メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦うことを忘れた武装神姫 その9




   ・・・その8の続き・・・


「ずいぶんと集まってるなぁ。」
CTaとの会合から数日後。久遠は、M町のセンターに居た。
「ネット上でもずいぶんと話題になっていましたし・・・」
久遠のバッグから顔を出したリゼが言うと、同じく顔を出していたシンメイが、
「さっきその辺で、ここ始まって以来の人の入りだ、とかいってましたね。」
と付け加えた。
「・・・。でもまぁ、いい舞台が出来ていると思えばいいんじゃないかな?」
ちょっぴり緊張した面持ちながらも、いつもの口調で受付へと進む久遠・・・。

あの翌日、仕事から帰った久遠はCTaのアドバイス -といっても酔っぱらいのつぶやきレベルだが- を伝えた。
すでに対戦をすることについては皆了承していたものの、久遠同様どうすればよいか、悩んでいた。 だが。 CTaの言葉の意味は、どうやら神姫達の方が先に理解できたらしい。まだ悩む久遠を差し置いて、神姫達は各々準備に取り
掛かったのであった。  そして・・・。

「待ってたっすよ、久遠さん。」
そこには、先に受付を済ませたトップランカー「サイトウ」が座っていた。
「どうもどうも、・・・サイトウさんでしたっけ。今日はよろしくお願いいたします。 ・・・おや?」
久遠がフィールドに目を移すと、モノブロックフィールドの中に、サイトウの神姫が4体、装備をした状態で待機していた。
「これからウォームアップも兼ねてのデモをするんすよ。 へへ・・・お客も揃ったみたいだからな・・・アスタ、ベルタ、コリン、ディサ! ファイア!」
4体の神姫-白子、黒子、兎子、騎士子-は、それぞれが手にした得物で、的が描かれたキューブを次から次へと撃破、数分であっというまに破壊し尽くした。どよめきと、拍手がわき上がる。 横目で見ながら受付の書類記入をしている久遠の横では、彼の神姫がその様子を、バッグに開けられた小窓から見ていた。
「・・・。」
その猛烈な状況に、言葉が出ない。
「はいはい、おわったよー。」
手続きを終え、久遠が4人を出そうとバッグを開けると、中では隅に固まった4人が。泣き顔になっているシンメイは、白いハンカチを用意し、棒っきれに結びつけようとしている有様。
「ま、ますた〜・・・。」
「だー! 今更何やってるの!」
作りかけた白旗を取り上げる久遠。
「だって、あんなの反則だよぉ・・・」
と、リゼが言いかけたとき。
「久遠さん、本当にやるんですか?」
と、聞き覚えのある声。 かえでだ。
「お、かえでちゃんか。」
「あんな攻撃のできる相手ですよ、本当に、本当に大丈夫なんですか?」
心配そうなかえでのその声に・・・

「まーっかせなさーい!!」
突如、カバンの中からリゼが飛び出した。どこで仕入れたのか、或いは作ったのか、妙にカッコイイサングラスを着け、いつのまにかこさえた「にくきゅう」隊のジャケットをまとった、いかにもな姿で-。
かえでの声に、久遠の言いつけ、「ヒーローであり続けること」を守ること、何故この場に来ているか・・・を思い出したリゼ。久遠を見つめる目に、もう迷いはなかった。 それを見た久遠は、ひょいと持ち上げて自らの肩の上に。
「絶対に負けないよ。 あたしたちは最強の神姫戦隊、にくきゅう隊だ!」
その様子に、エルガが先ず反応した。

「にゃーん! キッチンの山猫、エルガなのー!」
リゼと同じ服装ではあるが、きっちり自前のヤンチャオを装備し、手には包丁(模造)という、誠に不思議なスタイルで飛び出してきた。
「料理は愛情、心を込めて! にゃっはー!!」
さっと飛び上がると、久遠の肩の上に乗った。 ざわめくギャラリー。

「よいしょっと・・・ ふぅ、そろそろ私の順番ですか? え・・・あらまぁ、こんなにも大勢の皆様に見に来て頂くなんて・・・は、はわわわっ!」
のっそり顔を出したイオは、久遠の肩に乗ろうと飛び上がったのだが、お約束どおり、バッグの足を引っかけてあらぬ方向へ・・・ だが、かえでがナイスキャッチ。 久遠の方に無事乗せられた。と、ぱっとバッグから光とスモーク。

「傷つき倒れ、悲しむ神姫の呼ぶ声が・・・ならば私が行きましょう、たとえそこが地獄でも!!  はぁっ!!」
かけ声ひとつ、一気に飛び出し久遠に飛び乗ったドクタースタイルのシンメイ。
「ささ、総司令。 お願いしますよ。」
急にノリが良くなっているシンメイ。やはり、こういう場面で姉御肌のリゼが引っ張る力というのは大きいんだなぁ・・・と、しみじみ感じつつ久遠はリゼと打ち合わせ通りに続けた。

「つーことで、にくきゅう隊、ただいま参上ですー。  い、いでででっ!!」
「ヌ・シ・さ〜ん〜!! あたしたちがここまで決めたのに、何だそのやる気のない締めはぁ〜〜!!!」
久遠の言い回しに納得行かなかったのか、リゼは思いっきり耳を引っ張る。
「わ、わかった、わかったから引っ張るんじゃない!!!」
「わかればよろしい。」
その様子に、かえでを含め、見ていたギャラリーが一斉に和む。 久遠たちは取材に来ていた雑誌社やミニコミ誌、果てはケーブルテレビの取材まで受けるはめに。 彼らが想像していた以上に、ウケが良かったらしい。
昔はこうしたイロモノは多かったのに・・・と思いつつも、にこやかに取材に応じる久遠、ギャラリーに囲まれちょっとした撮影会になる4体の神姫。

フィールドの脇では、完全に蚊帳の外となったトップランカー・サイトウが、彼らを嫉妬の目つきで眺めていた。。。


やがて、試合開始の時間がやってきた。 アナウンスが入る。
   -「久遠 VS サイトウ、まもなく開始します」-


 ・・・>その10へ続くっ!!>・・・








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー