メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

再誕せし、哀しき神の姫(後半)




人間から逃げ出そうと走り出した“彼女”を、ロッテが抱き留める。
移動中に武装は解除したが、琥珀色の瞳で“彼女”には分かる様だ。
人間である私達に対して程ではないが、少し怯えの色が見て取れた。

「……あたしは、自分の誇りに気付いてそれに従い戦いました」
「はいっ。それは……誇らしくて素敵でしたの、お姉ちゃんは」
「でも、あの人は応えてくれなかった……あたしを“殺した”」

感極まったのか、涙声でロッテの胸板をぽかぽかと叩く“彼女”。
ロッテは言葉もなく、暫くの間自らの胸で泣く神姫を撫でてやる。
落ち着くのを見計らい、クララがそっと挟み込む様に背中を抱く。
物理的に涙を流せずとも、間違いなく“彼女”は泣いているのだ。

「ずっと、あたしはあの人に喜んでほしかっただけなのに」
「その為に痛くても辛くても……我慢し続けたんだよね?」
「……それなのに、あの人は一回も笑ってくれなかった!」

後で分かった事だが“彼女”には愛玩用の改造が施されていた様で、
猪刈めは苦悶の表情を浮かべる“彼女”を、毎晩罵っていたらしい。
それは残酷な嘲笑であっても、優しき微笑では決してなかったのだ。
無論その様な機能はMk-Z氏が取り外してくれたらしい、何よりだな。

「あたし、何の為に今まで生きてきたの……人間が、怖い」
「お姉ちゃん。貴女の中に“誇り”は、まだありますの?」
「ほこ、り……?あたしの、誇り……?あたしの中に……」
「戦いの時、誰かの為に身を呈した“心”は偽物ですの?」

『違う!』と“彼女”は叫び、そして何かに気付き……泣き出した。
例え猪刈が外道であろうとも、彼奴めに尽くしたかった想いは本物。
それが故に、裏切られた事が大きな傷となってのし掛かるのだ……。

「ならもう一度だけ人間を、ううん……神姫を信じてほしいですの」
「……神姫を、信じる?えっと、うんと……神姫を、って貴女達?」
「そう。マイスターを信じているボク達を、信じてほしいんだよ?」

優しく抱きしめ言葉を紡ぐロッテ。背後から抱き寄せるクララ。
二人の言葉で初めて“彼女”は、私・槇野晶を見上げてくれた。
そんな三人を、私は優しく抱き上げて……胸元でそっと暖めた。

「あっ……うんとっ、えっと……お姉さん……?」
「何でも構わん。それよりな、私の所に来ないか」
「あ、あなたのお側に……あたしがですか……?」
「そうだッ。あの様な哀しい想いはもうさせん!」
「で、でも……あなたを信じていいのか、あたし」

“彼女”は哀しそうに、目を伏せて呟いた。それもそうだろう。
マスター登録は解除されているが、それで事が済むわけはない。
だが、ここで口を開いたのは……先んじて引き取られたクララ。

「マイスターは、不具合で戦えないボクを救ってくれた」
「不具合?そんな……えっと、ごめんなさい……あたし」
「謝らなくてもいいですの。お姉ちゃんは何も悪くない」

何か言おうとした“彼女”の唇は、ロッテの指でそっと塞がれた。
決して人間への不信が払拭された訳ではない。またそんな自分が、
人を信じていいのかという迷い。それに私は、誓いを以て応える。

「私がお前達を裏切りし時は、この命果せても訪れぬと知れ」
「え?そ、そんな……そんな大げさな事、言わなくても……」
「いいや、誓いは我が胸とお前……“アルマ”の胸にある!」
「“アルマ”……?それが、あたしの名前……お姉さんは?」
「我が名は槇野晶、マイスターの名に誓い皆と共に在る者だ」

それは、嘘偽りのない想い。命と引き替えにしても、破れぬ願い。
私は3人の“姉”として死ぬ時まで苦楽を共にする為、側に居る。
これはアルマのみならず、ロッテとクララにも改めて誓った言葉。
マイスター(職人)の誇りに賭けて、心より発せられる“契り”だ。

「あ……えっと、ま……マイスター、でいいですか?」
「有無、構わん。これからは私の“妹”だ、よいなッ」
「これから宜しくお願いですの、アルマお姉ちゃん♪」
「……アルマお姉ちゃん、ずっと皆で生きていこう?」
「うんと、はい。皆を一度信じてみる事にします……」

泣き出しそうな笑顔のアルマに、抱きしめるロッテとクララ。
そして、そんな三人が愛おしくてずっと優しく抱きしめる私。
何があろうとも、彼女らの力でいてやろう。私はそう思う!!

「……ありがとうな、アルマや」
「きゃっ!?……あ、あっ……」

そしてロッテにもクララにも行った、額への誓いの口付け。
真っ赤になり応じるアルマが、なんとも可愛らしいな……。

「ええと、うんとっ。みんな、宜しくお願いしますね?」
「はいですのっ♪クララもわたしも、マイスターもっ!」
「帰ったら、いろいろ好きな服を見繕ってやらねばなッ」
「有り難う、Mk-Zさんにマーヤさん……後は田中さんも」

クララに釣られ、私達はそろって助力してくれた人々に礼を言う。
Mk-Z氏は何やら曰くありげに笑っている……恐らくはアレかもな。

「いえいえ。こっちもいろいろ、参考になりますしね?」
「おにーさま、Dr.CTaさんも褒めてくれますよきっと!」
「よーし……それでは帰るか、懐かしき我が家になッ!」

──────愛しき神の姫に、優しき心の誓いを。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー