メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

適材を誂え、適所に与え(後半)




私・槇野晶は、当初彼女ら“槇野晶の神姫”に戦わせる気がなかった。
より正確に言えば、神姫バトルを無理強いする気は私になかったのだ。
だが、ロッテは戦いを望んだ……自らの存在意義を求めた故だったか?
そうして“誇り”を培った彼女に刺激され、アルマとクララも望んだ。

「さて、ロッテが“フェンリル”を気に入ったのならば次は此方か」
「あっ、はいっ!クララちゃんがまだなら、これはあたしの……?」
「そうだ、こっちも拘って作ったぞ……数が少々多いがな、ほれッ」

“客のニーズには全力を以て応える”……それが私のモットーである。
ならば“妹達”の求めにも全力を以て応じるのが、私の役目であろう?
という信念の元、アルマに用意したのは……6振りの黒い刃であった。
専用の鞘も2本セットだ。強化セラミックの輝きには、自信があるッ!

「うんと、マイスター。この柄や鞘のあちこちについてるのは……」
「気付いたかアルマや、お前達の躯にあるジョイントと同じ物だよ」
「MMS用汎用ジョイント……これは、形を組み換える剣ですの?」
「その通りだロッテ、これぞ“ヨルムンガルド”。アルマの剣だ!」
「……じゃあボクの武器は“ヘル”で決まりなんだよ、マイスター」

──────ちょっとそのツッコミは鋭すぎないか、クララや?
北欧神話のロキ神が女巨人と設けし子にして、異形なる怪物達。
即ち“フェンリル”に“ヨルムンガルド”……そして“ヘル”。
そこから銘を持ってきたのだが、博識なクララにはお見通しか。
さておきこの剣は、ギミックが命。使い分けこそが真髄なのだ。

「基本スタイルは幾つかあってな、この分離状態が“スケルトン”だ」
「じゃあ、こうして……ツガルタイプのフォービドブレイドみたいに」
「それが“ウィング”形態、双振り作れる事を前提として設計したよ」
「えっと、なら……今度は大きな四振りでフブキタイプの……んしょ」
「大手裏剣だな、それが“テイル”。小型の双振りで“スケイル”だ」
「あ、ブーメランですか。うんと、じゃあ……両方を混ぜたりっと♪」

がちゃがちゃと弄っている内に、この剣の面白さと性能が分かる様だ。
表面上は笑顔のアルマだが、それでいて真剣に完成した形態を構える。
用途が多ければ、組み換え自体も含め習熟が必要になってくるからな。
双振りの死神鎌である“ファング”、防御を考えた大型剣“ホーン”。

「そしてこれが最大形態であるツインナギナタ、“クロウ”だ」
「“爪”ですか……えっと、マイスター。あたしも試しにっ!」
「そう言うと思って、ウレタンブースに棒を数本用意したぞ?」
「あ……ありがとうございますっ!早速、試し切りしますね!」

そう言ってアルマは、林立する12本の木……その中心へと立った。
鞘から展開した柄を右手で持ち、左手を添えて長槍の様に構える。
──────静寂の数瞬、その後にアルマの裂帛の一声が響く!!

「やっ……はあっ!せい、たっ!!ふ、やぁあっ!!!」
「凄いですの、木の棒ががあっという間に細切れに……」
「……あの剣は日本刀や小太刀に見えても、実は両刃?」
「有無。だが……ここまで見事に扱いこなすと壮観だな」

空気を震わせる気迫の一声が響く度、棒が細切れになっていく。
爪の様に配置された、片側3つの刃が縦横無尽に振り回される!
数十秒後。昇竜を白く焼き付けた剣が止まり、演舞は終わった。
意外にも踊りを趣味とするアルマの“舞い”は、非常に……ッ!

「綺麗だぞ、アルマっ!初めてでそこまで使いこなすのかッ!!」
「マイスター、喜んでくれてうれしいですっ。でも、まだまだッ」
「その意気だ!……二人とも、今日はもう少し訓練するといいぞ」
「はいですのっ。サイレンサーをつけて射撃の練習しますの~♪」

程なく特訓に没入し始めた二人を見て、私はクララを呼び寄せる。
これらは全形態で扱える共通装備……私は別の装備も作っていた。
それらの仕上げの為には、どうしてもクララの助言が必要なのだ。

「というわけで、これがお前達共通のCQB用装備の図面だ」
「デザインは共通なんだね、マイスター……足先の部品は?」
「移動装置だ。飛行能力は搭載できんからな、やむを得ない」

昨日、エルゴの日暮めからメールが来た。“魔術”用装備の指針だ。
これはクララ専用の“Valkyrja”システムに組み込む、必要な要素。
その当人から“Valkyrja”は大型過ぎると、指摘を受けたのが先日。
打開の為に、ロッテの一言を元にして別の装甲服を作っているのだ。

「“Valkyrja”を折り込む手前重量はかさむが、お前達なら大丈夫だ」
「でもただ装甲を外すだけだと……隙が大きいかも知れないんだよ?」
「そこはしっかり考えてある。それ故に“アレ”を組み込めるのだ!」
「……戦闘にはあまり意味がない。でもボク達のスタイルには、必要」
「そうとも。お前達はこの槇野晶の“妹”なのだからな、重要な事だ」

そこには私達の趣味嗜好が多分に混ざるが、まあそれはよかろう。
最近はアルマも、恥ずかしさを残しながら慣れてきてくれたしな。
戦略的にも、この“法衣”を自由に出し入れできる機能は欲しい。
ゼンテックスマーズ社の研究理論なので少々解析に骨が折れたが、
日暮めが“魔術”のついでに手伝ってくれた、後はクララの力だ!

「というわけで、解析した“アレ”を組み込む装備を今から作る」
「了解だよ……その後で、この“法衣”用に武器を作るんだもん」
「有無、時間短縮を図りたい……クララの力を、少し借りるぞ?」
「喜んで再調整するんだよ、マイスター。ボクも、楽しみだから」
「そう言ってくれるなら、妥協無く作り上げよう。待っていろッ」

──────腕と誇りを賭けた、私の“戦い”だから……ね?







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー