メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『じゃ、明日行くから。見られたくないモノはちゃんと隠しておくのよ~』
電話から聞こえるのは母の声。俺は適当に返事をし、電話を切る。
電話の内容を整理してみる。つまりは母が一人暮らしの俺の家にちゃんと生活できているか平日だというのに視察に来る、ということだ。
うん、母が来るだけなら別にかまわない。見られたくないモノなんてのも特にない。問題なのは、母が連れてくる猫のボブだ。
こいつがかなり危険なヤツで、俺がまだ家で暮らしていた時に何度も俺の部屋に潜り込み、破壊活動を繰り返した悪魔なのだ。母はいつもこいつを連れ歩く割に家内などでは何をしようと放っておく。
そのため今日中にぽちやたまを守るための対策を練っておかねばならないのだ。どうしたものだろうか…

「お兄ちゃん、誰から電話ですか?」
難しい顔をして考えている俺にぽちが心配そうに声をかけてきた。
「あぁ、母さんだよ。なんか明日うちにくるらしい」
「そうなんですか、なら私も挨拶しないといけませんね」
「おー、じゃあたまも挨拶しないと、だねー!」
向こうでテレビを見ていたはずのたまもいた。こいつどんなスピードで移動してきたんだ?
「挨拶はかまわないけど、猛獣も付いてくるぞ。そうつから逃れるための対策を考えとかないとな」
「も、猛獣ですか!?それは危険です…早急に対策会議をはじめましょう!」
「じゃあ、みかん持ってくるねー」
対策会議とは大げさな。まぁ相手はあのボブだ、それくらいやる価値はあるかもしれないな。
という訳でコタツへGO。



「では基地司令、何か作戦はありますか?」
「基地司令じゃない!お兄ちゃんだ!!いや、それよりそのノリはなんなんだ?」
「いえ、少し気分を出してみようかと…」
こいついつもはおとなしいけど実はノリがいいタイプだな。さすがは俺の神姫。
まぁそれはいいとして。

「俺は、お前等をこっそり学校に連れていこうかと思っている。家に置いていくよりは安全だと思うんだ」
「おー、大胆な作戦だねー」
「でも、いいんですか?お兄ちゃんは私たちのこと学校では隠してるんじゃ…」
「何、見つからなければどうということはない。って話だ。おとなしくしてられるよな?」
「大丈夫だよー!学校行ってみたーい!」
「まぁ、それは大丈夫ですが…」
たまは大丈夫だが、ぽちが不安そうだ。でもまぁ、とりあえず明日は連れて行っても大丈夫だろう。
「大丈夫だよ、ぽち。そうそう見つかるもんじゃないから」
そうこうやって会議は終了。さてさて今日はもう寝ようかね。



そして翌日の朝。
「久しぶり、悠。元気してた?」
母がやってきた。あ、悠ってのは俺の名前な、一応。
「初めまして、お兄ちゃんにお世話になっております、ぽちという者です」
「同じく、たまだよー!」
肩からひょこっと出てきて挨拶する2人。
「あらー、可愛いわね!今流行ってる武装なんとかってヤツかしら。よろしくね、ぽちちゃん、たまちゃん」
普通の親は神姫とか見たら驚くだろうけどうちの親はこういう反応。まぁ、楽でいい。
ところでボブのヤツはどこだ?などと考えていると。
「う゛にゃぁ」
これは…ヤツだ!どこだ!?どこにいる!?いた!テレビの脇…あ!花瓶が危ない!
俺はとっさに花瓶をすくい上げ保護。まったく、いきなり危ない危ない。


それから朝食をとり、学校へ行く時間。
「気を付けて行ってくるのよ、夕飯は母さんがおいしいの作っといてあげるから」
「あぁ、行ってきます。ボブが物壊したりしないようによく見ててよ」
とは一応言っておくが多分無意味。少しの損壊は覚悟しとかないと…

ドアを開け、外へ。
「学校学校、楽しみだなー!」
「こら、静かにしてなさい!」
…内ポケットから声が聞こえてなんだか心配になってきた。

通学路はなんとかクリア。教室へ。
「おはよう、悠君」
「おーっす」
当たり前に挨拶をし、席へ着く。
今日は6時限。その間気付かれないように。大丈夫大丈夫…じゃなかった。
これを忘れていた…5時限目は体育。つまり運動用の服に着替えなければならないのだ。
着替えを置いておくのも心配だし、だからといって2人を連れて運動は厳しい。

…あ、サボればいいのか。トイレだトイレー。というわけで体育はサボります。
「委員長ー、俺腹痛いから体育休むわー」
と、委員長に伝えてトイレへ。ちなみにうちの委員長は可愛い女の子ではなく口癖が「ズバリ」みたいな男子の委員長。

「なんとか危険はかいひしたねー!」
「あぁ、なんとかな。後の授業は大丈夫だろ」
などと話していると。
「悠君?その顔出してる小さい女の子…」
見つかったぁぁぁっ!?


つづくのだろう




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー