メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『た~けや~ さおだけ~♪』

…さおだけやさんのこえがするのだ。
ふぁ~、おはようなのだ、まだねむねむなのだ…。
のび~~をするのだ。
ふ~、すっきりなのだ!!

「マスター、おはようなの…………」

あれ?
いないのだ。
マスターがいないのだ。

きょうはどようびなのだ、
マスターは、おしごとおやすみのひなのだ。
カレンダーもみたのだ。
まちがいないのだ。

あれ?
ヴェルちゃんもノワルちゃんもいないのだ。
コニーちゃんは…いるのだ。
またかおをかくしているのだ、しゅこしゅこいってるのだ。
「やさぐれ」てるのだ。マスターがそういってたのだ。

コニーちゃんにきいてみるのだ。
「コニーち~ゃん、マスターはどこいったのだ~?」
「……知らないわよ…シュコ~。」
やっぱり「やさぐれ」てるのだ。

マスター、ヴェルちゃん、ノワルちゃん、どこいったのだ…?


たいくつなのだ。
つまんないのだ。
こういう時は、ぷちちゃんたちをよぶのだ!!
「お~い!!ぷちちゃ~ん!!」
シロ「はいな~、アネさん!!どないしはったんでっか~?」
クロ「何事だ!!任務か!?」
ボク「はい!只今参りま~す!!」
オレ「何だ何だ!?ジャロ公!また何かやらかしたのか!?」
ヒメ「は~い~、お~よ~び~ですか~?」

「マスターがいないのだ!!なにかしらない?なのだ。」

シロ「さ~…?ワテらもアネさんに呼ばれて起動したばっかりやさかい、
  どっかお出かけなんとちゃいますか?」
「でも、ヴェルちゃんもノワルちゃんもいないのだ!おかしいのだ!」
クロ「ほう…3人とも消えた…それは異常だな。」
オレ「異常なもんかよ!大方便所でも行ってんじゃねぇのか?」
ヒメ「あの~、わたくしの推理から~察しますと~…」
オレ「で?オレ達にどうしろってんだ?ジャロ公!?」
「たいくつなのだ。つまんないのだ。あそんでほしいのだ!」
オレ「小隊長…そんな下らん事で我々を呼んだというのか……!!」
ボク「まぁまぁミスター…;ジャロさんも今一人なんですし…」

コニー「一 人 じ ゃ な い わ よ ! !
    悪かったわね!ボディ無しで!!ふん!!シュコ~…。」

シロ「お~お~、女のヒスはおっそろしいでんな~、くわばらくわばら…。」
オレ「所詮はパーツ取りのタメに買われた奴の宿命ってか?ケケケ!!」
ヒメ「み~ぐ~る~し~いです~。」
クロ「ふっ…哀れな…」

コニー「あ…アンタ達…アタシが動けるようになった後、
    どうなるか解って言ってるんでしょうね…………!!フンガー!!」

ボク「ま…まぁまぁ…;それじゃあ、何をして遊びましょうか?」
「え~っと…それじゃぁね…かくれんぼなのだ!」


ゆうがたなのだ。
おそらがまっかっかなのだ。
カラスさんもないているのだ。
ぷちちゃんたちも、おなかがへってかえっちゃったのだ。
…つまんないのだ。

マスター、かえってこないのだ。
ヴェルちゃんもノワルちゃんもかえってこないのだ。
…さびしいのだ。

「ねぇ…教えてあげようか?」

コニーちゃんがマスクをはずしたのだ!ひさしぶりなのだ!
「なにをおしえてくれるのだ?マスターがどこいったのか
おしえてくれるの?なのだ!」
「アタシ達はね…捨てられたのよ…!!」

え…?

「アンタも心当たりあるでしょう…?いっつもバトルで失敗ばかり…
おかげでマスターはランキングの真ん中当たりを行ったり来たり…
そんな子を何時までも残しておくと思う…?思わないわよねぇ…!?
マスターはね…そんな使えないアタシ達を捨てて、どこかに行っちゃったのよ!!
ふふふ…アハハハハハハハハハハ…!!!!」

うそ…ウソなのだ…しんじないのだ!!

「もうすぐ迎えが来るハズよ…神姫リサイクル業者がね。アタシ達はもうすぐ捨てられるの。
でも…一度体をバラバラにされてもう一度新しい心と体になって、新しいマスターの元で
使って貰った方がいいかもね!!クックック…。」

いや…なのだ。マスターとおわかれするのはいやなのだ…。

やだ…やだよ…いやだよぉ…。



ガ  チ  ャ
「ただいま~!ジャロ、良い子にしてたかー!」
ま…ます…ター…?
「ん?どうしたジャロ…?」
「う…ぐす…うぇ…

うぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!!

マズタぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁ!!!
ヴェルちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!
ノワルちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!」
「お…おいおい…確かに何も言わずに出かけちゃったけど…」
「だって…だって…ジャロのことすてちゃうって!ジャロはつかえないこだから、
 こわされてマスターのことわすれちゃうんだって!!」
ノワル「やっだなぁ…ボクたちはオーバーホールに行ったんだってばさ…。」
「おーばー、ほーる?」
ヴェル「そうそう…、マスター達で言う所の『定期検診』ね。一度体の隅々まで
    検査して貰って、おかしい所が無いか調べて貰って来たのよ。
    ジャロは私たちより後にマスターの所に来たからまだまだ先だけどね。
「ジャロが気持ちよさそうに寝てたから、起こすの悪いと思ってね。
 …でも、確かコニーには伝えてあったハズだけど…。」
え?
コニーちゃんはしってたの?
「コニーちゃん…」
コニー「ク…くくく…けっさ…くホホホホホ…ブヒュヒュヒュヒュ…。」
またかおをかくしてるのだ。
でもわかるのだ、わらってるのだ!!
ジャロのことを「たばかった」のだ!!
「おい…ジャロ…、どうしたんだ?泣いたり怒ったり…。」
「な、なんでもないのだ!でもマスターひどいのだ!ジャロさびしかったのだ!」
「ゴメンゴメン…でもほら、おみやげ。ジャロの好きな万引屋のシュークリーム。」
「うっわ~い!!うれしいのだ~!!うれしい…のだ…うぇ…グシュ…。
 うぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!!」
ノワル「あ~、また泣き出した~、ジャロってばホント泣き虫だね~。」
ヴェル「ジャロ…寂しかったのよね。でもマスターは捨てたりしないわ…ジャロは大切な
    パートナーなんですもの、ね?マスター。」
「ああ…そうだぞ。お詫びに今日は一緒に寝ような。」
「うん…。」
そのあとみんなでシュークリームをたべたのだ。
おいしかったのだ。
よるは、マスターのそばでねたのだ。マスターといっしょのおふとん、あったかかったのだ。
でも…コニーちゃんはゆるさないのだ!
だから、よなかにこっそりおきて、おでこに『肉』ってかいてやったのだ!
つぎのあさ、コニーちゃんびっくりしてたのだ!
マスターも、ヴェルちゃんもノワルちゃんもわらってたのだ!
ぷちちゃんたちもわらってたのだ!


めでたしめでたし なのだ!!


コニー「めでたくないわよ…この馬鹿ネコぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー