メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第12話 「ジャロにマタタビ…?」

ここは俺がよく利用するホビーショップ『エルゴ』、そして俺と店長は、店内の奥に居る…。

「つまりネコ型MMSにマタタビ酒を飲ませると、性格が豹変する…と。」
「…ああ、しかも大概の場合、『エロく』なるようなんだ。」
「なるほど…いい情報をありがとうございます、店長。それで、その怪我は…?」
「…聞かないでくれ…。因みに、これがそのディスクだ。」
「ありがとうございます店長…では、これが対価と言うことで…。」
「確かに頂いた…毎度あり…。」

俺はディスクを頂戴すると、そそくさと店舗から出ようとした…と、
「あ、岡島さん。今日は早いですね…お仕事はもう終わったんですか?」
「(ぎくぅ!)や…やあジェニーちゃんお帰りなさい、うん今日は出張だったんだ…じゃぁ!」

ぴゅぅ~~~~…

ダッシュで店を出る俺、きょとんとするジェニーちゃん
「…変な岡島さん。」

そして深夜…全員をスリープモードにしてじっくりとディスクを拝聴させて頂くことに。
ディスクに入っていたのは、マタタビ酒で酔ったねここちゃんとそのマスター、雪乃ちゃんの
あられもない姿だった。
もちろん…

美  味  し  く  頂  き  ま  し  た


ええ…俺も一応男ですから…。



そして翌日の土曜日…。
「ジャロ~、ちょっとおいで~♪」
「? なんなのだ?」
「美味しいジュースがあるんだ…飲む?」
「ジュース!?のむのだ!ほしいのだ!」
「そ…それじゃぁ…これがそのジュースだよ~…ささ、飲んで飲んで。」
そう言ってラベルを剥がしたマタタビ酒をジャロに渡す。
「はいなのだ!んぐ…んぐ…んぐ…」
「お…おい…そんなラッパ飲みで…!!」
「ぷっは~…………ぃ……。」
兎に角飲んだ…さてどうなるのやら…?

と、

「はぁ…何だか気持ちよくなってきました…。」
あれ?
「あらら…?マスター、私の顔に…何か付いていますか…?ヒック」
「いや…あの…ジャロ…さん?」
「はい…ヒック」
「何か…その…変な気分とかにはならない…の?」
「いいえ…むしろ頭がすっきししています…って、
 き ゃ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ!!!!」
突然悲鳴を上げるジャロ…!な…なんだ!?
「私ったら、こんな裸同然の姿で何て恥ずかしい!もうお嫁にいけな~い!」
そう言ってクローゼットに逃げ込むジャロさん。
「はぁ…これで安心です…ヒック」
そう言ってジャロさんは、ロングのスカートにポロシャツ、そしてエプロンという何とも色気のない装いで
再び現れた。
「さぁ、お掃除を始めなきゃ…ヒクッ」
普通に家事始めちゃったよ…。どうやらジャロは、酔っぱらうとエロくなるどころか、清楚なお嬢様になってしまうようだ…。
な~んだ、つまらねぇの。

その後、ヴェル達にマタタビ酒の件とディスクの存在がばれ……
「マスタぁ…これはいったい何なんでしょうねぇ…(゚Д゚#)」
「マスター、小便は済ませたか?神様にお祈りは?命乞いをする心の準備はOK…?」
「マスター…祈る時間はくれてやる…さぁ踊れ。」
「あ…あの皆さん…その重武装は一体何なんでしょう…?つーかノワルさんも元の口調に戻っちゃって…ハハ…

 は い ぃ や ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ !!!!」

「うにゃ~…もうのめないのだぁ…ZZZ」

そして一方、エルゴでも…

「マスター…性懲りもなくこんな物を……!!」
「い…イヤこれは岡島君がど~しても見て欲しいって言うからあのディスクと交換…あ;

 あ ぃ や ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ !!!」



第12話「ジャロにマタタビ…?」

                                          ギャフン
                                          END




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー