メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2月14日の武装神姫-01



それは、去年のこと・・・。

「いってらっしゃいなのにゃー」
珍しく早起きしていた猫子・エルガに見送られ、久遠は出勤。
「さーて。ヌシさん、出かけたな?」
久遠が出かけたのを確認し、リゼと、シンメイが顔を出した。
「あ、シンメイ〜。イオを起こしてきてよぉ。」
「え・・・まだ寝てるの?」
「うにゃ。」
「全く・・・こういう日に限って低電圧発症するなんて。。。」
ブツブツ言いながら、イオの寝床へ向かうシンメイ。
「それじゃ、準備にかかりますか。」
いつの間にか、リアアームを装着してきたリゼが。一方のエルガもエプロン
スタイルとなっている。
「今日はヌシさんサイズの調理だかんねー。 エルガ、仕切役よろしく〜。」
「にゃっはー!任せるのダ!」
と、シンメイが、
「はぁ・・・ダメでした。。。」
黄色い狐型の装備(後に工臨壱型と名付けられるアレ)を整え、げっそりと
して戻ってきた。どうやらイオは起きなかった模様。
「ハリセンで叩いてもダメだったか?」
「それで起きれば苦労しませんよ、リゼ。。。ファンビーでひっぱたいても
起きなかったんですもの。」
 ・・・ため息を付く3人。 イオの寝起きの悪さは折り紙付きであるので、
諦めて3人で作業にかかることに。。。

「まずは、ブロックチョコレートを砕くの。」
ずるずると、どこからかブロックチョコレートを引きずり出すエルガ。
「・・・どうやるんだよ。」
「リゼがまず砕くのだ。 それをにゃーがみじん切りにするのダ。」
「なるほどね。 それでは・・・」
リゼがリアアームをふりかざしたところで、 
「にゃー!! 待つの! 汚れないようにテーブルにラップを敷くのだ!」
と、エルガ絶叫。
「エルガ・・・案外マメなんですね・・・。」
ちょっと驚いたように、ラップを敷く作業をエルガと共に手伝う。ラップを
敷き終えたところで、改めて作業開始。
リゼが大まかに砕いたブロックを、エルガがヤンチャオでさらに細かく切り、
シンメイがドサドサとステンレスボウルへ放り込む。あっという間にチョコ
ブロックは粉砕された。

「つぎは熱湯ぶろ〜。」
「ちがうでしょ。湯煎っていうの。」
シンメイが突っ込む。
「にゃーん。 ちょっと間違えただけなの。」
イオのフライトユニットを拝借して、湯沸かし器を操作するエルガ。
「・・・ちょっと・・・か?」
苦笑いをしながら、リゼが大きめのボウル・・・というより洗面器にお湯を
受ける。そこへ、シンメイが先のステンレスボウルをゆっくりと下ろす。
「ここからは・・・エルガのお仕事ですよ。」
「はいにゃー!」
リゼとシンメイが押さえるボウル、その中で徐々に溶けるチョコレート。
冷蔵庫からコーヒーミルクとバニラエッセンスを取りだしてきたエルガは、
様子を見ながらそれぞれ投入、手早くしゃもじで混和する。
「お前、上手いな。」
感心したようにリゼが呟いた。
「うにゃ? 料理は愛情って、いつもにゃーさんが言ってるの。 だから、
教えてもらってるにゃーも、愛情込めるのにゃ。 だから上手なの。」
「上手、って自分で言うことではないでしょ。 ほらほら、あとは私が押さ
えていますから、あなた達は型の準備をしてはいかがです?」
「はーい。」

シンメイにボウルを任せ、2人はガラガラと型の準備をする。 ついでに、
トッピング用に久遠の好きなアーモンドや、きれいなマーブルチョコなども
並べる。食べたそうにするリゼを小突きつつ、ボウルの元へ戻ってきた2人。
「並べたの。」
「小物も準備完了だよ。」
「それじゃぁ・・・運びますか。エルガ、ワイヤーは大丈夫? リゼも耐熱
カバー付けた?」
珍しく拳狼を装備したシンメイ。 ・・・フライトユニットを着けたエルガ
がワイヤーを用いて吊り上げる。 それを下でサポートするリゼとシンメイ。
ゆっくりとテーブルへ移動させ・・・シンメイが慎重に位置を指示する。
「エルガ、もうちょっと右!」
「ここかにゃ?」
「そうですね、この辺でいいでしょうか。。。」
「それじゃぁ、流すよー。 引っ張るから、リゼ、よろしくなの。」
「ほいきた。」
2本かけたワイヤーの一本を引き上げ、ボウルを傾ける。後の部分をリゼが
補助で持ち上げ、湯口はシンメイが見張る。 見事な連携プレー。。。

 ・・・>2月14日の武装神姫-02へ続くっ!!>・・・







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー