メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SHINKI/NEAR TO YOU
Phase01-2




  シュンにとってゼリスは初めての神姫だった。
  もちろん神姫のオーナーになっていなくても、世間はまさに神姫ブーム。
  興味の有無に関わらず情報は入ってくるし、ちょっと興味を持って調べればそれこそ山のように時事、伝聞があふれてくる。むしろ多種多様な情報を取捨選択する方が大変なくらいだ。
  少なくともシュンたち今どきのティーンエイジャーにとって神姫とはそれくらい身近な存在だったし、すでに神姫を持ってる友人もクラスに何人もいる。
だからシュンも漠然と「神姫ってこんなんだろうなぁ」くらいのイメージは持っていた。
  しかし、実際に神姫の――ゼリスのオーナーになってそうした想像はもろくも崩れ去った。
  少なくとも彼女にはそうした一般的な価値観や想像は当てはまらない、その事を彼はゼリスと出会ってからのこの一週間というもの、痛感させられていた。

「ごめ~ん、待った?」
  考え込むシュンの思考をふいにさえぎる能天気に明るい声。
どうやら待ち人がようやく現れたらしい。
  やれやれと頭を掻きつつ、嫌味のひとつでも言ってやろうかと顔を上げたところで彼の動きはハタと止まった。
「……どうかしたの?」
  目の前にはシュンの幼馴染である伊吹舞(イブキ マイ)が立っていた。
  今日の彼女はいつも見慣れた学校の制服姿ではなく、オシャレな私服姿だ。
見ればうっすらとメイクもしているし、髪も普段より念入りにセットされているみたいでさりげなくバレッタで止めたりしている。
なんというか……気合が入っていた。
「ふふん、どう?」
そんなシュンの様子に気がついたのか、伊吹はその場でくるりとターンするとポーズを決め、いたずらっぽい視線で彼を見つめ返してきた。悔しいがそうした仕草がばっちり決まってる。
「……あれだな。孫にも衣装ってヤツ」
「あ~、何それすっごい淡白な反応。少しは素直に褒めてくれてもいいんじゃない、シュっちゃん?」
「……その国籍不詳系のあだ名は、いい加減やめろ」
「もう~、せっかくの休日なんだからもっと明るく行こうよ! 明るくネッ?」
「……とか言いつつ関節取るな。つーかイタタタタ……痛いっつの」
「別にぃ? ただスキンシップしてる、だ・け・だ・よ?」
そう顔では笑いながら、伊吹はしっかり間接技を決めてくる。結構本気で抵抗しながらシュンは思う。
  こいつはいつもこうだ。子供の頃からこの変にアクティヴな伊吹に何度泣かされたことか知れない。さっきの私服姿を見たときは新鮮味を覚えたものだが、やっぱり全然変わってない。
というか何だか怒ってないか?
  助けを求めシュンは視線を巡らせる。その目とベンチに座るゼリスの視線とが合った。
  ゼリスはしばし見詰め返した後、興味なしといった感じで再び本に視線を落とした。
無視かよ。
  久しぶりにマジで落とされるかも知れない。
覚悟を決めるシュンに、救いの手――いや救いの声は意外なところから出てきた。
「むぎゅう……苦しいの~っ」
  ハッと気付いて伊吹が手をパッと離す。
開放された拍子に尻餅をついたジーンズの尻を払い、シュンはこの場の救い主に声を掛けた。
「助かったよ。サンキュー、ワカナ」
伊吹の胸のあたりがもぞもぞ動き、ポケットから呼ばれた相手が顔を出した。
「はふぅ~、びっくりだよ~」
「ごめんワカナ。あなたがポケットにいることつい忘れてたわ」
  伊吹の胸ポケットから出てきたのは彼女の神姫、猫型MMSのワカナだ。ワカナは頭のネコ耳をぴくぴくさせながら目を回している。
「舞ちゃんひどいよ~。ボクがぽけっとでお昼寝してるときに、カンセツワザはダメ~っ」
「ごめんごめん、次からは気をつけるから」
  伊吹は自分の頭をポカリと叩きながら「てへっ」と舌を出す。本当に反省してるのか。
「むぅ~、ボクはゴキゲンナナメだよ~」
「そんなこと言わないで、後でワカナの好きなもの買ってあげるから」
  ふくれっ面をしていたワカナがその伊吹の一言でパッと明るくなる。
「ほんとう? だから舞ちゃん大好きっ♪」
「あたしだって、ワカナのことダ~イ好きだよ♪」
  そして伊吹はワカナを抱きしめ頬ずりする。ワカナも心底嬉しそうな表情。なんというか、よく連携の取れた神姫とオーナーだ。

 シュンがやれやれといつも通りの幼馴染に呆れていると、この段階にいたってようやくゼリスも本を閉じ腰を上げた。
「全く……騒々しい方々ですね。これではおちおち本も読んでいられないではないですか」
「……嘘つけ、さっきまで完全に無視してたクセに」
  シュンの指摘に聞こえない振りをしつつ、ゼリスはジャレ合うふたりと向き合う。
「初めまして。あなた方がシュンのご学友である舞さんと、そしてワカナさんですか?」
「そうだよ~ん。へえ~、あなたが噂のシュっちゃんの武装神姫かぁ」 
「ゼリスと申します」
  そうしてゼリスはぺこりとお辞儀をした。それを見た伊吹の表情がパッと輝く。
「よろしくね、ゼリス」
  笑いかけながら伊吹は握手しようと手を差し出た。しかしゼリスは差し出された手を見つめてキョトンとしている。
「なんでしょうか?」
「何って、ゼリスちゃんはまだこういう習慣知らない? 握手よ、親愛の握手♪」
  伊吹に言われゼリスはポツリ「なるほど」と呟く。
「まずは初歩的なスキンシップという訳ですね。舞さんは優れた神姫オーナーであると伺っています。これも今日一日の私たちのコミュニケーションを良好かつ円滑に行うためのファーストステップということですね」
  ゼリスは納得顔で伊吹の手を握り返す。
「さすがです。これで今日の必要諸用品の購入も、成功が保障されたも同然ですね」
「え……えぇ、そうね……」
  洋々と話しかけるゼリスと握手を交わした終えた伊吹は、シュンのかたわらに身を寄せるとささやいた。
「なんていうか……あんたの神姫ってカワイイけど変わった娘ね」
  そのままくるっとゼリスに向き直った伊吹は「さあ、それじゃいざ出発。レッツラゴー!」と腕を振りながら、互いに挨拶をしているゼリスとワカナを連れ立って改札に向かう。
  後に残されたシュンは空を見上げながら心の中で呟いた。
  そんなの、僕が一番よく知ってるんだよ。











| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー