メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝だ…月曜の朝だ。また公に奉仕する5日間が始まるのだ。
ヴェル達はまだ昨日のバトルの疲れからか、まだ眠っている。
起こすのも悪いので、小さく「言ってきます」を言って出かける。

朝7時半、まだ受付開始をしていない市役所の入り口をくぐる。
「おっはよ~ございま~っす…」
「おはよう、岡島君。」
「おう、岡島君、おはよう!まだ寝ぼけとるのか?もっとシャキッとせい!
 シャキッと!」
あんたのシャキッとぶりが異常だよ…阿内課長。

朝9時、始業のチャイムが鳴る。俺は4.5メートル四方の小さな部屋に、申し訳程度に
置かれたパイプイスに座り会議テーブル2台をつなげたテーブルにおいてある
『予約表』を確認する。それにずらっと書かれている『予約者』。
今の俺の仕事は、厨房工房の子供が居る親の相談員である。
扉を開けて入ってきたマダムの日々溜まっている不安や愚痴を、適切且つ妥当に聞いて、
適切且つ妥当な答えを返してあげる…それを1日平均10件ほど繰り返す…そんな仕事だ。
つーか、20代半ばでまだ子供も居ない独身男にそんな相談員役を押しつけるんだから、
全くココの市政はどうかしている。
もっと異性、特に若い女性との出会いが多い職場にさっさと異動したいものだ。



そうしている内に、一人目のお客様が入ってきた。いかにも「宅の坊やが云々…」
と言い出しそうなPTAな風貌の『奥様』である。
「おはようございます。さて…今日の相談内容ですが…どのような?」
「聞いてくださいな…宅の政則ちゃんったら、15歳にもなって人形遊びに夢中に
なってますのよ!」
「ほう…人形遊び?(ドールのことか?)」
「そうですの!今テレビでもやってる武装…なんたらっていうお人形ですの?毎日
勉強もせずにそのお人形に話しかけて居ますの…ああ気持ち悪い!
何でも?聞いた話によると、20・30越えたいい大人までそんな物にムダなお金を
つぎ込んでるって言うじゃないですの!?世も末ですわね…!」
「ほう…それは興味深い。(その『いい大人』が目の前に居るんだよ…悪かったな
 ムダな金つぎ込んでて!)」
と、言ったその時である。
「ふぁ~…よく寝たのだ。あれ?ここはどこなのだ?あ、マスター、おはようなのだ!」
「じゃ…ジャロ…お前…!!」
「な…なんですのこの子…?」
「は…ははは…これが奥様の言っていた『武装神姫』です…。最近、同じような相談が
多い物ですので、後学のために購入を…」
(やばい!非常にヤバイ!ここはどうやって切り抜けるか…)


「あ~ら~!可愛いわね~!お名前、なんて言うの?」
(あれ?)
「ジャロなのだ!イタリアごで、きいろのいみなのだ、マスターがつけてくれたのだ!」
「ジャロちゃんには、姉妹が居るのかしら?」
「おねーちゃんがふたりと、いもうとがひとりいるのだ。おねーちゃんたちはとっても
 やさしいのだ!でも、いもうとはやさぐれてるのだ!わるいこなのだ!」
ヴェル「くしゅん!」
ノワル「へーちょ」
コニー「でぇぇぇぇぇくしょい!…コンチクショウめ!」
ヴェル「だれか噂でもしてるのかしら…?そう言えばジャロの姿が見えないけど、何処
    行ったのかしら…。」
ノワル「ボク知らないよ~?」
コニー「さ~ね。大方でっかいウンコでもしてんじゃないの~?」

それから、ジャロと奥様の歓談が数十分続いた。俺はとりあえず、
「息子さんの神姫とも話して見てあげてください、多分、息子さんの気持ちが理解できると
思いますよ。」
と言う決まり文句で納得して頂き、相談を終わらせた。



それからと言うもの、何の因果か入ってくる奥様の今日の相談内容の全てが武装神姫がらみ。
最初は全く理解していなかった奥様方も、ジャロの姿、仕草に悩殺され、息子との相互理解
を深めるべく、軽やかにお家に帰って行った。

無論、デスクでもジャロの人気は衰える事を知らず、課の男連中は、帰りに買っていこうか
などといい、女性陣はジャロの大好物のシュークリームを上げて、その食べる姿に黄色い
歓声を上げたり…と、大人気であった。
まぁ最後に「今度から間違っても武装神姫を連れて来ちゃダメ」との課長の有り難いお言葉を
頂いた訳だが…。

終業時間となり、俺はジャロと一緒に帰路に着いた。
「きょうはたのしかったのだ!シュークリームもおいしかったのだ!」
「…そうだな、でも今度から背広のポケットで寝ちゃダメだぞ!」
「は~い、わかったのだぁ…。」
ちょっぴり残念そうなジャロ、でも、彼女は気づいていない。昨日、偶然にも俺のポケットで
寝ていたおかげで、理解のない親に半ば強制的に捨てられる神姫達の命を救った事を…。
「お疲れさま、英雄。」

めでたし めでたし。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー