メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自らの成せる事を、為したいから




世間では三連休となる少し前の日。私・槇野晶は一つの店に向かった。
“ホビーショップ・エルゴ”……日暮めが経営する店に“二人”でだ。
少々挑戦的な行動ではあるがこれもまた、HVIFの意義を問う為には
欠かせぬ行為の一つである……そう、“人間社会への単独進出”だな。

「お出かけ~、お出かけ~、お姉ちゃんとお出かけですの~♪」
「葵、そんなにはしゃぐな。クララが胸ポケットから落ちるぞ」
「だってわたしは初めてですの、この姿で一緒におでかけはッ」

とは言え制約を自ら課した手前、今日HVIFを使うのはロッテのみ。
というわけで、私達は四人で……見た目は二人だが……店の門を潜る。
暖冬の所為もあってか、カウンターでは日暮めが眠そうに欠伸をする。
奴が私達に気付いたのは、欠伸が終わって数秒後……気を確かに持て。

「ふぁあぁぁ~……ん?晶ちゃ、じゃないや。晶、いらっしゃい」
「有無。来てやったぞ、日暮。先日のメールは読ませてもらった」
「あ、あれね。基本プログラムとかは……って、そっちの娘は?」
「む、異母姉妹の葵だ。先日フィンランドから帰ってきたのでな」
「は、初めましてですの。日暮さんにジェニーうさ大明神さま♪」

無論、異母姉妹だのフィンランドだのは全部私の描いた筋書きだ。
欺くのは心苦しいが、フェレンツェめとの“約定”だからな……。
極力平静を装った私と葵だが、流石に若干疑いの目が向いている。
日暮は勿論の事、胸像のジェニー。そしてたった今来店した客も。

「人間の妹さんなんていたんだ、晶。てっきりロッテちゃんとか……」
「……そう言えば、何故初対面なのに私をその名で呼べるのですか?」
「あれ?ゲッ、やべ……!て、店長アタシこれで帰る、また来るッ!」

──何故、客である所の少女にまで逃げ出されるのか不可解だが。
というより、あの少女が着ていた服。私がデザインした物に……?
いや、それ所ではないか。今日は、結果報告をしに来たのだった。
待ちきれずに、葵の胸ポケットから飛び出したのはクララである。
その手に握られていたのは、本と杖であった。私の作品の一部だ。

「日暮さん。貴方から送られたアーカイブ、ボクが解読したんだよ」
「クララちゃんが?じゃあ、この本と杖ー……いや、違うかなコレ」
「察しがいいな。共に解析した私が作り上げた、彼女の“武器”だ」

それは本と言うには無骨であり、杖と言うには先端が槍の様であった。
何よりどちらにも鋼が使われており、杖には弾倉まで備え付けている。
そう……これは“盾”と“槍”であり、更に“魔導具”でもあるのだ。

「備蓄データは、日暮さんの書式通りボクが変換して書き込んだ」
「えっ?だって、一頁当たりでもPCなら二分くらい掛かるぞ?」
「ボクの能力なら、二分で十二頁は処理できるもん。余裕だよッ」
「……へぇー。流石“オーバーロード”って所か、クララちゃん」

確かにクララの“ゲヒルン”は、スパコンも凌ごうかという超常的な
情報処理能力を、彼女自身に与えている。だがそれだげではないぞ。
クララは元より読書が好きなのだ、趣味として明記できる程度にな?
読むジャンルも、漫画からビジネス書……更には辞書や専門書まで。
彼女は暇さえあれば本を読む。故に知識の量は、半端ではないのだ。

「ただ能力を持つだけではなく、能力を使うのが好きだからこそだ」
「与えられた役割と才能を、使う事が好きか……良い事だと思うよ」
「ボクに出来る事をなんでもしたいだけ。褒める事じゃないもんッ」

と素っ気なく言い放つクララだが、少し照れている様に見えるな。
ここで、彼女にさせてみたい事を思いついたが……それは後々だ。
色々手続きが面倒な事になりそうだが、そこは何とかしてみよう。
ここで私の胸ポケットから、やっとアルマが顔を出してきた様だ。

「あ、あのっ。初めまして!日暮さん、ジェニーさん……です?」
「そうです、大明神ではありませんので。宜しくお願いしますね」
「君が、アルマちゃんかな?話は晶から聞いたよ……元気そうだ」
「はいっ、マイスターの御陰で……あたし自身が見えてきました」
「晶。人数が増えて大変だけど、君が拠り所なんだから確りな?」

何を言うか、と笑ってみせる。“パーフェクトな仕事を”が信条だ。
ならば“妹達”を立派に、幸せにしてみせるのもパーフェクトにッ!
私自身の魂に掛けて、それだけは一生を掛けて成し遂げるつもりだ。
ただ同時に、私は皆の自由意思を護る。したい事をさせてやりたい。
理論だけではない感性や心情は、マイスター(職人)には必要なのだ。

「これ、マイスターが作ってくれたんですよ。戦乙女の槍です!」
「これが……なかなか攻撃的な能力持ってるね、使いこなせる?」
「分かるか日暮。だが、アルマの身体能力を一度見てみるといい」
「え?!あ、あのマイスター、ここで踊っちゃっていいんです?」
「構わぬ。ポケットの中で窮屈だっただろう、少し披露してやれ」

その言葉を聞いてアルマは瞑目し、槍をそっと構えて舞い始めた。
彼女はとりわけ躯を動かす事が好きなのだ。しかも舞踊の類をな。
更に興が乗れば──────ほら、耳を澄ませ。聞こえるだろう?
軽やかで澄んだ彼女のハミングが、最近流行のJPOPの旋律が。
猪刈めに抑圧されて長らく出来なかった、自分の趣味が出来る事。
それが如何に幸せか、舞い踊るアルマが一番感じているだろうな。

「……こんな感じです。あの、えっと。如何ですか皆さんっ?」
「ストラーフとは言え、そんな重い槍を持って踊れるんだ……」
「修理は勿論、晶さんの改造も目覚ましい効能がある様ですね」
「うん。でもそれ以上に、綺麗だったと思うよ?楽しそうだし」

……日暮、人の“妹”に色目を使って赤面させるのが楽しいのか?
クララも身長程ある槍を抱え、おろおろするばかりで可笑しげだ。
だが、どちらも満更では無さそうだな……これが平穏という物か。

「どうせですから、エルゴのバトルフィールドで試験してみますの?」
「おおッ、それは良いな葵!クララ、アルマ。一度模擬戦してみるか」
「ん、丁度いいや。オレも二人が気になるし、試してみてくれるかな」
「は、はい分かりました日暮さんっ!クララちゃんも、一緒にやる?」
「やってみよう、アルマお姉ちゃん。一度使って、様子を見たいもん」
「では、愛する“妹達”の勇姿をとくと拝見しよう。楽しみだな……」

──────為したい事、成せる事。それがあれば、前に進めるよ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー