メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初めまして!
私は天使型MMSのビアンカと申します。
マスターの持つMMSの中では一番新しく入った、5番目の神姫です!



今日は、マスターが私の服を買ってくださるそうです。とても嬉しいです!
「あ~あ、かったりいかったりい…かったりいなぁ!何でアタイがたかだか服選びなんざに一緒に
付き合わなきゃなんねーんだよ!」
コニーお姉さまは、煙草(偽物です。自分で作ったんですって)を銜えながら文句を言ってます。
「コニー!文句言わないの!お姉さんになったんでしょ!」
「へいへい…。」
ヴェルお姉さまに怒られちゃってます…。

12月、もうすぐ来年がやって来ます。街もクリスマスの装飾で一杯です。
お姉さま達も、冬の装いです。
ヴェルお姉さまは、デニムのジーンズに白のダッフルコート、コニーお姉さまは黒のニット帽に
黒のタートルネックの上にミトンの付いたコート、ニーソックスとチェックのプリーツスカート、それと
ウェスタンブーツ。すっごくオシャレです。お金かかってるんだろうなぁ。でもコニーお姉さまの格好って、
どこかで見たような…?
それに対してマスターは、総ユ○クロルックに安売り2980円のシューズ…何か可哀想です…。


服選びも終わって、お家に帰る途中、神姫センターに人だかりが出来ていました。
最近では、ほとんど毎日と言っていいほどMMS同士のバトルが出来るそうです。

私も、現在ヴェルお姉さま達と一緒に訓練を行ってます。
私はまだまだ未熟者で、いつもお姉さま達の疑似データにやられてばっかりです…
早く強くなって、お姉さま達に追いつきたいです!
「でも…もう年末だし、今年分のサードリーグの大会は終わったばっかりだよな…なんで?」
「マスター、エキシビジョンマッチみたいです。」
「それでもこの人だかりは異常だぜマスター…何か黒服着てるオッサンも居るし。」
すると、
「うわ~!ボクもまけた~;」
「すっごーい!これで14連勝だ!」
と、小さいマスターさん達の声がしました。
「当たり前ですわ!このワタクシ、鶴畑和美(つるはた かずみ)」はあの鶴畑兄弟の妹なんですから!」
「え~!あのファーストリーグの!?」
「そうよ!ワタクシも来年、サードリーグにデビューしますの!兄様達にもすぐ追いついてさしあげてよ!」
いいな~。私も早くサードリーグに出られるくらいの実力を持ちた…あれ?何か心の中でもやもやしたものが…。

「つ・る・は・た・だとぉ~~~~~~~~~~~~!?」
あれ?コニーお姉さまがワナワナ震えています。
「マスター!試合に出るぞ試合!此処であったが百年目!あのガキの天狗っ鼻、未開封の箱ぶん殴った
 プ○ッツーみてぇにベッキベキにへし折ってやる!」
「…許可するわ、コニー。憎悪を込めてぶちのめしてらっしゃい。」
ヴェルお姉さまも…何か怖いです…。
「おいおい…;出たいのは分かるけど、今日は買い物に来ただけだし何も武装は…」
「これがあるぜ…!」
コニーお姉さまが、自分のコートの中に手を入れて取り出したのは…二丁の拳銃「ソード・カトラス」。
銀色のカロッテP12のカスタムタイプで、レーザーサイトを外してあって、更にバレルとスライドが通常よりも長く、
白いグリップに刀を交差したドクロのマークがあしらってあります。
「お前…持ってきたのか…。」
「おうよ、これが無ぇとおちおち外も歩けやしねぇさ。」
お外って、そんなに危険だったんですね…私も、コニーお姉さまを見習おうと思いました。
「ステキよコニー…撃鉄を起こせ。」
ヴェルお姉さま…やっぱり怖い…。
「やれやれ…子供相手なんだから、あんまり無茶するなよ…?」
そう言うと、私たちは人だかりをかき分けて、声の主の所へ行きました。
まだ小学生さんらしいのですが、高級そうなドレスにデ…恰幅の良い体…どうやらお金持ちのお子さんのようです。
「あの~…俺たちも参加したいんだけど…良いかな?」
「フン!誰かと思ったら神姫ヲタクのオジンですの?よろしくてよ!遊んでさしあげますわ!まぁ、お持ちの神姫が
そんなみみっちいのでは、ワタクシの勝利は確実ですわ!おほほほほほほ!」
「おっさ…ヲタ…みみっち…! …コニー、許可する。豚野郎に地獄をみせてやれ。」
「了解!」
マスターまで怖い顔になっちゃいました…何で?



ともあれお互いのMMSの登場…あれれ?疑似空間なのに、コニーお姉さまが着てる服のまま登場です!
「あはははははは!拳銃2丁とまさかその格好でワタクシと戦おうとおっしゃいますの!?」
「そうだよ…これで十分だぜ。」
「フフフ…ワタクシも舐められたものですわね!まぁいいわ!出でませ!美しき我が騎士、ジャンヌ!」
「イエス・マスター!」
そう言って現れたのは、金色の髪に蒼い瞳…そして、

青 い 騎 士 鎧。
「マスター…アレって…;」
「ああ…そうだね…;」

「ちょ…;
 ち ょ っ と 待 て ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

突然叫びだしたコニーお姉さま。
「『サイフォス』って、確か来年発売の新型MMSのハズだろ!なんでもうバトルに出てんだよ!
 しかも初回販売限定のパーツ満載じゃねぇか!」
「あら!よく知っておいでね愚民の神姫!この程度、わが鶴畑家の財力を持ってすればたやすいことですのよ!
 オホホホホ!良くてよ!美しくてよ!」
そう言って高らかに笑うお嬢様。 …やっぱり何か心に引っかかります。
「鶴畑のガキってのは…どいつもこいつも…!」
「コニー…。」
そう言ってヴェルお姉さまは、親指を立てて、首を切るポーズを取りました。目が怖いです…。
「あたぼうよ!」


ともあれ試合開始です、場所は闘技場(コロッセオ)。普通は中央の闘技場で戦うのですが、観客席や通路に隠れて
戦うことも可能です。
コニーお姉さまはお出かけ着と2丁の『ソード・カトラス』、対するジャンヌは全身をほぼ覆い尽くす騎士鎧と、
やっぱりナイトらしい…

両手にヘビーマシンガンと対神姫大型ライフル、背中にはサブアームを装備して、その手にバズーカと3連ロケットランチャー。
さらにその肩にはミサイルランチャーと長距離砲という装備です。

「テメェ!全然騎士の装備じゃねぇぞ!なんだその重火器満載のナイト様は!」
「フフフ!王者とは常に玉座に座ってるもの!動かずして相手を倒す、これこそ戦いの美ですわ!!さぁ!やっておしまい!
ジャンヌ!」
「イエス!マスター!」
そう言うと、一斉射撃を開始するジャンヌ。コロッセオが爆炎に包まれました。
「「コニー!」」
「お姉さま!」
爆炎で上がった砂煙の中…コニーお姉さまは…

立っていました、しかも殆ど無傷で。
「「コニー!!」」
「な…何ですってぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?あれだけの砲撃の中、避けたにしても服にキズ一つ付いていないって…
どーいうことですの!!??」
「当ったりめぇだ!この服はは静香の姉御の特製だぜ!チンケな花火じゃキズも付かねぇよ!」
「ぬ…ぬわんですってぇぇぇぇぇぇ!ジャンヌ!ガンガン撃ちまくりなさい!あのミニスカ女に目に物見せてやるのよ!」
「イエス・マスター!」
「おう!かかってきやがれ!(ホントにすげぇな姉御の技術力は…。とは言えいつまで持つか…。)」



「ジャンヌ」の止む事なき砲撃。回廊に隠れながら撃つお姉さまの銃弾は、彼女を包む蒼い鎧に空しく弾かれます。
このままじゃ…。
と、
突然コロッセオに舞い戻り、ジャンヌの前に立つお姉さま。そして、
「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」
そのままジャンヌに向かって走るお姉さま!
「ホホホホ!勝てないと分かってトチ狂っておいでですの!?ジャンヌ!止めを刺してあげなさい!」
「イエス!マスター!」
どががががががががががががあがががが!
巻き上がる爆炎の中、突っ込むお姉さま、そして…。
ガチッ!ガチッ!
「し…しまった…弾切…。」
そして
「ばぁ!」
ジャンヌの目前に現れた、服がボロボロになったコニーお姉さま、そして、
バン!バンバンバン!
ジャンヌの鎧の隙間に、至近距離で銃弾を放つ。関節を打たれ、大の字に倒れるジャンヌ。その上にまたがり、
額に銃口を当てるお姉さま。そして…

「あのなぁ小娘…一つ良い事おせぇてやるよ。幾らでっけぇイチモツ持ってても…

 的 に 当 た ら な き ゃ 意 味 ね ぇ ん だ よ。」

「く…くそっ…!」
「良い勉強になったなぁクソ嬢ちゃんとクソ騎士ちゃん…じゃ、『クソ坊ちゃん共』によろしく。」

バァン!



「「いや~、スッキリした!良くやったぞ(わ)コニー!」」
帰り道、マスターとヴェルお姉さまは満面の笑みを浮かべてコニーお姉さまに言いました。
「へへ!アタシの腕も捨てたもんじゃねぇだろ?」
「ええ!流石『トリガーハッピー』のコニ…あ;」
「ヴェル…てめぇ今なんつった………!」
「ご…御免なさいヴェル…ちょっと口がすべ…」
「ンの野郎ぉぉぉぉぉぉぉ!スクラップにしてやっからそこに直れぇぇぇぇぇぇぇぇ!」
「ひぃっ!三十六計逃げるが勝ち~~~~~~!!!」
マスターの肩から飛び降りてダッシュで逃げるヴェルお姉さま。
「逃げんなぁぁぁぁぁ!!テメェにも地獄見せてやるぅぅぅぅぅっぅ!!」
「ははは…元気なことは良いことだ……; …おっ、雪だ。」
苦笑するマスター。 …あ、本当です、雪が降って来ました、すごく綺麗です…。


「めでたしめでたし~なのだぁ~…むにゃむにゃ…。」
「めでたくねぇよ! …あれ?馬鹿ネコの声が聞こえたような…っと、コラ待てぇぇぇぇぇぇぇ!!」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー