メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  クラウ・ソナスがリーグに参加してから一月が経った。
  既に16戦目に入ったが、未だに勝ち星はついていなかった。

「ぇぅ…マス、ター……ごめんなさいっ…ひぅ」

  今日も胸ポケットで彼女は泣いていた。戦闘に慣れるために、ここ数戦同じ武器を使い続けているが、効果はまったくといっていいほどあがらない。敵の捕捉と照準補正に時間が掛かってしまい、引き金を引く前にやられるのだ。
  毎日頑張っている彼女を励まそうと、何か声をかけようと思う光矢だが、最近はそれも出来なくなってきていた。ここまで負けが積むのは珍しい、とエルゴ常連にも有名になり始めていたし、ここ3戦ほどは負けた後に声をかけると泣きが酷くなるばかりだったからだ。

  家に着きテーブルの上に彼女を置くと、光矢はため息交じりに聞いた。

「…クラウ、やっぱりリーグ出るの止める?」
「……!?」

  マスターの発言は彼女には辛いものであった。いつも戦闘の後に恐れていた言葉。負ける度、いつリーグから外されるのかと心配していた。それは彼女の存在意義を脅かすものだと思っていたからである。
  マスターはリーグに出るために神姫を購入した。しかし、負け続けていれば解雇、返品されるかもしれない。その不安がいつも彼女をおびえさせていた。

「その、毎回泣かせてるしさ。辛い思いするなら出なくても……」
「イヤです!」

  マスターの傍に居るためにはリーグに出なくてはいけない。そんな思いが彼女に反論させた。基本的に神姫はマスターを慕うようプログラムが組まれている。そして同じくマスターには従うようにも。しかし、感情回路の昂ぶりによっては規定のプログラムを無視して反抗することもある。

「わたし、頑張ります!頑張って勝ちます!だから、ここに居させてください!! それが私の購入目的だったんですよね!!」
「や、でも無理して出ることも無いよ。試合に出なくても君を捨てたりは…」
「……やです・・・」

  それっきり彼女は黙り込み、彼女用に造った個室に閉じこもり出てこなくなってしまった。

  *  *  *

「で、ヒッキーモード突入のまま出てこないと?」

  3日目に入った閉じこもりに困った光矢は、友人のFの許を訪れていた。

「まぁ、出てこないもんを無理に引っ張り出すのは、オマエがイヤだろ?」
「・・・うん」
「となるとなぁ。時間かけるしかねぇんじゃね?っと、出た出た。」

  見ると、Fのパソコンに次々とウィンドウが現れた。そこに書いてあるのは・・・

「クラウの戦績データ?」
「ハイ、暁様。勝手ながら解析を掛けさせていただきました」

  パソコンにコードで繋がれていたFの神姫、クリスが答えた。

「クラウ・ソナス様の戦績、と言うよりは 戦闘による平均スペックデータ、です」
「?」
「つまり、戦闘中の各種データを集計、整理した結果、クラウ・ソナス様の平均的なスペックを割り出したものです」

  理解できない、という表情で光矢は首をかしげ、Fに向き直った。

「で、そのスペックデータを出してどうするの?」
「・・・ちょいまて、もう少し調べてか・・・!?」
「・・・!!」

  出てきたデータを、改めて見直したFとクリスの表情が一変した。が、光矢には何が起こっているのか理解できていない。

「クリス、これ間違いじゃね~よな?」
「私のメンテナンスをサボっていないとすれば、ほぼ正しい値だと思いますが・・・」
「つったって。これはおかしくね?」
「ええ、まぁ・・・」

  なにやら二人が興奮気味に画面のウィンドウとにらめっこをしている間、置いてけぼりを喰らっている光矢は黙って待つほかなかった。

  そうしてしばらくの後、Fが光矢のことを思い出し、軽く謝罪を述べた後に言った言葉は

「オマエの神姫、未来予知でもしてるみたいだぜ?」

    ? ? ?
  いきなり何を言い出すのか。
  神姫というモノと未来予知というオカルトめいた言葉が上手くかみ合わない。

「・・・つまり、なに?」
「簡単に言うとだな・・・」

  *  *  *

  どうやらクリスの調べたデータは外側(観戦している状態)から入手できるデータだけではなかったらしい。
  神姫バトルサービスに登録すると、各種サポートが受けられるのは周知の事実だが、そのサポートを行うにあたり、本社では個体情報の保存を逐一行っているらしい。
  つまりバトルサービスに登録してある神姫は、毎回PODの中に繋がれる度にその個体情報を保存しているというのだ。
  今回クリスが調べたデータはその保存データも含めたものらしいのだが、その結果とんでもないことが判明した。

  本来『未来予知』というのは【超能力】か【経験の蓄積による推測】の二種類に分けられる。
  超能力についてはその原理が不明、またはあいまいなため、(人間ですら自由に扱えないのに)機械に組み込むことは不可能である。
  もう一つの経験は、回数を重ね、統計をとり、その結果を整理していくことで【大まかな定石】を割り出す方法である。
  この方法は機械にも可能であり、確率論という科学をプログラミングすることで実現可能である。

  しかし、問題はこの後。
  クラウ・ソナスという個体は戦闘経験が皆無に等しいにもかかわらず、相手の動きを正確にトレースしていたというデータが残っていたのだ。
  銃口の角度、弾丸の機動、相手の機動、トリガーまでの時間、反応後の射出時間と衝撃による斜線の誤差etc.
  多くの場数を踏んだはずのクリスでさえ、ここまで正確な予測は立てられないと言う。
  つまり、【異常】なのだ

  実際に発射まで行き着かなかったのは、演算速度が追いつかず、結果を出す前に攻撃受けていたためである。 
  しかし、仮に【何か】が攻撃を防いでいたら。たとえば『味方』が居たら・・・。

  *  *  *

「そこで提案なんだが」
「?」
「βテスト中の2on2に出てみたらどうだ?」


~続け~




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー