メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  ・・・・・・行かなきゃいけないのかなあ。
  夏休み初日、僕は起きてからずっと迷っていた。
  昨日は梓に押し切られ、会う約束を取り付けられてしまったが、やはり気が乗らない。人とはあまり関わりたくないし。
  その一方で、久しぶりに同年代の子と話せるという楽しみもあったし、学年内でも人気の梓と、「武装神姫」という秘密を共有している嬉しさも、あった。
  ・・・・・・どうしようかな。
「あの・・・・・・」
  そんな具合で考えていると、ネロに声をかけられた。
「やはり迷惑ですし、断りの連絡を入れましょう」
  最初は同意した。けれど、少し考えている内に、なんとなく、違う気がしてきた。
「・・・・・・そうやってまた、今までみたいに、あんなふうに生きていくの?」
  あの時見た、ネロの姿を思い出す。
「ええ、慎一や他の方々に、迷惑をかけるわけには・・・・・・」
「そんなの認めない」
  彼女の言葉を遮って、僕は言った。
「少なくとも、僕は迷惑だなんて思わない。それよりも、君があんな目に遭っていることの方が、僕には我慢できないよ」
「し、しかし・・・・・・」
  いったい何が僕を衝き動かしたのか、とにかく僕はネロを説き伏せ、梓との待ち合わせ場所であるセンターへ向かった。

「あ、おはよー、星野くん」
「う、うん。おはよう」
  ・・・・・・しかし、開店直後に待ち合わせというのはいかがなものか。
「紹介するね、この子はミナツキ」
「はじめまして。以後、お見知りおきを」
  梓の肩の上で、猫型の神姫がぺこりとお辞儀をした。
「あ・・・・・・、こ、こちらこそ」
「ネロです。どうぞよろしく」
  ・・・・・・なんか調子狂うなあ。
  とりあえず、出掛ける前にネロから聞いた話をいくつか、した。
  彼女のメモリにはブロックがかかっており、人間でいう「記憶喪失」みたいな状態になっているらしい、ということ。
  もともとのマスターが行方不明になったのが、半年前――僕はこの半年前という言葉に、奇妙な引っ掛かりを感じていた――ということ。
「ふうん・・・・・・。製造番号とか、登録ナンバーとかで、何かわからないかな?」
「うん、それも考えたんだけど・・・・・・」
  身体に刻まれている製造番号は削れてしまっていたし、登録ナンバーも、彼女のアクセスコードがわからないから調べることができなかった。
「うーん・・・・・・」
  梓が唸っていると、
「あれ? 梓ちゃん、珍しいね」
  と、男性の声がした。
「あ、修也さん」

  事情を聞いてくれたその男性――上岡修也さんは、梓の従兄らしい。
「なるほど・・・・・・。そりゃあちょっと、複雑な問題だな」
  そう呟いて、修也さんは携帯電話を取り出すと、どこかに電話を掛けた。そして、
「よし、これでとりあえず、不法所持の問題はなんとかなる」
  と言った。

  その夜。僕のパソコンに、一通の添付ファイル付きメールが届いた。差出人を確認すると、梓からだった。携帯を持っていない(というか持ちたくない)僕は、別れ際に彼女にパソコンのメールアドレスを教えておいたのだ。・・・・・・どちらかというと、教えさせられたと言った方がいいかも知れない。
「あれ・・・・・・?」
  しかし読んでみると、文面は修也さんのものだった。
  添付ファイルのプログラムを、ネロにインストールしろという内容。
  当面、周りの目をごまかすための、偽造データとのことだった。
「ネロ、どうする?」
  僕は聞いた。
「・・・・・・インストールします。それで少しでも、慎一達の負担が減るのでしたら」
「そんなこと・・・・・・、考えなくていいよ」
「・・・・・・すみません」
  ・・・・・・これは、所詮偽物でしかない。でも、今の僕とネロをつなぐ、たったひとつの綱のように思えた。

  幻の物語




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー