メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦乙女は、かく降臨せし(前半)




ヒートアイランド現象の所為であたたかいと言え、今は冬真っ只中。
流石に冷えるが、ここは今日も賑やかで熱気に満ちているな。有無。
秋葉原神姫センター3階、ヴァーチャル式バトルフィールド装置前。
ここではサードリーグとセカンドリーグの試合を、年中やっている。
設置台数は、両リーグを合わせて凡そ……16基という所だろうか?

「お兄さんお姉さん達でいっぱいですの~、それとわたしの妹達もッ」
「そうだぞロッテ。今日はここで初バトルをやるんだ……大丈夫か?」
「はい。ちょっぴり緊張しますけど……精一杯がんばってきますの♪」
「良い娘だ~……こほん、勝ったらご褒美も考えてやろうか、有無?」
「むむむっ。そう聞いたら、もっとも~っと頑張っちゃいますの~♪」

そう、我々は先日“解除”と並行してサードリーグに登録したのだ。
草リーグとは違い、大小織り交ぜた“公式試合”が月に何度かある。
今日は初めてそれに挑戦してみよう、という訳である。心が躍るな。
私・槇野晶が引いている改造スーツケースには、神姫・ロッテ専用の
軽量級用装備一式が積まれている。いきなり重量級でもいいのだが、
まだまだ“アレ”は開発途上である。試作一号機が完成してからだ。

「さ、着替えようか。戦乙女ロッテの初お披露目と行こうじゃないか」
「はいですの!ん、しょ……マイスター、トランク開けてくださいの」
「よし。ではじっとしていろ……?最終点検も一気にこなすからなッ」
「了解ですの♪──────火器管制用ジステム……エクセス(接続)」

システムメッセージ用の無機質な声を確認し、私は一気に彼女を脱がす。
素体に専用アンダーウェアを施しているとは言え、やはり少し照れるよ。
……「百合幼女萌え」とか言った奴には、飛び膝蹴り9本くれてやろう。
第一、補助アーマーとブースターを装備して“裸”とは言わぬだろう!?

「と言っても、何時もロッテを着せ替えする時は緊張するものだ……」

……兎も角、その上に武装を施していく。まずは蒼穹の輝きを持つ装甲、
次に青き一角獣の槍を、更に死神の手……そして霊鳥の脚と神々しい翼。
仕上げに、大いなる天使の輪を宿す冠を。これで軽量級戦闘装備は完了。
おっと、愛用のチタン製ブレードと二挺拳銃も、装備させてやらねばな。

「よしっと。プランL009で動作スキャン、その後モード復帰してくれ」
「──グリューン。復帰します……マイスター、準備はOKですの♪」
「よし、では往こうか。間もなく試合時間だ、気合い入れろロッテ!」
「はいですの!なんとしてでも勝って、マイスターを喜ばせますのっ」

ウェアラブルPCを介してスキャニング結果を参照、異状は……ないな。
私の為に戦ってくれるとはしゃぐロッテに少し照れつつも、点呼に従って
ロッテをバトルフィールドのエントリーゲートに入れてやる。私の出番は
ここまで。後は彼女を信じて指示を飛ばすのみである。……そういえば、
今回の対戦相手は誰であったか。確認を忘れていたが、もう仕方ないな。

『ロッテvsフリッグ、本日のサードリーグ第39戦闘、開始します!』
「フリッグさんですか~……今回のフィールドは、どんな所ですの?」
『設定は“夕焼けの古戦場”らしい。そなたは初顔か、我が姉妹よ?』
「はいですの。マイスターに連れられて、今日は初めての戦いですの」
『そうか。私は幾度か戦った……初陣とはいえ手加減はできぬ、許せ』
「構いませんですの。マイスターの心があれば、勝つのは私ですから」

フィールド審判システムのアナウンスに混じって、相手神姫の声が入る。
その言葉通り、筐体内部のフィールドは朱に染まった草原を映し出した。
しかしロッテの、臆面もなく照れる台詞を言う癖は……正直赤面物だな。
まんざらでもないと思う私も大概ではあるが……ともあれ姿が見えたな。

「ほう、その姿。アーンヴァルタイプと聞いていたが、私に近いな?」
「ん……そういうお姉さんは、サイフォスタイプのカスタムですの?」
「如何にも。与えられた名をフリッグ、“大剣士”のフリッグという」
「私は、ロッテと言いますの。二つ名は~……えっと、うんと~……」

ロッテや……今度にでも考えてやるから、今は目の前の神姫に集中しろ。
しかし相手も青き鎧を纏った戦士か、“戦乙女”の初陣には相応しいな。
さて、早速モーションなどの情報収集を行うか。これこそが私の役割だ。

「では……いい試合をしようではないか、ロッテとやら。いざ、参る」
「マイスターの神姫、ロッテ!いざ尋常に勝負ですの!……ヤァッ!」

──────ロッテが頭部バイザーを閉じた。“舞踏”の開始だ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー