メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神姫たちの夜──あるいはその本性




夜。作業も一通り終わって、私・槇野晶はそ~っと我が寝床に入った。
隣には神姫・ロッテとクララのクレイドルがある。起こす訳には……?
いや、耳を澄ますと何か聞こえてくる様な。耳を峙てて聞いてみるか。
──────それを後悔したのは、時間にして数秒後の事だったがな。

「ん……っ。クララ、そんな所なでちゃだめで……んっ!」
「でもロッテお姉ちゃん、これに反応っておかしいもん?」
「だって、マイスターがする時も……メモリが溢れそうで」

やたら甲高いロッテの声。そして好奇心を隠そうともせぬクララの声。
その、だな……えっと、あの。これってもしかして、アレなのかッ!?
ううッ、迂闊に振り向けん。これを見てしまってはならん気がする!!

「メモリが……?ただ撫でているだけなのに、そんな現象が?」
「はいですの。その、あまり嫌じゃないデータでいっぱいにッ」
「じゃあ、こうしたら……どうなるの、ロッテお姉ちゃんっ?」
「きゃあんっ♪や、やだぁ。そこ弱いんですの……ふぁうっ!」
「ユーバープリューフング(確認)……センサー感度微少なのに」

ど、どうやらクララめ……ロッテに愛玩用のセンサーがあるかを、
走査した様だな。だが天に誓い、お前達にその様な物は付けない!
……その、望まれれば別だぞ?でも、そんないかがわしい事ッ!?

「センサーが普通でも、いっぱいになっちゃいますの……えいっ!」
「ぅぁっ?!……ぅ、んっ!少しだけど、ボクも感じるかもッ……」
「あ、ホントですの?……なら、これからお姉ちゃんがじっくり♪」
「え?……ボクはまだ、いいんだよ。こういうの……ひゃあっ!?」

ロッテ……ぎゃ、逆襲に転じるとはなんと大胆になってしまったか!?
受けているクララの方も、可愛らしい声を……せ、切なそうだぞッ!!
……多分鏡で見れば、今の私の顔は何処ぞの三倍な少佐より紅いかも。
枕元でそんな切なげに愛を睦み合われるとな、そのな……私、私はッ。

「ぅ、んっ……でも、これが本当に役立つの、ロッテお姉ちゃん?」
「はいですの!“メインディッシュ”のマイスターの為ですの~♪」
「はぅ、んんっ……“メインディッシュ”の為に、今は……えいっ」
「ひゃっ!?そうですの、一生懸命ガマンする時ですの。んんっ!」
「じゃあ、その時は一緒に……マイスターと入念にするんだよ……」

──────え。今、なんて言ったの?“メインディッシュ”?!
私の脳がそれを理解すると同時に、全身に電撃が──────!?

「う゛ぁ……ちょ!?ちょっと待てぇ、お前達っ!!!?」

たまらず私は飛び起きた。仮にも私だって、アキバの住人である!
この流れで“メインディッシュ”にされるという事は、私とッ!!
その、まさかだな。あんな事やこんな事をするというのかぁッ!?

「あ……マイスター起きたんだよ、ロッテお姉ちゃん?」
「ふぇっ?あ、見つかっちゃいましたの~……てへへ♪」

……妙に暢気な二人を確認し、私は改めて状況を見てみる事にした。
目の前のデラックスタイプクレイドル“ふたごのおひめさま”にある
ベッド型クレイドルの上でパジャマ用のドレスを着て、二人は……。

「……なぁ、よいか。ロッテにクララ」
「は、はい?なんですのマイスター?」
「ロッテお姉ちゃん、多分怒ってるよ」

──────お互いに“肩揉み”をしておった……。

「紛らわしい声を、深夜に出すんじゃないっ!!」
「……勘違いしたマイスターも、悪いと思うけど」
「で、でもクララってばピンポイントで~……!」

落ち着いて話を聞いてみれば、日頃働く私を見かねてか二人で
私の肩を揉んでやりたかったらしい。要するに早とちりだな。
……でもな、なんだか恥ずかしくてたまらないではないかッ。
“メインディッシュ”なんて言い回しまでされては、な……?

「はぁ……わかった、揉んでくれんか?」
「はいですのっ♪ほら、クララ一緒にっ」
「……マイスター、みっちりやるんだよ」

──────今日の肩が堅いのは、疲れだけではないかもね?







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー