メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

愛澤祐太の科学の愛情

※注意!18禁です!




薄暗い会社の一室
カタカタ…
他に誰もいない閑散とした事務所でPCに向かい、黙々とデータを作っている男が一人
その傍らには15㎝程の美しい黒髪をした女の子─犬型神姫が思慮深げに佇んでいる
くぅぅぅ…、可愛らしい音がシンとした室内に響く
「…祐太、お腹空いた」
…失礼、何も考えていなかったようだ
祐太と呼ばれた男が返事をする
「っと、もうこんな時間か。なんか出前でもとるか。マイ、何が食べたい?」
「…牛丼」
マイと呼ばれた神姫がボソっと答える
「そうか、んじゃいつものトコに電話してくれ。俺は大盛りな」
「…わかった」
神姫用端末へ向かい、いつもの店へと繋ぐ
『毎度有り難うございます、牛丼の吉…あ、マイちゃん!いつも可愛いねぇ』
チェーン店の店員とは思えないフレンドリーな態度で接する相手
「…いつもの」
モニター越しにぶっきらぼうに言う彼女
『あいよ!牛丼の大盛りと神姫盛りね!スグ出るからね!』
「…よろしく」プチッ
用件を伝えると、サッサと接続を切る彼女
そして祐太の側へと行き、再びボーっとPCを眺める
彼女の視線の先にはさっきから祐太が作っている3Dモデリングデータがある
それは…男性生殖器の形をしていた
真面目な顔で男性生殖器のデータを作る男。相当に奇異な光景である
だがこれも彼の提唱する「神姫と人とのコミュニケーション」を実現する為に必要な事なのである
「…甲型?」
「そうだ。この前の香田瀬からのデータを参考にした改良型だ」
前回、彼の友人とその神姫にモニターして貰った試作ふれあいツール「No003甲型」と「No003乙型」
そのデータを解析した結果、乙型には致命的な欠陥があった事が判明した
神姫の秘部を再現し、それを元に男のモノへと刺激を加えつつ、モノからの刺激を受け止め解析し、それを神姫へと送る
この煩雑な手順ゆえに発生するデータ遅延。それが致命的であった
実際に神姫が得ている快楽と、神姫が与えている快楽とにズレが生じ、それが神姫へのストレスになってしまったのである
勿論、甲型にも同様の問題が発生している。しかしその僅かなズレを認識出来る人間はおそらく存在しない
だがわずかな差をも認識できる神姫にとって、このズレは無視出来ないモノだったのだ
「…でも甲型も性交ツールとしては不完全…」
「イタイとこ付くなぁ。だから性交ツールってのは諦めた。共同自慰ツールということにする。なまじ期待させるのがいけなかったよ」
「…一対の大人の玩具…?」
「そういうこと。道具は変わらないけど、認識が変われば気分的には変わるからな。そしてユキちゃんの不満点も暫定的に改良された試作品も既に出来ている。あとはそれの動作データが出来ればテストだ」
テスト。そう聞いてマイの頬が少し赤くなる
「…今晩?」
「イヤか?」
「…イヤじゃない…」
こういう否定の仕方は彼女の肯定のサイン。その証拠に
パタパタ…
「随分嬉しそうだな」
彼女の尻尾はちぎれんばかりに振られていた
「…いぢわる」
「俺のこと嫌いか?」
「…ものすごく、嫌いじゃない」
「…よし、終わり!後はデータを転送すれば…これでよし。あとは転送が終わるのを待つだけだ」
ピンポーン
「…御飯」
「を、丁度来たみたいだな。んじゃ貰ってくるからマイはお茶の準備を頼む」
「…わかった」
慣れた様子で食事の準備をする二人
「いただきます」
「…いただきます」
黙々と食べる二人
「…あのさ、マイ」
「…何?」
「今日、テストが終わったらそのままココに泊まるから。寝間着持ってきてあるから、テスト前に着替えておけ」
ぽっ
「…わかった」
微妙な空気が流れる…
祐太がテストを強調する時、何かを企んでいる事が多いのをマイは経験で知っている
いつもの事と半分諦めているが、もう半分は期待している自分がいることに彼女は気付いていなかった
「…ごちそうさま、先に仮眠室に行ってる…」
「おう、気を付けろよ。着替えはいつものとこに入ってるから」
そういってマイを見送る祐太の目には、妖しいものが光っていた



食事を終え、データ転送が終わったツールを抱え、マイの待つ仮眠室へとルンルン気分で向かう
「ふふっ。マイのヤツ、きっと驚いてるだろうな」
イカンイカン、これはテストだ。ただそれだけじゃなんだからちょっと盛り上げようというだけだ。
「香田瀬のクセが移ったかな…?」
等と考えているウチに、仮眠室へと着いた
「おーいマイ、あけるぞ」
ガチャリ。ドアを開け中に入る。そこには…
「…祐太、これは一体?」
「ををっ!似合ってるぞ、マイ」
「…でもコレ、寝間着じゃない」
そう、俺がマイに用意した服は寝間着なんかじゃなかった
黒をベースにあちこちに白いフリフリの付いたドレス、黒のストッキング&ガーダーベルト、そして頭には白のヘッドドレス。つまりこれは…
「…寝間着じゃなくて、メイド服」
「その通り。よく知ってたな、エライぞマイ」
文句を言いつつも、ちゃんと着てる辺り、とっても律儀だ
「…でも祐太…」
「ストップ!祐太じゃないだろ。」
首を傾げるマイ
「こーいう時は、『ご主人様』と呼びなさい」
「…」
あ、呆れてる?もしかしてマイさん呆れてらっしゃる?
「あーマイ、こういうのはキライか?」
無表情のまま答えるマイ
「…キライじゃないです、ご主人様」
パタパタ…
う~ん、正直なヤツだ
「それじゃメイドとして、ご主人様に奉仕してもらうかな」
「…解りました、ご主人様。ではそこに横になってください。あとは私がお世話させていただきます…」
マイに促されベットに横になろうとしたが…
「…んしょ…んしょ…」
「いやそれは無理だろ。俺が持つよ」
「…申し訳ありません、ご主人様…」
ツールが入ったバックをベッドに上げようとしたらしい。う~ん健気
ツールを手に届く所に置き、ベットに仰向けになる
「…それではご主人様、『お世話』をさせていただきます」
そういって俺の上に乗り、股間の辺りへと移動んするマイ
ジー…
ズボンのチャックを降ろし、奥にあるまだ通常状態の俺のモノを取り出す
「…では、始めさせていただきます…」
「うお…」
モノを抱え、ゆっくりとしごきだすマイ。服が擦れ、刺激を与えられていく…
メイド姿で俺のモノの準備をするマイ。その光景に俺は興奮していた
「…ご主人様…凄いです…」
次第に硬くなっていく俺のモノをうっとりと見つめるマイ。そして刺激を強くしていった
「よし、もういいぞ」
マイのおかげですっかり臨戦体勢になった俺。このまま奉仕を続けて貰いたかったが、それじゃテストにならん
ツールを取り出し、親機へとモノを入れる
「…あ…私の方は…?」
「今回は、奉仕してくれるんだろ?ホレ」
そういって、模造性器をマイに渡す
「俺の見てる前でご奉仕してくれよ」
「…はい」
そういって模造性器を受け取り、俺の胸に移動するマイ
「…それでは」
しゅっ!
まずは手でしごきはじめるマイ
「うを…」
しゅっ…しゅっ…しゅっ…しゅっ…
ゆっくりと、優しく掌で高めてくるマイ
「ああっきもちいい…」
「…もっと良くさせていただきます…」
ぺろ…
「うぉう!」
そういって模造性器の先端を舐め始める
「くっ…これは…」
俺の反応を見て、妖しい笑みを浮かべるマイ。普段はしない、俺だけしか見ることが出来ないもう一つのマイの顔…
そして今度は銜え始める
「んくっ…んくっ…」
「うおっ…あうっ…」
ダメだ!出ちまう!
そう思った瞬間、マイが口から模造性器を引き抜く
「え…なんで…」
次の瞬間、マイは胸をはだけ、その柔らかな双丘を露わにした
「マイ、何…うっ!」
マイは双丘の間に模造性器を置き、そのまま左右から挟み圧迫してきた
「…いかがですか、ご主人様…」
「ううっ、すごくいい…」
「…気に入っていただけて、光栄です」
そういって双丘からはみ出た亀頭を舐めるマイ
「くっ…もう…ダメだ!」
どくっ!
親機内で射精する俺。そして
どぴゅっ!
「ん…あっ!」
目を丸くするマイ
マイの双丘の間の模造性器も射精する
その臭いは嗅ぎ慣れた、祐太のモノだった
熱い体液がマイを汚していく…
どくっどくっどくっ…
どぴゅっどぴゅっどぴゅっ…
「あ…ご主人様の…精液…熱いです…でも…どうして…」
「ふっふっふ。ユキちゃんの不満点を解消したっていったろ?ポンプを内臓して射精したらその精液をそっちに送り込むシステムを組み込んだんだ。構造上タイムラグはあるが、こっち側の事だからさほど問題にはならないはずだ」
「ああ…」
マイはうっとりと精液の飛沫を眺めている…
「さて、感心してないで奉仕を続けて欲しいんだが」
「…あ…申し訳ありません」
「いや、許さない」
「…」
「奉仕を忘れて精液眺めてるなんて、とんだ牝犬だな」
「…そんな」
「違うってのか?それならちょっとみせてみろ?」
「…え?」
「鈍いな。お前のスカートを捲って、中が濡れてないか見せてみろって言ってるんだ」
「…あうう…はい…」
「見えやすいように足をひろげるんだぞ」
言われるままに若干足を広げて膝を突き、スカートを捲り上げるマイ。その奥は…
「コレは何だ?」
言いながら黒いパンティの中心を突く
「あうっ!」
指を離すと僅かに濡れている
マイの可愛い顔にそれを擦り付ける
「もう一度聞く。コレは何だ?」
「そ…それは…」
パンティに手を掛け、引き下ろす。すると秘部とパンティの間にキラキラと引くものが…
「こんなに濡れてるじゃないか。やっぱりサカリのついた牝犬だな」
恥ずかしさで顔を真っ赤にするマイ
「さあ言ってみろ。お前は何だ?」
「…私は…サカリのついた…イヤラシイ…牝犬です…」
「よく言ったな」
満足した俺に向かって言葉を続けるマイ
「ですから…イヤラシイ…牝犬の私を…お仕置き…して下さい…」
…なんか妙なスイッチが入ったらしい
「イヤだね、自分でなんとかするんだな」
…俺も妙なスイッチが入ったらしい
「そんな…」
マイから模造性器を取り上げ、マイの秘部へと押し当てる
「ホラ、ご奉仕するんだ。スカートの手は離すなよ」
「…はい」
マイはゆっくりと腰を落としていく
ズブズブと秘部へと模造性器が入っていく…
「…ああ…入ってくる…ご主人様の…」
ホントは違うんだがな
根本まで入ると今度は腰を上げ始める
抜ける手前まで上げるとまた腰を落とす
「はうっ…あうう…あん…ああんっ…」
胸をはだけ、自らスカートを捲り上げながら乱れるマイ
普段のマイからは想像も出来ない程よがり悶えている
次第に腰の速さをあげてくる
「うっ…これは…ううっ…」
その刺激は俺にも伝えられ、その快楽に溺れていく…
「あっ…ああっ…ご主人様…もう…ダメ…ああっ…ああ~~~~~っ!」
絶頂に達するマイ
ぎゅうぅぅ…
マイの締め付けをツールが俺に伝える。それに俺のモノが耐えられなくなる
「くうっ!出るっ!」
どくっ!
そしてツールが俺の脈動と精液をマイに送る
ビクッ!ドクッ!
「あうっ!…熱いっ!」
どくん…どくん…どくん…
「ああ…ご主人様の…嬉しい…」
秘部内に精液を受け、恍惚の表情を浮かべ堕ちていくマイ…
そんな彼女を見ながら俺はいつまでも放出していた…

「…祐太、非道い」
う、ちょっとやりすぎたか。しかし…
「そうはいうがな、お前も結構ノリノリだったぞ」
ぽっ!
あ、赤くなった
びし!
無言でチョップを繰り出すマイ
「あいてて、チョップはやめろ」
照れ隠しにチョップを続けるマイを見ながら俺は笑っていた
「…何を笑ってるの?」
「いや、俺ってお前みたいなヤツと出会えて幸せだなって」
その言葉を聞き、さらに赤くなってチョップを繰り出すマイであった



「っと、ところで、ツールの感想は?」
「…悪くない」
ぽっ
「…よかったですね…これ……ご褒美…」
「うわっ!」「…あ」
驚く俺とマイ
「って部長!いつからここに?」
「…今日は…警備の…お手伝い…えっへん」
「いや、だからいつからって…つかそのカッコは?」
「…警備員さん…です…」
「いやそれ婦警さんだから」
「…」
「…」
「…てへっ…」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー