懸命がんばってきた。その頑張りがあればヨツンへイムに勝てるはずだ」
 「分かっています。ここまで来たなら、全力で立ち向かっていくだけです。がんばって勝利をつかみましょう」
 二人の会話を聞いていたのか、反対側に座っている森芳治が話しかけてきた。
 「大会の経験がないというのにここまで勝ち残るとは、私も驚いているよ。ここは神聖なフィールドだ、お互い全力を尽くして戦おうじゃないか」
 やけに気のいい態度だな。恒一は彼の意外な一面をみて驚いていた。
 「そうだな、がんばろうぜ」
 いよいよ制限時間が一杯になった。それぞれのオーナーはヘッドセットをつけ、試合の体制に入った。
 「それでは決勝戦、森芳治&ヨツンへイムvs木野恒一&シュートレイの試合を始めます。お互いの神姫をフィールドサイドに立たせてください」
 お互いの神姫をフィールドサイドに立たせ、試合開始の合図をじっと待つ。それが神姫とオーナーにとって緊張がピークになるときである。
 ピーッ。試合開始の合図が鳴った。その瞬間、二人の神姫が火花を散らした。
 「頑張れシュートレイ、今までの特訓の成果を見せるんだ!!」
 必死にフォローする恒一。だが、芳治の方は無表情のまま静かに試合を見ていた。
 『なんだ、この余裕ある態度は。まるで楽勝できるような感じじゃないか』
 彼の表情を見て、恒一は一瞬不安を感じてしまった。しかしそれはすぐに消えた。自分には叶えたい夢がある。そう思ったとき不安は霧のように消えたのだ。
 「シュートレイ、中距離で攻撃するんだ。あいつはヤイバと同じ接近戦タイプだ。距離を置けばダメージは少なくなるはずだ」
 シュートレイは無言で頷くと、後方にジャンプしてマシンガンでヨツンに攻撃を仕掛けた。
 「なるほど、距離を置いて攻撃してきたか。それならこちらにも考えがある」
 芳治は射出口から武器を射出した。ヨツンはそれを受け取り、シュートレイにそれを向けた。
 「な、何だあの長い槍は?」
 それはヨツンの身長よりも長い大型のスピアであった。それを使って攻撃するつもりなんだろう。
 「必殺の電磁ランス、とくと味わうがいい!!」
 芳治の号令を受けて、ヨツンが電磁ランスでシュートレイを攻撃した。シュートレイはその電撃を避けようとしたが、間に合わなかった。
 「あああああっ!!」
 ランスから放たれた電撃でダメージを受けてしまうシュートレイは、リングサイドに倒れてしまった。そしてカウントが始まった。
 「ワン、ツー、スリー…」
 『このまま倒れた方がいいかもしれない。でも約束したんです、精一杯頑張って優勝するんだって…』
 傷つきながらもシュートレイはヨロヨロと立ち上がった。
 「電撃を受けても立ち上がるとは…、それでこそ我がライバルにふさわしい!」
 立ち上がったシュートレイに剣を抜いて襲い掛かるヨツンヘイム。シュートレイは腰のヒートナイフを抜いて立ち向かった。
 「止めろシュートレイ、この装備じゃ勝ち目はないぞ」
 恒一はとっさにガンクルーザーを出撃させた。
 「支援マシンか、だがそんなものこうしてくれる!」
 芳治はヨツンに電磁ランスでガンクルーザーのエンジン部を攻撃するよう命令した。
 「しまった、避けろクルーザー!!」
 恒一はクルーザーに指示を出したが、避ける寸前に片方のスラスターをランスで破壊されてしまった。
 「これでパワーアップは出来まい!」
 片方のスラスターを破損し、その場に鎮座してしまったクルーザーに、ヨツンはしつこく攻撃を仕掛けた。おそらくクルーザーを完全に破壊するつもりなのだろう。
 「ああっ、クルーザーが!」
 「落ち着けシュートレイ、今があいつを攻撃するチャンスなんだぞ!あいつがクルーザーを攻撃している間に後ろに回りこむんだ!!」
 動揺しながらも恒一の指示に従うシュートレイは、後ろに回りこんでマシンガンで攻撃を仕掛けた。
 「ふん、そんな行動は解りきっていた事だ。ヨツン、マシンの攻撃を止めて接近戦に入れ」
 「はい主君」
 芳治の命令を聞いたヨツンはランスを放し、そのまま腰の剣を抜いてシュートレイに斬りかかった。
 「そうきたか。シュートレイ、あいつのことは無視してクルーザーの装備を取りにいくんだ。このままの装備じゃあいつに太刀打ちできない」
 シュートレイは無言で頷くと、高くジャンプしてクルーザーに飛び乗った。そしてクルーザーにある装備を装着した。
 「いかん、ランスでマシンごと攻撃するんだ!」
 芳治はヨツンに攻撃命令を出した。ヨツンはランスを手に取ると、クルーザーに向け先端を射出した。先端はクルーザーのエンジン部に当たり、機体を破壊した。
 「シュートレイ!!」
 その直後、クルーザーは全壊し、無残な姿をさらした。しかしシュートレイの姿はそこにはなかった。
 「どこに隠れたの、あの娘は?」
 ヨツンは周りを見まわしたが、シュートレイの姿は見えなかった。
 「何をしているんだヨツン、相手は上にいるぞ!!」
 芳治の叫び声に反応して、ヨツンは上を向いた。
 「まさかあの隙を突いて飛んだというの?」
 その瞬間、シュートレイはムラサメディバイダーを構え、ヨツン目がけて突進した。
 ガキン!鈍い音がフィールド内に響いた。
 「くっ…」
 険しい表情になるヨツン。ディバイダーの切っ先はヨツンのシールドを真っ二つに切り裂き、彼女の左手甲を破壊した…。
 「どうやら私達は甘く見ていたようです。主君、このままでは…」
 痛手を負ったヨツンに、芳治は命令を下した。
 「…これ以上ダメージを負うとこちらが不利になる。ひとまず下がるんだ」
 ヨツンは無言でフィールドの端に避難した。
 「今の攻撃で相手のダメージが大きいみたいだ。反撃のチャンスは今しかない!」
 恒一はシュートレイに追撃の命令を出した。よろよろとかわすヨツンには、反撃のチャンスをつかむことさえ出来ないように見えた。
 『おかしい、いくらダメージを受けてるとはいえ、逃げてばかりいるなんて…。あいつ、どういうつもりなんだ?』
 逃げ回っているヨツンを見て、恒一は不振に思った。そしてそれは確信に変わるのだった。
 「そうか、あいつは新しい武器を取るタイミングを計ってたんだ!」
 シュートレイがヨツンに迫ろうとすると同時に、ヨツンの行動に異変が起きた。なんと彼女は急に逃げるのを止めてしまったのだ。
 「今だヨツン、アーマーをパージするんだ!!」
 「はい、主君。アーマーパージ!!」
 彼女の叫び声とともに、鎧の大部分がはじけるように外れていった。その鎧の破片はシュートレイに向かって降りそそいだ。
 「避けろシュートレイ!あいつは鎧を隠れ蓑にして武器を取りに行くつもりだ!!」
 シュートレイは恒一の命令に従い、安全な所までジャンプして破片に当たるのを回避した。しかしヨツンのいる場所を見失ってしまった。

 『どうやら考えは間違ってなかったようだな。だとすると相手がいつ攻撃するタイミングを取るのかだ』
 恒一は相手の行動パターンを予測して、指示を出した。
 「シュートレイ、すべてのフィールドを注意して見張るんだ。もしかしたら動きがあるかもしれない」
 「でもどこに隠れているのか…、あっ!」
 シュートレイは急に声を上げた。土ぼこりの中に新たな装備を装着しているヨツンの姿があるではないか。
 「やっぱりそうか、あれは新たな装備を装着するためにわざとアーマーを外したんだ。こうなったらこっちも新しい装備を出さないと勝ち目はないな」
 「新しい装備って…?クルーザーのほかにまだあるんですか?」
 「まだ試作段階だが、今使わないとこっちが負けてしまう。それで勝負に出るしかない」
 恒一は新たな装備をシュートレイ目がけて射出した。装備はキャノンとミサイルポッドがついた高機動バックパックと脚部アーマー、それと肩部アーマーだった。
 「何としてでもヨツンの動きを止めるんだ」
 「はい、隊長」
 新装備でシュートレイはヨツンに立ち向かっていった。
 「あちらも新装備で来たか。ヨツン、何としても接近戦に持ち込むんだ」
 「了解、主君」
 それぞれ新装備に換装した二人は、最後の勝負に出た。ヨツンへイムは重装備で防御を重視した接近戦型、対するシュートレイは遠距離戦を重視したタイプで、対極の装備といってもいい。だが、両者ともこれが切り札であった。
 両者が一斉に攻撃に出た。シュートレイはミサイルを発射してヨツンの鎧を破壊する行為に出た。ヨツンはこの攻撃に耐えた。
 「ヨツン、セントクルスで相手の隙を作れ」
 ヨツンはボウガンでシュートレイを狙い撃ちした。
 「シュートレイ、回避しろ!」
 矢は当たる寸前でシュートレイの身体を通り過ぎた。その隙を見て、シュートレイはハンドミサイルを連射してヨツンの背中を狙った。
 「重い鎧を着ている以上、早く動けないのは分かってるはずだ!」
 しかし芳治は不敵な笑みを浮べていた。
 「シルバーラインは伊達ではない!!」
 たしかにミサイルは全弾当たったはずだが、ヨツンの身体にはダメージはなかった。
 『なるほど、あの重装備はどんな攻撃もはじき返すのか…。だがいくら強固な装甲でも立て続けに攻撃されたらどうなるかな…!』
 恒一はシュートレイに攻撃続行の指示を下した。
 「いっけえええええええ!!」
 シュートレイはミサイルを全弾発射し、ヨツンを攻撃続けた。
 「無駄だといっているのが分からないのか!」
 ミサイルの雨を身体に受けたヨツンの鎧は傷ひとつ付いてない、かに見えた…!
 だが、次の瞬間…
 「な、何だと!?」
 ヨツンが突然立てひざを付いてしまったのだ。
 「やっぱりそうだ、いくら鎧が強固でも中の神姫にダメージがないはずがない。装備の強化に気を使ったばっかりに神姫本体に気を使わなかったのが仇になったようだな」
 いつもは冷静な芳治も、この状況を見て焦りを感じ始めていた。
 「どうしたヨツン、そんな事で倒れるお前じゃないだろう?立て、立って相手を攻撃するんだ」
 しかしヨツンの足取りはすでにふらつき、とても歩けない状態ではなかった。
 「主君…、主君のためなら、私は闘います…。みて、いて、くだ、さい…」
 ヨツンはゆっくりシュートレイのほうに歩み寄っていくが、膝の関節が壊れてしまい、膝をついてしまった。
 「わた、しは、かな、らず、勝って、みせ、ます。か、な、ら、ず…」
 そしてついにヨツンはその場に倒れてしまった…。
 「ドクターストップ!勝者、木野恒一&シュートレイ!!」
 その瞬間、シュートレイの勝利を告げるアナウンスが会場中に響いた。
 「やったのか…?俺達…」
 ヘッドセットを外した恒一は、フィールド内を見回し、倒れているヨツンと近くで立っているシュートレイを見て勝利を確信した。
 「…隊長、私たち、優勝したんですね」
 恒一の方を向いて涙を流すシュートレイ。もちろんこれは嬉し涙だ。
 「お前、よく泣くなぁ…」
 恒一も少しだけど嬉し涙を流した。











| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー