メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

手織り、羽織り、慈しみを込めて




“♪梅は咲いたか、桜はまだかいな”等という詩もあるが、暖冬傾向が
進んだ2037年現在は、冬は短い物である。東京ともなれば尚更だ。
という訳で折角の冬服も出番が多少減ってきた今日この頃である故に、
HVIFと私用の春物衣装を買い、私・槇野晶はアキバに帰ってきた。

「うむ、今日も可愛い服がいろいろあったな……今帰ったぞ、茜!」
「あっ!おかえりなさい、お姉ちゃん。うんと、えと……収穫は?」
「見てみるといい。今年の春物新作は、可愛らしくも動きやすいぞ」

最初に出迎えてくれたのは、住居フロアで編み物をしている茜だった。
そう、今日はアルマの“HVIF当番”の日なのだ。人前に出る行為を
率先して行わないアルマ……茜は、当番の日を部屋で過ごす事が多い。
無論買い物などで必要なら出かける事もあるがな。それにしても……。

「にしても茜や、お前は家庭的な事をしている雰囲気が似合うなぁ」
「ほ、ほえっ!?なっ、何を言ってるんですか、お姉ちゃんッ!?」
「いや、“姉”の私が言うのもなんだが……本当に、似合ってるぞ」

落ち着いた色合いのジャンパースカートを身につけて、毛糸と編み棒を
手に楽しそうに何かを作る、あるいはエプロンをまとって台所に立つ。
元より神姫に備わる“創造性”という物を確信する私ではあるのだが、
こうして楽しげに何かを行う茜を見ると、その実在は一層確信出来る。
HVIFの可能性を垣間見る一コマとも言えるが……それ以前にッ!!

「そ、そんなぁ……お姉ちゃんに言われると、恥ずかしいです……」
「……くぁぁぁぁーッ!?た、たまらんっ!!茜、可愛いぞッ!?」

金砂の髪を揺らし、白い頬を染めて照れる……紅蓮の眼を持った少女。
“神姫”だという意識はもちろん私の中にある。だが、だからこそッ!
“殻の躯”から“肉の躯”に転じた時のインパクトは、未だに高い!!
たまらず私は茜を抱きしめてやる……こら、貴様見るなあっち行け!?

「……マイスター、昼間からドキドキしすぎなんだよ?」
「きゃああっ!?はえ、え……い、一体いつからっ?!」
「しょうがないですの、インターフェイスですからっ♪」
「え゛!?ろ、ロッテにクララ……今まで何処にいた?」

……貴様の所為で、ロッテとクララに見つかったではないかッ!?
こほん、それはともかくだ……彼女らは“ちっちゃい物研”謹製の
洋風クレイドル……またの名を神姫ハウスだ……から、出てきた。
その両手には“フェンリル”と、“斬鋼糸”を改良した“ヘル”。
どうやら、隣にある専用トレーニングブースで特訓していた様だ。

「……いつからって、最初っからだもん。ね、ロッテお姉ちゃん」
「はいですの。マイスターが帰ってきた時から、ず~っと……♪」
「う゛、うあぁぁぁぁ……声くらい掛けてくれぬか、頼むからッ」

顔から火が出そうな程、私は真っ赤になる。茜の方は、茹で蛸も同然。
対してクララは普段通りの冷静さ、ロッテは愉快そうに微笑んでいる。
完全にしてやられた、という事か……だが、本心故どうしようもない。
だからこそ……私はそっとロッテとクララも抱き寄せて、懐に包んだ。

「マイスター?なんでわたし達まで抱きしめちゃいますの~?」
「……だって、インターフェイスの茜にだけする事ではないぞ」
「ロッテお姉ちゃん笑ってる。ひょっとしたら確信犯なんだよ」

そう言うクララも、僅かに微笑んでいる。これは……ヤキモチなのか?
“神姫の心”が人と変わらぬ物である以上、そういう感情は当然ある。
そう、HVIFを使っている茜もまたこうして、私の背中に……って!

「うわああっ!?茜何をしてるかっ、背後から、そのっ!」
「……お姉ちゃん、あたしだっているんですからね……?」

柔らかい感触を、背に覚える。“殻の躯”でも撫でたりする時は、
緊張する部位だがこう私と変わらぬサイズになってるとなぁッ!?
その後、茜を皆で宥めて離れるには三分ばかりを要した……ふぅ。

「でも、アル……じゃない、茜お姉ちゃんは帰りを待ってたんだよ」
「なんだと、クララ?何か私、忘れ物でもしていたのか……茜や?」
「え、ええっと……今日の成果を、お見せしたいなって思って……」

そう言うと茜はごそごそと紙袋から、一つの人形を取り出して来た。
それは可愛らしいクマの編みぐるみ……をくっつけた、ストラップ。
神姫の“殻の躯”では作れぬ、とは言わないが重労働なのは確かだ。
真直堂みたく、複数人の神姫で一斉に作るという訳にもいかんしな。
そう言う意味でも、HVIFの利点がまた一つ分かった。良い事だ。

「……これは、茜が作ったのか?その編み棒と毛糸を使って」
「後、市販のストラップと綿にビーズも……楽しかったです」
「ありがとうな、茜。楽しい事とはいえ、私の為になぞ……」

あ、という息を呑む音が聞こえる。私が、彼女の手に口を寄せた為だ。
流石に正面切ってキスが出来る程、私は開けっぴろげな性格ではない。
だが感謝の心は示したかった。それ故に……こういう妙な行動となる。
自分でも笑ってしまうが、誠意だけは何時でも大事にしたかったのだ。
余談だが茜の、白魚の様な指は……とても滑らかで清く、暖かかった。

「──────ま、まままま……じゃない、お姉ちゃんッ!?」
「さあ、夕食を作るぞっ!茜や、手伝ってくれぬか?その後で」
「え、ええっと……あ、そうですね、お洋服!……喜んでっ♪」

──────姿形は違っても、心通わせれば、全てが楽しいよね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー