メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここからは出番の無い我輩が解説をするとしよう。
素振りの成果が出ているのか、エストの槍は以前よりも的確に相手を狙うのだが、相手は両手のトンファーを使う事すらなく全て回避している。
『無駄ですからやめませんか?』
半ば哀れむような表情で問いかけている。
『泣かす、絶対に泣かせてやる~!』
相手の提案に対し怒りが倍率ドン、更に倍といった感じで攻撃が雑になってきておる。
この様子だと目的成就までにどれ程の時間を費やすのやら。
ふと相手のマスターの様子を見てみると、師匠と同じく何の指示をするでもなく、3本目のお汁粉を飲み干したところだ。
対抗意識を燃やしてコーヒーからコーンポタージュに飲む物を変えているあたり、エストの事をどうこう言えないと思うのは我輩だけだろうか。

かれこれ数十分も避け続けている技量には正直感服する。流水の動きとかいうやつだろうか。
『もう私の負けで結構ですので、この辺でそろそろ終わりにしたいのですが。』
流石にトンファーも併用しての回避となってはいるが、倒そうと思えばいくらでも機会があった筈である。
エスト自身、一番その事を理解しているのであろう。もう限界と言わんばかりに言葉を紡ぐ。
『師匠、いつもの長槍を下さい。あれさえあれば、もっと上手く戦えます。』
「却下だ。ちょっと普段と得物が違うぐらいでガタガタ言うな。それにエレガントはどうした、エレガントは。」
『ええい、やれば良いんでしょ!!』
刀身を地面に刺したまま前方へと駆け出し、熱に染まった槍をそのまま相手に向かって振り上げる。
ずっと様子を見ていただけの相手のマスターが初めて指示を出す。
「スイ、得る物も無さそうだし終わらせろ。」
『承知致しました。これで決めさせていただきます…神姫流古武術壱(逸)式”対刃”』
色々とツッコミを入れたい箇所はあるのだが今回は無視するとして、スイと呼ばれた相手の神姫が技名らしき名称を告げたと同時、折られた槍とエストが横たわりジャッジAIによる判定が下されていた。
我輩の解析能力を以ってしても何が起きたのかが不明である。

試合終了後、向かい合って座る2人のオーナー。沈黙に耐えかねたのか師匠が口を開く。
「どうも初めまして、黒須修司って言います。宜しければお名前を聞かせていただけますか。」
「新津覚之進って陶芸家だ。年齢は39で現在独身で嫁は常に募集中…」
徐々に声が小さくなっていく。ちょっと顔も俯きだしたが大丈夫なのか。
「せ、先生、深く考えちゃ駄目です。」
スイが慌てて慰めるが、師匠は気にせず質問を続ける。
「何か神姫流古武術とか聞こえましたが、そんなに昔から神姫ってあったんですか?」
うわ、聞きにくい事を気にせず聞いてしまいおった。
「あー、何か古武術とかにしといた方が強そうだろ?俺様が勝手に考えて仕込んだだけだからな、細かい事は気にするんじゃねぇ。」
てっきり人間の武術の応用かとも思ったが、どうやらもっと適当な代物らしい。
「そもそもウチのやつは戦闘行為が嫌いだから護りの為の技だしな。武器が折れたのは技のせいだが、そっちの神姫を倒したのはトンファーで殴っただけだぜ。」
「戦闘が嫌いなのに火器狩りするんですね。」
「そこは俺がバトルさせてみたくてけしかけたからな。飛び道具相手なら良心も傷みにくいだろうってな。おっと、そろそろ業者が作品取りに来るんで帰るわ。」
「今日はありがとうございました。失礼しますね。」
慌ててスイが覚之進の後を追いかけて店から出て行く。待つ気ゼロだな、あの男。

「もっと強くなりたいです。もう、夏の時のような思いはしたくありません。」
HOSの事件の事だろう。最初の妨害はともかく、その後の事は仕方が無かったと思うのだが、意外にも気にしていたようであるな。
「そう、数の差など物ともせず、一撃で優雅に吹き飛ばせるほどの力を!!」
「おいアン、この馬鹿をどうにかしろ。」
「無理である。」
「やっぱり基本はパワーでごり押しか必殺技ですかね?ね?」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー