メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「シルヴィ! ブレードで応戦、ランチャーで弾幕をはりつつ離脱!」

マスターの指示に合わせ、敵の攻撃に対し的確に行動を起す神姫。
シルヴィと呼ばれたツガルタイプは、近接の間合いに迫るヴァッフェバニーのアーミーブレイドをブレードで受け止め、背面バインダーに内臓された電磁加速ランチャーを低弾速連射モードに設定、乱射、一瞬生じた隙を逃さず全身のバーニアを噴射し、敵と距離を取る。
近距離から遠距離戦への移行完了。自身、敵、共にダメージ無し。

「いいぞシルヴィ! ライフル、ランチャー展開。遠距離射撃戦を仕掛ける!」

敵のヴァッフェバニーは一見ノーマルだが、両腕に連射力の高い火器、背部の推進器には瞬発力を高めるパーツを装着、近~中距離での火力と機動力を高めるカスタムが成されている。
弾幕で相手の動きを止め格闘戦で確実にダメージを奪うタイプだ。洗練されたスタイル。ここまで勝ち進んで来ただけの事はある。

中距離~接近戦を重視したタイプには遠距離戦を仕掛けろ、か。バトルステージ『荒野』のような遮蔽物の乏しいエリアではマスターの判断は正しい。
敵が装備する機関銃も遠距離まで離れれば弾速の減衰、集弾率の低下により危険度は減る。が、しかし私のような装甲が人並みの神姫では、それも回避行動を取らなければ看過でない脅威だ。機関銃を両手に迫る敵に対して回避行動を取りつつ敵の有効射程外へ離脱、さらに狙撃をする。
だが、一連の行動から放たれる乱雑な射撃は敵ヴァッフェバニーの瞬発力の前では足止めにもならない。一気に距離を詰められる。中距離戦。ミドルレンジ。私の、ツガルタイプの、最も苦手な距離。


ツガル戦術論:プロローグ




一般的に各神姫には得意とするレンジと言うものが存在する。
天使型MMSアーンヴァルなら飛行能力をフルに活かした遠~中距離射撃戦。
騎士型MMSサイフォスなら重装甲と強力な格闘武器を利用した接近戦。
兎型MMSヴァッフェバニーの武装は一撃の威力に欠けるが、その信頼性の高い格闘武器と豊富な火器による弾幕を駆使し、遠距離から接近戦までこなすオールラウンダー型と言える。
パッケージに詰められたデフォルト装備と言うのは素体との相性を考慮した上で選別されており、思いのほか高いバランスでまとめられているのである。

もちろんアーンヴァルタイプがセイバーを持って突撃するのも戦術だが、射撃重視の機体に調子に乗って太刀やブロードソードを装備しては不味い。 機体重量過多やエネルギー出力不足による戦力低下、という危険性はもちろんのこと、戦術的に「どっちつかず」の神姫になってしまう。そんな神姫は付け入られやすい。
武装とは、マスターと神姫にとってのアイデンティティ。
だからこそマスターと神姫は吟味に吟味を重ねて武装を選択する。

「強い神姫」と言うのはつまり「コンセプトの明確な神姫」なのである。


ツガルタイプのノーマル武装は3種。ライフル、ランチャー、ブレードである。 うち2種は遠距離射撃武器。残り1つは接近格闘武器。
そう、ツガルノーマルタイプには中距離武器が存在しないのだ。

  • ホーンスナイパーライフルは軽量狙撃銃に分類され、遠距離に於いて取り回しが良く威力が高い強力な武装である。しかし接近する敵に対して弾幕を脹れない点が近~中距離戦に於ける決定力不足につながっている。
  • ハイパーエレクトロマグネティックランチャーは低速連射モード、高速貫通モードと自在に撃ち分けられ、フレキシブルに可動する盾としても機能する完成度の高い武装である。が、これも中距離射撃戦に於いて取り回しの悪さが指摘されている。
  • フォービドブレードは背部にマウントされたダブルブレードで、両手に射撃武器を構えていても格闘戦に移行できる自由度の高い武装である。
以上の3種の武装が一対ずつ装備されている。

このように、一つ一つを取り上げて見ればレベルの高い武装群なのだが、全体をまとめて見渡すと決定的な欠点が露呈してくる。中距離における火力不足。対ノーマルツガル戦略は明確であり、ツガルが対戦に参加し初めると即座に打ち立てられていった。
可変機構を取り入れたはいいが戦闘コンセプトが一貫しない、季節ネタとして発売された、バトルでは使えない神姫。ツガルに下された評価をまとめると、こうだ。そもそもツガルは追加武装キットとして発売されたのだ。別途素体を購入しなくては稼動しない。上記の要因はバトルにおけるツガル不人気に拍車をかけた。
事実、ツガルを使用するマスターは驚くほど少ない。


にもかかわらず、マスターは私を何度も神姫センターへ連れ出してくれた。 もちろん最初は何度も負けてしまって悔しい思いをした。
ある日、私が武装の変更を提案するとマスターはこう断った。
「だって悔しいじゃないか」
曰く。
「シルヴィ、ツガルタイプは決して最強の神姫じゃない。
でも、決して扱いにくい神姫でもない。
おれ達はツガル装備を使用してバトルに勝たなければいけない。
シルヴィのツガル装備は、シルヴィが扱う事によって初めて最強になる。
それが、ツガルを見限ったバトルマスター達の見返す唯一の方法なんだ」

私は呆れた仕草をして見せた。
しかし、すぐさま駆け込んだ棚の裏で涙を流した。
悔し涙か? それともマスターの野望に感動でもしたか?
違う。マスターの実直な動機に涙したのだ。
有り体に言えば、私を、我々を。ツガルタイプを愛してくれている事。

「ふん、まったく、バカなんだから」
…でも、貴方がそういう考えなら、付き合ってあげてもいいわよ。
泣き尽くして脹れた顔が元に戻ったのを確認してから、マスターの前でこう宣言した。
マスターが人差し指を突き出す。私はそれに握り拳をぶつけて応える。
私達は必ず勝ち上がってみせる。私達は心の中で誓った。二人の不敵な笑み。

後で聞いた話では、この時の私の瞳はしっかりと潤んでしまってたらしい。


始まった特訓。確立された戦術と戦略。ノーマルパーツを駆使した必殺技の開発。 着実に上がって行くランクポイント。気が付けば地元の神姫センターでも注目される神姫になっていた。
ただし、ツガルを扱う変わり者のマスターとして。
そして出場した地区大会。トーナメントの最頂上。全国大会出場への切符を賭けた一戦。
ツガルタイプを過小評価している連中を叩きのめしてやる。こんなところで負けてたまるか。
シルヴィアは剥き出しの闘志でそう応えた。




逃げ回る私。迫るヴァッフェバニー。中距離戦。それは私の弱点。そしてヴァッフェバニーの必殺の間合い。サイドボードから転送されたヴァッフェバニーの虎の子ミニガンが火を吹いた。
回転式バレルから大量の弾を吐き出すこの射撃武器は中~遠距離で絶大な威力を誇る。両手で扱わなければいけない重量や取り回しの悪さなどは威力と連射力で捻じ伏せる。と言った重火器だ。
決定的な構図。しかし、この状態こそ私が、私とマスターが待ち望んでいた瞬間。

中距離戦が苦手ならば、逆にそれを利用する。これが私達の発想だった。四丁もの精密射撃武器を搭載するツガルタイプはロングレンジでは無視出来ない実力を発揮する。 アウトレンジからの正確な射撃を嫌う対戦相手は中距離で決着を着けようと急激に距離を詰めようとする。
その瞬間を、隙として狙う。


「シルヴィ、今だッ!」


言われるよりも早く反転、全速前進。スラスターをマキシマムまで叩き込む。両腕のライフルを捨て少しでも加速力を稼ぐ。近距離まで一気に飛び込めば重火器の取り回しの悪さに付け込める。マグネティックランチャーにエネルギーを供給し始めると片側を体の前に構え盾として運用。ミニガンの弾幕に備える。もう片側のランチャーを低速連射モードにして連射。敵は真正面。重火器を装備して足が止まっている。よく狙う必要も無い。
突然の強襲に同様しない敵は流石だ。互いの射撃は正確だった。
被弾。命中。また被弾。それでも絞らぬ推進力。瞬間的に跳ね上がる両者のダメージ。しかし駆動系はまだ生きている。それは敵も同じ事だった。
そしてクロスレンジ。
ミニガンの有効射程から外れると判断したヴァッフェバニーは即座にアーミーブレードを装着。すでに格闘戦に備えていた。背部フォービドブレード展開。スラスターの推力を急激に偏向。ヴァッフェバニーの頭上で勢いに乗ったムーンサルト。体を翻すたびに刃を浴びせる私の必殺技。一太刀目。身を低くし回避される。敵の回避機動を考慮した二太刀目。ブレードで受け流される。本命の三太刀目。背部推進器を盾にして回避された。
アプローチ終了。有効打、無し。加速度を殺さずそのまま離脱。クロスレンジから再びショートレンジへ。攻撃終了後の隙は見逃されず、ヴァッフェバニーはアーミーブレードを投擲。被命中。脚部スラスターを使用不能にするダメージ。稼動する残りのスラスターできりもみ状態から回復。
この機会を逃したら戦闘続行は困難。
盾として運用していたマグネティックランチャーを高速貫通モードへ。
天地反転の体勢から射撃。限界まで供給されたエネルギーを開放する。

果たして、近距離から放たれた超高速貫通弾はヴァッフェバニーのボディを貫いた。

姿勢制御が間に合わず、高速のまま頭から地表に接触。横転、前転、バウンドを繰り返し自らおこした砂埃にまみれるシルヴィア。ダブルノックアウトか? ジャッジコンピュータが勝負の判定を行う。
この勝負を見守った者の総てが一瞬と言う間の長時間を経験した。そして、下される、判定。


<勝者、シルヴィア>


固唾を飲んでジャッジの真偽を見届ける総員。
立ち込めていた砂埃は判定のタイミングを見計らったかのように晴れる。

そこには勝利者シルヴィアが立っていた。
ようやく動き出した観客の時間。勝利者に割れんばかりの声援。
眩しすぎる照明。鳴り止まぬシルヴィアコール。
すべては勝利を掴んだ小さき姫のために。
満身創痍のシルヴィアは髪の乱れを正すと、観客に向かって一礼して見せた。


精密なポリゴンで構成されたバーチャル空間は、戦闘フィールドから表彰台へと表情を変え、神姫の傷だらけのボディもポリゴンの塵へと分解。再構成されると無傷のパーツへと修復された。
ポリゴンの紙吹雪とポリゴンのトロフィー。メインスクリーンに大きく映し出されるシルヴィア。
しかし。







まっすぐ帰宅し、今夜は御馳走にしよう。等と思いながら愛車のエンジンを始動する。
表彰式を終え、会場の駐車場でバイクをアイドリングさせてると突然、浮かない表情のシルヴィアに声をかけられた。

「優勝した、と言う実感が湧かないわ」

屋外駐車場は風が吹きさらし、星を控えめに散りばめた夜空だった。
まだ夕方だと言うのにもう空が暗い。季節は冬であった。エンジンが暖まるまで時間がある。

「私達は激しい特訓を経て、全力をもって大会に臨み、そして優勝した。
けれど。私達は本当に勝ったのかしら?」


それはつまり。
おれ達の目標。ツガルタイプの真の実力を皆に示す事が出来たのか。って事かな。
肩の上にたたずむシルヴィに聞き返す。

「そう。私は必死に戦った。
負けてたまるか、と、がむしゃらに相手の神姫を打ち負かしてきた。
けれど私の戦いは、他のマスターの心を動かしたのか。
それが、気になります」

優勝した感動よりも、その事に対する不安の方が強いというのだ。
表彰台の頂点に立った本人だと言うのに、シルヴィアは真面目であった。
マスターのおれですら優勝の余韻に浮かれてたと言うのに。

少し考えてから、こう切り出した。
「シルヴィはよくやったよ。
多くのプレイヤーが扱いにてこずるツガル装備でよく勝ち抜いた。
今回のバトル結果は様々な形で神姫に関わる人達に伝わるはずだ。
そして、彼らはこう言うんだ。『大会であのツガルタイプが優勝したんだってよ』
ある人はツガルをパートナーに選ぶかもしれない。またある人は今回の戦闘データを元に対ツガル戦略を練りなおすだろう。
ひょっとしたら神姫センターで名指しの対戦を申し込まれるかもな。」

まさか、それはどうかしら。
と否定するシルヴィアはしかし、まんざらでもなさそうな表情。ここにきてやっと浮かない表情が引っ込んだ。
おれも、自分で言っといてまんざらでもなさそうに笑う。

さらに続ける。
「シルヴィが今どんなモヤモヤを抱えてようと、
ツガルタイプが優勝したと言う事実が神姫プレイヤーを変えていく筈だ。
そして、忘れてないか? 幸いな事におれ達の前にはまだ全国大会が待っている。まだまだ活躍のステージがあるって事だ。
納得できない点があるなら次の対戦相手にぶつけてやればいい。地区大会優勝くらいで気を抜いちゃダメだ」

「それは当たり前よ。
私達の目的はツガルを過小評価するマスターの髪を掴み下ろし頬を引っ叩いて眠たい目を覚まさせてやる事。
この程度の戦績で満足するわたくしではないわ」

やっといつものシルヴィアに戻ってきた。わがままで高飛車。しかし実は真面目で努力家。そして感動屋。
普段より上ずった声だった辺り、全国大会の存在を忘れていたのだろう。
指摘されたのが図星だった。でもそんな事を絶対認めようとしないのがおれのパートナー、シルヴィアである。

「さあ、帰りましょう。小さな大会とはいえ疲れたわ。
今晩はうんと美味しいご飯にしましょう。お寿司がいいわ。回転式なんてもってのほかよ? 特上を出前にしましょう。
それからデザートは駅前の―――」

だー、わかった。バイクのエンジンも十分暖まった。行くぞ。残りは家で聞く。
シルヴィアは肩の上から胸ポケットへすべるように移動。
シルヴィアが収納されたのを確認するとバイクにまたがる。



「駅前の、限定品とは言わないわ。新発売のかぼちゃプリンを―――」



アクセル全開。いささか強引にクラッチを繋ぐ。
胸ポケットから顔を出すシルヴィアの声を爆音で掻き消し、シフトチェンジ。

張り詰めるような冷たい空気を切り裂いて、走る。
かぼちゃプリンだな。デパ地下に、まだ残ってるかな。等と考えながら。




続く






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー