メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「武装神姫のリン」
第16話「決着」

燐とティアのいる空間はSSF本部からモニター出来ている。
しかしパスワード送信を完了してからというもの、先ほどから通信は一切繋がらなくなっていた。

「ティア、燐!! おい、応答しろ!!」
俺は声を張り上げてみる。しかしやはり向こうには届いてない様だった。


「ハッハ…まさか"デモンベイン"を持ってくるなんてね、驚いたよ。これもボク以外の"神様"の仕業かな?」
ナイアが芝居めいた口調で問いかけてくる。

「そんなことは関係ありません、貴女を倒します。」
「必ず叩き潰してやりますわ!! 行きますわよ、お姉さま」
「ええ、一気に決めるわ。 断鎖術式ティマイオス、クリティアス!!」

"デモンベイン"の脚部シールドに紫電が走り周囲の景色が一瞬歪む。
そしてその歪みが元に戻った瞬間"デモンベイン"は劇的に加速する。

「バルザイの厭月刀」
ティアが唱えると共に"デモンベイン"の右手に炎が走り、特徴的な姿の刃が出現した。

「黄金の十字架よ…」
ナイアの呟きと同時に"リベルレギス"の右手に全長を超える大きさの十字架が出現する。

「ハァア!!!!!」
燐はその加速の勢いに任せ、刃を叩きつける。
しかしその神速の斬撃はいとも簡単に十字架に受け止められ、吹き飛ばされる。

「ク…ゥ 簡単にはいきませんね」
「お姉さま、来ますわよ」
「ンカイ、の闇よ」
"リベルレギス"が前方に突き出した左手、その先にいくつかの重力球が生まれる。

「シャンタク!!」
ティアが即座に反応して"デモンベイン"の飛行ユニット、シャンタクを出現させ飛翔する。
重力球はデモンベインのいた場所の空間を"丸ごと"持って行った。

「ッツ! そんなところまで原作どおりなのね…」
「うっとおしいですわね、こっちも神獣弾をお見舞いして上げますわ」
厭月刀が消滅し、瞬時にデモンベイン-燐の両手の甲に輝く紋章が現れる。

「イタクァ! クトゥグア!!」
燐が叫ぶと同時に2丁の拳銃が姿を現す、一方は灼熱をつかさどるクトゥグア。もう一方は冷気の力を持つイタクァだ。

「神獣形態!!」

そうして現れた2丁拳銃から放たれた弾は瞬時に姿を変え、イタクア、クトゥグアの本来の姿となる。
それは意志を持つかのようにリベルレギスに向かう。しかしリベルレギスはそれを正面から向かい撃つ様だ。

「おやおや、のっけから頑張るねえ、じゃあこっちもソレ相応の対応をしないとね シリウスの弓よ…あれを撃ち落せ!!」
リベルレギスは輝く弓を構える、と思った瞬間に矢はすでに発射された。
そして先ほどこちらが放った神獣弾と相殺する。
そのエネルギーの余波が2対の距離を広げる。

「やはり、原作どおり力は全くの互角なのでしょうか?」
燐が俺に通信を開く。

「さあな、でもSSFが総力を上げて作った攻撃プログラムの"デモンベイン"と互角なんだ。これ以上の敵は向こうの言うとおり居ないはすだ。」
「分かりました、1度アレを撃ちます。」
「ああ、まあ向こうがしてくる対抗策は判ってるな? ゲームやっただろ?」
「ハイ、大丈夫ですよ」
「お姉さま、お話しは終わりにしてくださいますこと、今度はあちらから来ましたわ」
見るとリベルレギスは両手を手刀にして構え、突っ込んでくる。

「ええ、ロイガー、ツァール!!」
「さあさあさあ!! 次はどうしてくれるのかな?」
リベルレギスの手刀をロイガーで受け止める。

「教えなくとも判っているはずですが…?」
燐の問いかけに"ナイア"は笑う。

「そうだ、そうだよ、次は己の最強の技を撃ち合うんだよね!! 超超極低温の刃と無限熱量。どっちが勝つかなぁ???」
"デモンベイン"は両手を天に掲げ、剣指を放射状に広げるように動かし、止める。
"デモンベイン"の背後にはエルダーサインが現れ、右手にエネルギーが溜まっていく。
一方リベルレギスも左手の手刀に力を込める。

「光指す世界に、汝ら暗黒住まう場所無し、乾かず飢えず、無に帰れ! レムリアァ!!!」
「ハイパーボリア…」

「「インパクトォ!!!」「ゼロドライヴ!!」

同時に放たれたお互いの必殺の術式。
一方は何もかもを焼き尽くし、消滅させる無限熱量。対するは触れる全てを瞬時に凍らせ、破壊する絶対零度。
それらが激突する!!!

====
「さあ、食らいさいな、怨霊呪弾!!」
「させない!!」

スラスターを吹かせて超高速でジグザグに飛行し、遂に強大な闇の球を支える相手の裏を取った!

「コレで!!」
タイミングも完璧。死角ならば避けられない。ファムは容赦せず鎌を振り下ろした。
しかし手ごたえは無い。鎌は音も無く空を切る。

「ひっかかったぁ そ・れ・は・フェイク」
そうしてファムを無数の"蠅"が包み込む。
「ああぁぁぁっぁああ」
蠅に包まれた瞬間ファムを痛みと恐怖が襲う。
それは過去に彼女に蹂躙され、殺された神姫の悲しき叫び。その集合体だった。

「こ、これはっつ、ああああぁぁあ」
ファムの頭を「恐怖」が埋め尽くしてく。

「これで、アンタも堕ちたわね。」
"ベルゼビュート"が勝利宣言を行う。
「まだ、ま…だぁ!!」
「…そいうの。キライじゃないけどもういいわ。今回だけ特別に終らせてあげる。」

"ベルゼビュート"はクトゥルーのものと同じ。しかし鋭く尖った触手を出現させ。一気に突き出した。

『ごめんなさい、静菜。でも貴女だけは悲しませたくなかった』
ファムはそう嘆くことしか出来なかった。

"FINAL VENT"
ふとそんな単語が聞こえた。
次の瞬間。膨大な力の塊が己のすぐ側を通り過ぎるのが判った。
そして己を突き刺さんとしていた触手は愚か、ベルゼビュートも完全に消滅していた。
ファムの目の前に降り立ったのはまるで騎士のような風貌のストラーフタイプ。

「よし、今回は何とかなったな。」
「はい、師匠。 しかし、あまり闘ったという感じがしないのですが…」
「ピンチの正義の味方を助ける"悪"。これほどお前が望んでたシチュエーションはあまりないと思うが?」
「そうですね、今回はビシッと決められましたし。」

ファムはあっけに取られて突然現れた神姫とそのマスター(?)の会話に入っていけなかった。


====
「スクリーミング、バァアアドォオ!」
音速を超えて、"ロードビヤーキー"が接近する。

エイナはもう目に頼ることをやめ、精神を集中させる。

「死なない、私は!!」
一瞬、緑の風の動きが感じられた。その一瞬の感覚を頼りに吼莱壱式を放つ。

「ちぃ!!」
しかし"ロードビヤーキー"もそれを察知しギリギリの所で回避、ビームは影を仕留め切れなかった。

左翼を半壊させたまま、突っ込んでくる。

「これで終わりだな!!」
「まだ!」

叫んでみるが、体は動かない。無茶に吼莱壱式を撃ったのが原因だった。
そうしてエイナの意識は途切れた………はずが死はやって来なかった。

ふと遠くで鋼鉄が墜落したかのような衝撃を感じる。
「大丈夫ですか?」

目を開けたエイナの目の前に立つのは、この場には似つかわしくない衣装を纏った神姫。
どう見ても、あの有名な"ドキドキハウリン"その神姫であった。

====
「はぁああああああ!!」
「やあぁあああ!!」
3つのきらめきが交差せんと迫る。
先手は皇餓。
キャルは1太刀目をかわす。続いて皮一枚で2刀目も。

「勝った。」

そう思った。
しかし追撃するは3、4刀目の煌き。
それはキャルの命を絶つ刃。
キャルは一瞬。マスターの健三のことを考える。
思えばSSFに入る前もこうしてギリギリの線を越えてきたのだ。今回がダメだっただけ。そう考えた。
しかし。

「見切った。」

3人目の声が聞こえた。
そして己を襲うはずだった刃を1刀で受け止める神姫。
そうして舞うように刃を一閃。 皇餓の"2対"の腕はその1撃で全て切断された。

「貴様、何者…」
「…我が名は十兵衛。刻め…そして眠るがいい」

そして十兵衛と名乗る神姫は真一文字に皇餓を両断する。
キャルはそれを見ていることしか出来なかった。

====

「ほら、ほらほらほら!!何とか言ったらどうなの??」

メイの瞳から生気が失われてゆく。
4分前にジャマーをはじめとした全ての装備が失われ、3分前に遂に触手に捕まった。
それからは頭の中をぐしゃぐしゃにかき回されるばかり。 もう、意識が飛びそうだった。
生まれてはじめてメイは涙を浮かべた。
最初は恥ずかしさの裏返しだった。わざと感情を表に出すことをしなかった。
それでも勇気は自分を可愛がってくれた。
そんな主人に会うことが出来ない。そう悟って初めて出たものだった。

「会いたい…勇気に会いたい。」
そう呟いた。

「会いたい?マスターにもう1度会いたい?」
誰かの声が聞こえた。

「うん、会いた…い」

メイは残された力を全てその一言に注ぎ込むように、言った。
次の瞬間。己を拘束し、頭を犯す虫は取り除かれた。
そして自分を抱きかかえる存在に気が付く。
それは巨大モジュールに身を包んだヴァッフェバニーだった。

「これで、終わりです。 フルバースト。」
次の瞬間モジュールの所処から数々の砲門が現れ、砲撃を開始する。
その怒号が終るころにはサイクラノーシュは存在しなかった。

====
物陰から飛び出し、セリナはクラーケンの背後を取る。

「おねがい、ライズアンドトゥルース!!!」
セリナは研ぎだす勢いに身体を任せながら構えた2丁拳銃のトリガーを引いた。
その銃弾はセリナの思い描く通りの軌道を描いてクラーケンの急所を撃ち抜く。
そうしてクラーケンの動きが止まった。

「やった!?」
セリナはそう思いたかったがクラーケンは再び動き出す。

「痛いわよぉ!!!!チョコマカとぉ!!!!」
怒りに狂った左腕が伸びる。
自分を軽く握り潰せそうなクローに身体をつかまれる。

「ちぎれろぉ!!」
「いやだぁあ!!」
そうしてクローに力が…

「後方不注意ですよ、貴女」
そうして大きな衝撃がクラーケンに走る。
セリナは自らの体が宙に浮く感覚を覚える。
クローから体が解放されていた。そしてそれをスッと受けとめる。ハウリンタイプ。

「エイナ?」
思わず声が出る。

「いいえ、雪乃です。」

「なんだ!! お前ぇぇ!!!」
クラーケンは思いがけない乱入者を警戒する。
「ですから、後方不注意ですと」

「ナッ!!」
クラーケンが慌てて振り返る、そこには輝く左手を振りかざすマオチャオタイプ。
迎撃しようにも間に合わない。

「コレで終わりなの!! ひっつさぁつ!!! ねここフィンガー!!!!」
マオチャオの研爪が突き刺さる。

「すぱぁぁぁぁく、えんどぉ!!!」

次いで超大出力の電撃。一瞬でクラーケンの身体を駆け抜ける。

「そん…な…」
崩れ行くクラーケンを見つめ、セリナは突然現れた2人の神姫に問いかける。

「貴女たちは?」

雪乃はマオチャオタイプに目配せをする。

「わたしはねここ。そしてわたしとユキにゃんは"正義の味方"なの!!」
そうしてVサインをする(正確には指が微妙なんだがw)ねここ。
セリナには本当の正義に味方にの様に2人が感じられた。

====

2体の鬼戒神の必滅の技がぶつかる。押しつ押されつ。
お互いの力は互角…やはりここも同じか。
そう俺たちが感じた瞬間、敵の技の威力が増した。

「えっ…」

瞬く間に"デモンベイン"の右腕が凍りつき、破壊される。

「きゃあああ!!!」

そのダメージは本体へ、すぐにコックピットにも伝わる。だんだんと計器が凍りついて壊れていく。
モニターでの損壊率は60%を超えている。

「どうして!!」

燐が叫ぶ。

「はっは、どうして? 何故? 原典と同じではないのか?? ははは。ボクがそこまで付き合うはず無いじゃないか!!
だって、そうして"ボク"はデモンベインの前に倒れたんだから。」

そうして敵の必滅の攻撃によって"デモンベイン"は消滅した。

「なぜ、ですの…」
「そんな…」

素体状態のまま放り出され、地面に叩きつけられた2人。
なんとか立ち上がるが先ほどのダメージが身体に残っているらしく、動くことが出来ない。

「ハハッハ……ざまあないね。本当に2人だけでボクに勝てると思ったの?? さあ、君たちもボクの商売道具の仲間に加えてあげるよ。」
そうしてリベルレギスが左手を差し出す。

「まずは2人の記憶を消さなきゃ。」

リベルレギスの左手が輝く。あれを撃たれれば全てが終るのだろう。
そう燐は確信した。

「ティア、貴女だけでも…」
「いいえ、お姉さまこそご主人様の元へ帰らなければ! 」
「そんな…ティア。判って!!」
「ダメです、そんなの私が許しませんわ!!」
ティアは力を振り絞ってWSフォームを装着。レヴァンティンを構える。

"Schlangeform"
レヴァンティンは刀剣からいくつもの節に分かれた蛇腹剣へと変形する。

「飛龍、一閃!!!」

放たれた斬撃はリベルレギスの左手の輝きを止めることは出来たが、その反動でレヴァンティン自身が破壊された。

「お姉…s…ま、逃げて…」

そうしてティアは意識を失った。

「ティア!!」

燐は痛みさえ忘れてティアに駆け寄る。今は意識を失っているだけだがこのままの状態が長時間続けばどうなるかは判らない。
しかし燐は判断を決めかねていた。
必死に逃げれば助かるかもしれない。でもSSFの5人を置いて逃げることは出来ない。
しかしティアをずっとこんな常態にしておけないのも事実。
「マスター…私、どうすれば……」

天を仰ぐように呟くが返答は…無い。こんな絶望的な状況。それでも諦めるということだけはしたくなかった。
ティアが必死に自分を助けてくれたのだから、それに応えなくてはならない。

「ふう、さっきはちょっと面白かったけど、茶番はもう終わりだよ。」
ナイアが宣言すると共に再びリベルレギスの左手に光が収束していく。
その輝きは遂に空間全体を照らすほどになっていた。

「さあ、物語を終わりにしよう!! このシャイニングトラペゾドロンで!」
リベルレギスの手に握られるは刃の無い神剣。あれが突きつけられれば、燐は消滅する。
少なくとも今までの生活に帰ることは二度と叶わなくなる。

「それでも、諦めることだけは…しない!!!」
FTフォームに身を包み、燐はリベルレギスと対峙する。
しかし勝てる見込みはほぼセロ。もうただの強がりでしかない。
それでも燐は引かない。それが燐の選んだ答えだから。

「そうです、諦めたらソコで終わりですよ!! 燐さん!!」
久しぶりに聞く声。
その主は…

「十兵衛ちゃん!!」
「無事で何よりです、貴女と一緒に闘うのは2度目ですね。 今度は助けに来ましたよ、友達ですから。」
絶望的な状況にあらわれた思いがけない援軍に燐は驚くばかりだ。

「どうして私たちに相談してくれなかったんですか、言ってくれれば力になれたのに。」
そうして舞い降りるはココ、いつもの格好でたたずんでいる。

「ごめんなさい、今回はティアの個人的な事情だったから…」
「いいですよ。ギリギリでしたが間に合ったのですから。」
「ありがとう。」

突然の乱入者に"ナイア"は驚嘆の声を上げる

「なんだ!なんだなんだ!! 何なんだ!! キミたちは!!!!!!」

「教えてほしい?」
また背後から声が聞こえた。それはあの作戦での核となり、強大無比な力を振るったジェネシス…ジェニーのものだ。

「ではお教えしましょう…」
これは雪乃、彼女も来てくれた。ということは…

「ねここたちは燐ちゃんの友達!! だから友達を助けに来たの!!」
やっぱり…ねここも。

「正義を貫く"悪"として、貴女を許すわけにはいかないので。」
そして最後に現れたのはエスト。
少し以外だったが、彼女もあの時共に闘ってくれたのだ。今も自分の正義を貫くためでもあるらしい…でも心強かった。

「なぜココに!! 完璧にルートを遮断したはずなのに!!」
「あら、そうですか? 私にとっては言うほどのモノではありませんでしたけど? 確かに解析には時間が掛かってしまいましたが、中身がわかれば単純なものでした。」
ジェニー…ジェネシスが応える、彼女とそのマスター。日暮 夏彦にはこの程度の修羅場は何度も通ってきた。
今回はどちらかというと簡単な方だった様だ。

「こんなイレギュラーがあるわけない!! どこで、どこで間違ったんだ!!!」
「それは貴女が自分勝手な世界を作ろうとしたからです。 思い通りになる世界なんて存在しないんです!!」
ココが声高らかに叫ぶ。

「私だって最初はこの衣装を着せられるのが恥ずかしかった。『できれば普通のマスターの所に行きたかった。』なんて思ったことも1回だけありました。でも今はソレも含めて楽しいんです。」

「そういうことです、貴女が無茶をしなければもっと他の生きかたがあったかもしれないのに、貴女は自分でその可能性を断ったんです。」
「い、言うな!! ボクはナイア、ナイアルラトホテップだ、ボクの思い通りにならない世界なんて拒絶してやる!!壊してやる!! そうしてまた最初から創めるんだ。ボクだけの世界を…」
「させないの!! そうでないと貴女が可哀想だから…ここで終って!!」

ねここを初めとして、全員が構える。
リベルレギスは空中に停止して"世界"が揺れ始めた。
"ナイア"が"この世界"を終らせるつもりだと判った。

「燐、この空間を他と分断しているのはあのロボットの能力。私たちが連続であれの1点に集中攻撃を与えてプロテクトを弱めます。だから貴女が最後にスプライトザンバーで切り裂いて、この空間ごと。全てを。」
雪乃が説明を加えてくれる。しかし自分にはそれだけの力が残っていない、燐にはそれが判っていた。

「でも、私には力が…」
「いいえ、大丈夫、私たちもいます。」
振り返ればSSFの5人が立っていた。皆ボロボロだが生きている。誰一人として欠けていない。
少なくとも己より強いはずの鬼戒神と闘っていたのに、無事でいてくれた。

「私たちのエネルギーを使ってください。 大丈夫ですから。」
そうして皆が手を握ってくる、暖かい感覚が身体を駆け巡る。力がわいてきた。

「いっしょに帰りましょう。 燐」
「…がんばって。」
「こんなことしかできないけど、おねがいします。」
「あなたに託します、全て。」
「おねがいね!」
ファム、エイナ、メイ、セリナ、キャルそれぞれの"力"が燐に集まる。コレなら大丈夫だ。
量の問題じゃない、気持ちの問題だ。あとは全力で解き放つ。それだけ。

「行きます!! バスターランチャー照準。いけ!!!」
「さあ、最後です!!」
2門の長大なバスターランチャーから膨大な破壊力がリベルレギスの胸部にぶち当たる。しかし装甲はびくともしない。

「…我が名は十兵衛、いざ、参る!!」
真・十兵衛が飛び、その手に持つ太刀を振るう。一閃。それはリベルレギスの左腕を切り落とした。それでも胸部装甲にはヒビしか入らない。

「ジェネシス…Gの系譜の力を思い知りなさい!!」
ジェネシスは内包する全ての武装を開放。それを1度に発射。着弾を確認後も弾切れまでそれを続けていく。
全ての銃弾が発射された頃にはジェネシスの放熱も限界だった。素体からも蒸気が出ている。

「任せます、エスト。」
「ええ。今回は調整無しでフルパワーで行きます!!」
エストが高く飛び上がる。そしてカードをデッキから引き抜いて剣に装填。

"FINAL VENT"
膨大な熱量をまとってエストが弾丸のように加速。
その熱量をいつの間にか手に持っている槍に宿し、敵を穿つ。そして…貫く。

なにか、硝子が割れるような音をさらに細かくした音と共に胸部装甲が割れ、リベルレギス内部のエンジンが見えた。
しかしそれをもっと露出させなければいけない。

「ねここの出番なの!! ねここフィンガー アンリミテッドぉ!!!」
ねここの必殺技、ねここフィンガー。通常リーグではオーバースペックなために仕込んだリミッターを解除。
さらに出力を限界まで上乗せした1度限りの技。
研爪はエンジンに食い込み、そしていつものようにねここは右手を天に掲げるように構える。

「すぱぁぁぁぁぁぁぁく、えんどぉぉぉ!!!!!!!!!」
いつもよりさらに壮絶な掛け声と共に電流…いや雷が駆け抜けた。そう感じられた。

「燐ちゃん、さいごなの、決めちゃえ!! なの!!」

「ええ、皆の想いをもらったから。私はいける!! 疾風…神雷!!!!!」
燐はリベルレギスのエンジンに向けて飛んだ。これで、終る。これで、決める!!
そうしてエンジンに刃を振り下ろす。

「スプライト、ザンバー!!!!!!!!!!!!」
「や、止めろォォ!!」
目前に現れたのは…"ナイア"。しかし燐はその切っ先を止めることは出来なかった。すでに刃は振り下ろされた後だったのだ。
"ナイア"は背後にあったエンジンと共に一文字に両断され、そこから光があふれだした。
そして光の粒子となって彼女は消えた。
でも最後に、

「次は普通の神姫として生まれたいな…」

こう言ったように燐には聞こえた。

そしてこの作戦は遂に終幕を迎えたのだった。
作戦終了時刻 午前5時45分、38秒。













朝日がまぶしい、どうやら寝てしまっていたようだ。
おっと、リンが転げ落ちてしまうところだった。
そうそう、ティアは無事に意識を回復した。
無理にエネルギーを使ったことによる強制スリープだそうだ。
まあそれも普通に1晩クレイドルで寝てれば大丈夫らしい…というかティアは昨夜クレイドルでの休養をとらずに素振りをしていたという事実が明らかになった。結局はアイツ自身が招いた事態だった。

リンもティアにクレイドルの件についてみっちり説教した後に、寝てしまった。
よりによって俺の肩の上で…というわけで今は茉莉が車を運転してるんだが危なっかしくて寝てられないな。

SSFには後日挨拶に出向くとして…あとは助けに来てくれた6人とそのマスターに思い切り怒鳴られたり、ジト目で見られたり、泣かれたりした。

いや、俺も迷惑だろうな~って思ってただけに、助けに来てくれたのは素直に喜べたが怒られることはないんじゃないか?
と思ったりする。
しかし、通信を繋げるならもっとはやくして欲しかった。もう俺はあの時、「リン!!リン! 死ぬな!!!!」ッて叫び通しだったし…
とりあえず来月は皆にお詫びとお礼を兼ねて美味しい焼肉屋につれて行くことになった。さて予算は5桁ではすまなさそうだ…

それでもこれで俺たちの日常が戻ってくる。その予定だ。
少なくとも『べーオウルフ』という組織が壊滅したのは相当な影響を他の組織にも与えたハズ。
だから大規模な神姫犯罪はここ数ヶ月は起きないと思われる。
それがずっと続けばいいが、それはありえないだろう…しかたがないことだ。
とにかく、俺は今度からよっぽどのことが無い限り今回のようなことに頭を突っ込むのは自粛したい。
でも"友達"がピンチなら助けに行くつもりだ。もちろん燐、ティアと共に。


今日は休みが貰えたからいいけど、明日からはまだ第1弾も出るのパワーアップユニットの調整…
明日からまた忙しくなりそうだ。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー