メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天の妙なる響きに、しばし身を委ね




夜の東京……と言っても、いかがわしいゲームの発売日でもない限り
真夏と暮れの魔境現出時以外、アキバの夜はおよそ静かなのである。
ましてやここは外れでしかも地下、換気さえ注意すれば快適な物だ。
と言うわけで今晩は、昼に虫干しを兼ね整頓した蔵書を読んでいる。

「ふぅむ、この配線パターンはこれが効率的か……なるほど」
「むにゃ……マイスター、起きてらしたですの~?ふぁ……」
「ん……?おおッ。起こしてしまったかロッテ、すまないな」
「いえ、充電も問題ないですし……わたしは構いませんの♪」
「そうか、なら曲でもかけてやろうか……パイプオルガンだ」

OK、そこの貴様。人を怪物でも見る様な目で眺めるんじゃない。
クラシックは私の好みだ、文句あるか?それに、その……ロッテも
実はクラシックを気に入っていてな?──少し違う意味で、だが。
少し待っていろ、すぐに分かるぞ……ほら、聞こえてくるだろう?

「♪普く星々は、空を照らし……」
「♪風はそっと、夢を運びて……」
「♪人は幸せに、夜を越える……」

のびのびとした明るい即興詞、透き通った水晶の様なボイス。
パイプオルガンの重厚で荘厳な音色に負けぬ、彼女の存在感。
そう……これは、ロッテが自らの意思で奏でている歌なのだ。
“プロテクト”を外されたCSCは、人と同じ感受性を宿す。
それが故に、彼女はこの様な美しい歌を唱う事が出来るッ!!

「♪……お粗末ですが、一曲マイスターに差し上げますの」
「粗末なんて、とんでもないッ!……可愛い娘だ、ロッテ」
「きゃっ?えへへ~……ありがとうございますですの~♪」

私の為に唱ってくれたロッテを抱きしめながらも、思う固有名詞。
その名は“アシモフ・プロテクト”。神姫という“魂”を縛る枷。
普通のユーザーならば極初期の段階で解除処置を受けているのに、
その現状を以てなお搭載されているのは、人のエゴ故であろうな。
社会が神姫達人工知性体を、対等のパートナーと見ていない現状。
なんとも嘆かわしい限りだ。彼女らの本質……魂、そして“心”!

「本当にお前達は、人と何も変わりがないのにな……」
「いつかみんなが、仲良く唱いあえたら幸せですの♪」
「有無、だなぁ。その為に、出来る事はせねばなッ!」
「きゃ?!ま、マイスターわきわきはだめですの!?」
「ダメだッ、私は今ロッテが愛おしくてたまらんッ!」
「きゃ、きゃぁ~っ♪くすぐったいですの~っ!?!」

胸元に優しく抱きしめた“妹”を、私は心を込めて撫でてやる。
ロッテはいかがわいい愛玩用ではないのだが、何故か喜ぶのだ。
本人曰く『メモリがいっぱいになっちゃいますの』だそうだが、
センサーが感じずともそのCSCとコアが“幸せ”を覚える……
躯は人造でも“魂”が天然自然に備わる証と、私は思っている。

「は、はふぅ~……マイスター、もうギブアップですのぉ~」
「う、うむッ。今日はこの辺で勘弁してやろうか、ロッテ?」
「……はい。だって、マイスターもお顔が真っ赤ですの~♪」
「う゛ぁ!?き、気のせいだ照明のせいだなんでもないっ!」

本に顔を埋める。いかん、昔からどうにも私は素直になれない。
特に神姫……しかもロッテの事となると、胸が締め付けられる。
でもこれじゃ、検査後に戻ってくるクララに嫌われちゃう……。
……って貴様、人の心の声を聞くなッ!言い訳は、無用だッ!!
何、『自分で言ってるんだろう』だと?ええい、そこに直れぇ!

「ごほんごほん、げふげふ……いかんいかん、暴走寸前だ」
「もう。マイスターってば、クララが驚いちゃいますのっ」
「うむ、分かってはいるんだが“妹”への想いが……なぁ」
「それはちゃんと、クララも分かってくれると思いますの」

事実その通り、こういう暴走をするのはロッテと打ち解けてからだ。
クララとも最初の内はぎこちなかろうが、ロッテが証言するのならば
きっと判ってくれるのだろう。無論私が彼女を理解するのも重要だ。
久々に挫けそうになったが、すぐ持ち直した。これは私の長所だな。

「眠気が冴えてしまった……これをもう少し、読むとするか」
「じゃあわたしももう一曲、マイスターに捧げますの……♪」
「ああ、頼む。冬の夜は長いからな、良い歌が聴きたいぞ?」
「はいですのっ!……♪華咲く心、踊る私、愉快な調べ……」

──────あなた達がいるだけで、私は満たされるの。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー