メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神は降りて、姫とならん(前半)




アルマも落ち着き、暫く経ったある冬の日。私達は四人連れ立って
とある場所を目指し電車を乗り継いでいた。ロッテとクララは肩、
アルマは白衣の胸ポケットだ。何れも掴まりやすく改造してある。
しかし何だ。アルマは意外な側面を、先程から見せつけてくれた。

「はぐはぐ……マイスターおいしいです、はいっ……♪」
「アルマや、コンビニのおにぎりを1つ丸々喰うのか?」
「うぐ、んっ……はい、だって食べ物がこんなにっ……」

この通りアルマにも食事機能があるのだ。しかもこの娘は大食い。
恐らくあの大修理時にMk-Z氏が仕込んだのだろうが……侮れぬな。
というわけで三人に昼食を与えながら、私達は電車を乗り継いだ。

「けふっ。ごちそうさまでした、マイスター……えっとぉ」
「そうか……では、そろそろ指定された駅だ、降りるぞ?」
「はいですの~♪それにしてもフェレンツェ博士……一体」
「マイスターの意見を聞く限り、マッドサイエンティスト」

私の背後に、脅威・好機……色々な視線が注ぐ。食事を喰う人形。
大方はそんな意識故だな。珍しいかもしれんが、嘆かわしい事だ。
自然からすれば人間の食事風景だって、同じくらい奇異な物だぞ?
半ば八つ当たりに近い義憤を仕舞い込み、私はカートを展開する。
それは大きなスーツケースをフロントに構えた、折り畳み自転車。
住まいがあんな地下である為、普通の自転車では何かと不便でな。

「さてと、ここから……もう見えているか。あのビルへ向かう」
「……マイスター、なんだか話が大きすぎる気がするんだよ?」
「私もそう思っている。まさかフェレンツェめの研究所が……」

都会の風を浴びながら、自転車を軽やかに乗る私は思う。彼奴めが
“あの”鳳条院グループ・本社ビルの一室を占拠しているのだぞ?
博士の研究テーマは今まで知らなんだが、あれでも天才科学者だ。
本社に“幽閉”されていたとて、それ自体はおかしくないのだが。

「そして何故、私が呼び出されるかだ。あの馬鹿げた方法は兎も角」
「マイスター……まだ橘さんの前でのアレ、怒っちゃってますの?」
「当たり前だ!あの親父め、人の前で恥を掻かせおって……ッ!!」

……聞くな。真面目に応対した私がバカなだけだ、その筈だが!
奴めから代金をむしり取り、詰問でもしてやらねば気が済まぬ。
というわけで、私はビルの入口……というより検問所に着いた。

「お嬢ちゃん、ここは散歩コースじゃないよ。別の道へ──」
「たわけ!22階のフェレンツェ博士に言え、槇野が来た!」
「へっ!?じょ、冗談言っちゃ……って、槇野晶さんッ!?」
「名前があるならさっさと通せ、博士とて暇はなかろうっ!」
「は、はいっ。で、でもどう見ても幼女……う、ううぅん?」

来客リストと私の顔を見比べる警備員を後目に、敷地へと入る。
顎に一発くれたかったが、ここで揉めて警察沙汰も馬鹿らしい。
この怒りも全部、フェレンツェめにぶつけてやるとしようかッ!

「ハッハッハ、よく来てくれたね槇野く……ぎゃああっ!?」
「此方から出向くのは初めてだな、なぁフェレンツェ……?」
「痛たたた、しかしいきなり膝蹴りとはヘビーな挨拶だねぇ」
「己の胸に半分聞け。もう半分は八つ当たりだ、気にするな」

というわけで、研究所に通されるなり私は一撃をくれてやった。
まあ奴も十分変人、この程度でへこたれる様なタマではないな。
その場で、私は神姫“三姉妹”達の紹介をさせてやる事とした。

「ふむ、こちらが以前からのロッテ君。で、クララ君にアルマ君か」
「そうだ。所でその“撫でながら話す”癖はどうにかならんのか?」
「何、私にも娘がいてね。どうしても手が寂しくなると言うかなぁ」

……今、物凄い事を聞いた気がした。フェレンツェめに娘だと!?

「それは今度聞こう……一々自慢する為に喚んだ訳ではあるまい?」
「いやいやっ。そんな事で喚んだとあっては、私は殺されてしまう」
「分かっているなら、本題に入ってくれ。重要な事なのだろうしな」

私が催促すると博士は部屋の自動式カーテンを閉じ、壁際に歩いた。
何なのか?と勘ぐった私を振り向き、博士は神妙な面持ちで問うた。

「……槇野君、君にも我が研究に協力してもらいたくてね」
「口外するな、嫌なら帰れ、大仰な実験だ、と言うのか?」
「いや、君は話が早くて助かる。実験とは……これなのだ」

博士は壁にセットされたテンキーを操作して、カードを差す。
鈍い音と共に壁……と思われていたシャッターが、展開した。

「これは人間……いや、ヒューマノイド・マシンか?!」
「人型神姫インターフェイス……彼女らの新しき躯だよ」

──────そこに眠るは、新たなる神の噐。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー