メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  今晩は、ジェネシスです。ジェニーの方が通りが良いでしょうか。
私は今、繁華街の喫茶店に来ています。
少し、相談したい事がありまして。そして、私の目の前には…

「ジェニーちゃん、レーコ頼んでええ?」
「どうぞ」

ラストさんが居ます。男性としてのマスターを一番知っている方だと思うのですが。

「で?ウチに相談て何やのん?身体の事?」
「いえ、そうでは無いんですが…」
「んー?ちゃうのん?てっきりその話やと思たけど」

アイスコーヒーをストローで掻き回しながらラストさんがこちらを見ています。
愛想笑いなど浮かべつつどう話を切り出そうか迷っていると、向こうから話題が
振られてきました。

「そういえばジェニーちゃん元の身体もあるんやろ?どないして身体換装しとるん?」
「いや、それを言うならラストさんも。前から疑問だったんですけど」
神姫の素体とコアは基本不可分です。無論、そのシステムの盲点をつくような改造で
換装を可能としてる個体も居るのですが。
私達がお互いどういうシステムで動いてるのか。興味はあります。

「ウチは単純に身体を二つ持っとるんよ。神姫のボディとインターフェースのボディ」
「で、暗号化した専用の信号でデータを遣り取りしてデータ上の人格…人間で言うと
  なんやろな?心とか魂とか?を共有してるねん」
「二つのボディで性格や喋り方が変わるんはそのせい。で、片方がこうして起動
  しとる時、もう片方は寝とるんよ。こないな感じで」

そう言ってラストさんが胸ポケットから取り出した手帳ほどのケースには彼女の身体が
眠っていました。成る程。

「私の方はもっと簡単ですよ。こうですから」
後ろ髪を上げてうなじの部分をラストさんに見せます。
私の首にはリンクコアがあり、そこに本体が直接収納、接続されているのです。
つまり、このボディは異常に大きな外装扱いなワケです。

「ああ、なるほどなぁ…また変わったテを。らしいちゅうか、なんちゅうか…」
快活に笑うその笑顔につられて笑みを浮かべます。

「そういえば、その身体どうやって誤魔化したん?店とか出たんやろ?」
「はい。まぁ、二日ぐらいでしたから…メンテという事にして、代理の教師として
  なんとか」
「ほっほぉ?偽名とか興味あるなぁ。何て名乗ってたん?」
「秋月 兎羽子(あきづき とうこ)ですね。苗字は由来がなんとかで名前は語呂で」
「へぇ…ちゃんと可愛い名前やん。てっきりフィーナ・ファム・アーシュライトとか
ディアナ・ソレルとか月野うさぎとかかと思うて期待しててんけど」
「…流石にソレは。却下しました」
「候補には上がってたんかい。流石、夏はんは空気読めんなぁ…」
呆れたのか感心したのか解らない唸り声を上げながらラストさんが頷いています。
「ラストさんは…偽名とか持ってらっしゃるんですか?」
人間世界で生活するならそのぐらいは用意してるんでしょうか…?

「へ?ウチ?犬吠埼 凛奈(いぬぼうざき りんな)」
なるほど。ハウリンだから…
「…秋奈さんですか?」
「姉弟合作や」
神姫に歴史あり。でしょうか。あの人達は昔から…

「あー、ごめんごめん。ゼンゼン話ブレとんな。改めて、相談て何やのん?」
急に本題に戻られてこちらが面食らったり。
「ええと…マスターの、事なんですが…」
「夏はんの?」
きょとんとした感じで尋ね返すラストさんに頷きます。
「じ…実は先日、マスターに…その、こ、告白をしたんですがっ」
「ああうん、知っとるよ」
思い切って会話を切り出したんですが。え?
「し…知って?」
「いや実はな。あの時隣の部屋にウチとボスおってん」
「な…な!?にゃー!?」
「いや、んな判り易くパニくらんでも」
なだめるようにチョイチョイと手を振るラストさん。
いや、ちょっと冷静じゃ居られないんですが。

「いやぁ、何回掛けても夏はん携帯に出ぇへんし、こらマズいんちゃうかと思って
  行ったんやけどな?したら二人とも爆睡しとるし」
「まぁ、疲れてるんやろ思て隣のボスの部屋で待っててんけど。したら何ですか、何か
  隣の部屋からドラマチックな台詞聞こえてくるやん?」
「いやぁ、エエもん聞いたで。ウチもあんなん言うてみたいわぁ」

「な…な…」
大ダメージというか…ぐうの音も出ません。
「ああ、これ発見なんやけどガラスコップって意外と音集めるねんなぁ」
「ら…ラストさんっ…もういいです、勘弁してください」
「いや、勘弁も何も他意はないで。んで、告白してどないしたん?」
「そんなに簡単に気持ちを切り替えられませんてば。ちょっと待って下さい」
ゆっくりと紅茶を口に含み気分を落ち着けます…
聞かれてたのは恥ずかしいですが、これはこれで話が早いか。ポジティブシンキング。
「で…それ以来、マスターも少し優しくなったんですが…その、そういう男女の間に
  起こる事態と言いますか…進展が無くてですね。ど…どうしたらいいでしょうか?」

「成る程。ウチが呼ばれた理由がよう解ったわ」
「すいません…他に相談出来る人居なくて」
「ええよええよ。で、ジェニーちゃんはどないしたいん?」
「私ですか?…それは、その…普通の恋人みたいにですね…」
「抱かれたいと」

ストレートな一言に思わずむせたり。

「ごほっ、ごほ!…ええと、そうなんですけど…言い方って物が」
「犯されたい、か。情熱的やなぁ、ジェニーちゃん」
「逆ですっ!!」
「うわ。しー。静かにせなアカンよ。目立ちたい話ちゃうやろ」
「う…はい。って、私のせいですか?」
指を立ててジェスチャーするラストさんにジト目で反論しながら、お互い顔を近づけて
声のトーンを落とします。

「で、逆っちゅう事は犯したいんか。そらナンボ何でもハシャギ過ぎちゃうか?」
「いい加減そのネタから離れて下さい?」
私の雰囲気を察したのかラストさんが咳払いを一つ。

「ええと。まぁ…夏はん根っからスケベやけどヘンなトコで真面目やで?」
「はい。なんか視線は感じるんですけど、我慢してるみたいで」
「…ちっとキモいなぁ。ソレ」
「…色々仕方ないんじゃないかと。考えさせないで下さい」
「まぁ、積極的かと思うくらいで丁度ええよ、夏はんみたく身体より頭が先に動く
  タイプ相手には」
「はい…そうですね」
言われてみれば。
頷き、カップに口をつけて答えます。

「ま、しっかりせな。見敵必殺の神姫さんたるモンが」
「オタオタしとったら、ウチが貰ってまうで?夏はんの事はよう知っとるしー」
からかい口調でこちらを挑発してくるラストさん。

挑発に乗るのもどうかとは思いますけど…しっかりと見据えて。
「…マスターが誰を選ぶかなんて解らないですけど。引き下がりはしませんよ」
「私だって、あの人を…あ、愛してるんですから」
「ん、その意気や。どもらんかったらなおええ」
「はい…」
照れはそう簡単には消えないです。うう…

「ま、それはそれとして。ウチも夏はんにコナ掛けよかな?」
「なっ!?」
突然の宣戦布告(?)に再び混乱の只中へ。
「ウチは家庭とかに幸せを感じられんタイプやから本妻は狙ってへんけど。まぁ、愛人
  はアリやなー、とか」
「か、勝手に話を進めないで下さいっ!!」
「まぁまぁ、実際ウチみたいなんが居た方が間も持つし変化もあるで?花はジェニー
  ちゃんに持たすし?」
「いや、でも、それは…普通の恋愛から遠ざかっていくようなっ!?」
「スデに普通やないでー、神姫とマスターの禁断の恋愛」
「う…」

「まぁ、色々役に立つよって。任せとき。なんなら二人纏めて相手してもええよ?」
「…せめて最初は普通がいいです」
「後々はアブノーマルなプレイもアリ、か。発展家やなぁ」
「だから何でそうなるんですかっ!?」



結局、押し切られた私はラストさんの同居提案に協力する事になりました。
…毒を食らわば皿まで、という感じでしょうか。

しかしこれだって…今後の騒々しい共同生活のまだ一端に過ぎなかったのです。
私、本当に普通の恋愛は出来るんでしょうか…?
疑問は汲めども湧き出る泉の如し。でした。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー