メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


弁慶の日課


人間用の扉の端に作られた扉を開く。神姫用に作られたとはいえ、結構重い。
「ぐ、ふんっ」
途中まで開いた所でめんどくさくなったので足で思い切り蹴飛ばした。
「ふ、日和」
この時期にしては珍しくさんさんと降り注ぐ太陽。この屋上からの景色は最高だ。ここは私立黒葉学園。千空が通っているやたらでかい学校だ。神姫同伴が可能で、有志によって神姫用の設備も整っている。時代はあの時、第一話?から半年ほど経過、千空はもうすぐ二年だ。
そして自分はここでいつもの日課をやっている。
「お、またきやがったなーじゃ、頼むぜ~」
「ん?またお前」
目の前にはツガルタイプの神姫が寝転んでいる。三学期が始まってしばらくたったある日からいつもここで寝ている奴だ。
こいつの名前?知るかそんなもの。 
あ?じゃあお前は誰だって?弁慶だ。弁慶。分かったか?
 「気分よく眠れる奴を頼むぜ」
 「お前に聞かせるためじゃない」
 「いいじゃねぇか別に」
 「聴け」
 「へいへい」
 「ふん」
 「あ、そーいやさー?」
 「あ?」
 「お前いつもここに来るけどさぁマスターがうるさいとかなのか?」
 「何言ってる?」
 「いや、べつにぃ~」
 「…邪魔…悪い」
 「へぇ!」
 起き上がるツガルタイプ。
 「なんだ」
 「お前そんな気ぃとか使える奴だったのかよ?」
 「殴る」
 「おっと、バトルはセンターでだぜ?」
 「寝ろ」
 「へいへい」
 「ふんっ!」
 一気に飛び上がって屋上の更に上、貯水タンクの上まで行く。ここに来るとまるで飛んでいるような、そんな気分になる。街の景色も一望できるし、なにより…
 「まだかぁ~い?」
 く、この野郎。
 「うるさい」
 「はいよっ」
 「ふぅ」
 背負っていたケースから愛器を取り出す。こいつの元の名前とかそんなのは知らないが、とりあえずこいつは「ハウリングギグ」と名付けてやった。こいつも嬉しいだろう。そうに違いない。
 さて…。
 「♪~~」
 さっそく弦を弾いて奏でる。ここでギターを弾く…それが趣味だ。
意外か?そうかもな…。だが笑ったら…どうなるか分かっているだろうな?
 っと、いけない。こういうのは穏やかでなくてはな。
 「そうそうこれこれ」
 雲が動き、流れる。時も流れ、過ぎ行く。今頃京都は店で忙しく動き回っているだろうな。エルゴの店長は…まぁいつも通りか…。未来は義経と真面目にやっているはずだ。ハンゾーは寝てるな。美琴もか。ま、出来るから寝るのと出来ないから寝るのではまったく違うがな。
 「へっくし」
 「ん?ハンゾー、どうした?」
 「いや、なんでもねぇ」
 晴明はクオウを叩き起こして…いや、今はきっと体育の時間か。なんか歓声が聞こえる…。
ミーシャや十兵衛も色々頑張ったりしているんだろうな。
「く~」
「…」
奴はもう寝てしまったらしい。まぁ静かな方がいいさ。
しかし…それなりに形になったものだ。始めは左右逆に持っていたっけ。音が全然おかしいものだから「何だこれは?」と訊いたら「逆だよ弁慶?」と千空に言われた。まぁ恥ずかしかったさ。だがそれからはどんどん手に馴染んでいったし。これがきっかけの出会いもある。相変わらずなんだろうな…あいつも。
そうそう、もう少しでセカンドに昇格だ。長かった…やっと十兵衛に追いつけるかも。
というか…神姫部の奴らに追いつきたい。この弁慶が一番最後とはまったく千空は優しすぎるからこういうことに…。まぁいい。
「♪~」
その音は風の様に、その音は細波の様に、その音は陽だまりのように…。自分の体と周りの世界を包み込む。響け大空に、届けお前らに…。
 キーンコーンカーンコーン…
学園中、そして町中に木霊ずる鐘の音色。
 「戻るか」
 身支度済ませ、降り立つ。
「…」
「く~」
 「ちっ」
 仕方ない、もう一仕事だ。
 「…おい、起きろ」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー