メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦うことを忘れた武装神姫 その22





   ・・・その21の続き・・・



「なぁ・・・お前らは、本当におっきくなっちゃっていいのか?」
「?」
久遠の問いかけに、怪訝な表情の久遠の神姫たち。
「ちっちゃいからこそ、出来ることがあると思うんだけど。なぁ、CTa。」
そのとき久遠に振られて、はっと気が付いた。

  -なんで、あたしはちっちゃいもの研に入ったんだろう-。

「そう言われてみれば。」
シンメイが腕組みをして考える。
「うにゃー、にゃーは、やっぱりちっちゃいまんまでいいよー。」
と、ぐい飲みの日本酒を飲み干したエルガが言った。
「にゃーは、ちっちゃいからマスターとラヴーなの。 おっきくなったら、
マスターといっしょに出かけられない。 そうすると、マスターのお仕事の
お手伝いができなくなっちゃうのダ。」
そういやエルガは最近、久遠の仕事でプレゼンのサポートするようになった
とか言ってたっけ。。。 シンメイも続けた。
「大きな身体を頂けば、掃除やお料理で、マスターのお手伝いをすることが
出来るようになると思います。 ですが、そうすることであたしも多くの物
を失うことになりますし、マスターも失う物があるはずです。 たとえば、
あたしたちを『かわいがって下さる』事、とか。。。」
「そうなの。 おっきくなれば、もっといろんなことが出来るの。おっきく
なって、お手伝いもしたいよ? でもね・・・シンメイの言うとおりなの。
にゃーは、やっぱりちっちゃいにゃーが好き。その方が、マスターはきっと
かわいがってくれるの。」
「ですねぇ。。。 ちっちゃいあたしたちに一目惚れして、選んで頂いたん
ですから。 ねぇ、マスター。」
「・・・その通り。」
久遠は2人の頭を撫でている。
「でもでも。」
エルガがさらに続けた。
「にゃーたちは、ちっちゃいままでイイっていったけど、きっとおっきな体
をほしがる娘もいると思うの。 本当に、マスターを助けたいって思ってる
ひとも、いると思うよ? ねぇ、シンメイ。」
「私も同じ事を考えていましたよ。 それぞれの人間に、それぞれの進む道
があるよう、私たち神姫にも歩むべき人生・・・でいいんでしょうか、それ
ぞれにあると思うんです。『神姫』として答えをひとつにすることは・・・」
  「できません」
  「できないにゃ」
2人は同時にあたしに向かっていった。
「ということだ。 なぁ、CTa・・・いや、木野羽よぉ。 思い出してみろ。
お前がちっちゃいもの研に入った理由を。」

  -小さい存在だから、伝えられるものがある、だろ?-

エルガとシンメイの小さな頭を撫でながら、久遠がぼそり呟いた。

  -そうだ。 なんで、忘れていたんだろう。
             こんなに大切な想いを。

  -目前で久遠と飲んだくれているのは-
      -人と機械との垣根を低くした、小さくも画期的な存在-

「ん? どうした? そろそろ寝ゲロの時間か?」
「ばかたれ。 考えごとしていたんだよ。 ったく・・・いっつも寝ゲロを
するわけじゃないっつーの。」
久遠の突っ込みに、テーブル下で軽くケリを入れながら答えた。
「痛ぇなぁ。。。 何も蹴ること無いだろ。」
「・・・久遠、ありがとな。」
「へ?」
「・・・何でもない。あーあ、なんか今日は酔えないなぁ。久遠、帰るぞ。」
「はいよ。割り勘でいいかな?」
と、久遠がエルガを持ち上げると、
「えー? にゃーはもっと飲む〜。」
名残惜しそうに徳利をつまみ上げようとするエルガ。
「エルガ、そろそろおひらきにしましょう。マスターもCTa姉様も、明日は
仕事なんですから。」
「ちぇー。」
久遠の頭にのぼったシンメイにたしなめられ、しぶしぶ久遠の胸ポケットへ
収まるエルガ。 その光景に・・・あたしの心は決まった。
「はは、いいモン見せてもらったし、いい話も聞けたし・・・今日はあたし
がおごるよ。」

翌朝、まだ街が目を覚ます前。あたしは自慢の愛車(バイクだぞ)を飛ばし、
鳳条院グループのとある施設へ来ていた。フェレンツェ・カークランド博士
からもらった名刺の裏に手書きで記載されていた場所。。。
その門前にいる守衛に声をかける。始めは怪訝そうな顔をしていたが、博士
の直筆メモの入った名刺を見せると話は早かった。 あたしは、守衛に頼み、
ちっちゃいもの研の名刺と一通の手紙を渡してもらうようお願いした。
守衛は快く引き受けてくれた。あたしは丁寧に礼を言うと、おそらく二度と
来ることがないであろうこの施設に背を向けた。

  ・ ・ ・ ・ ・
   -親愛なるフェレンツェ・カークランド博士へ
  先日は直々のお誘い、大変光栄に存じます。
  ですが、誠に申し訳ありません。今回の件につきまして、残念なご返答を
  せざるを得ない結論に達しました。
  博士の研究には、私も多大な関心を寄せております。 私が研究しており
  ます理論・技術の多くは、博士の取り組んでおりますHVIFに於いて、現段
  階でもその多くが(HVIFのように、大型筐体であるならば)実現が可能と
  思われます。
  しかしながら私は、「小さきもの」での可能性を探ることが、私にとって
  生涯の研究課題と思っております。
  つきましては、HVIF計画への参加は、見送らせていただきたいと存じます。
  ご期待に添えぬ回答となりました事、深くお詫び申し上げると共に、貴方
  の研究がより一層の発展を遂げますよう、心よりお祈り申し上げます。

         東杜田技研・小型機械技術研究製作部(ちっちゃいもの研)
             主任研究員・工学博士 木野羽 さんご(Dr.CTa) 

  追伸:技術その他、相談にはいつでも応じます。その際、肩書きは無しで、
  あくまで新規好きの一人として会っていただけると大変に嬉しく存じます。

  ・ ・ ・ ・ ・


もう迷わない。
あたしの「道」はちっちゃい機械を極めること。
ちっちゃい機械が秘める「可能性」を追い続けたい。
だからこそ、この研究所に入ったんだ。。。

まだクルマも少ない国道を、アクセルを全開ですっとばす。
さー、早く出勤しないと。 溜まった仕事片付けないと、まーたヴェルナに
ブチブチ言われちゃうからな。 おっと、ついでにロボビタンを買っていく
かな。沙羅もお疲れの様子だし。。。

これでいいんだ。
あたしは、ちっちゃいもの研の主任、Dr.CTaなんだっ!!





それに・・・。
神姫にあいつを取られたなんてなろうものなら、人間として失格だもんね。












| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー