メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神姫狩りシリーズ 04


ORIGIN



 篠房財閥。
 古くは華族の旧家であり、貿易で財を築いた一大グループである。最近は電子産業にも力を入れており、篠房技

研が武装神姫市場への参入も表明している。
 その参入第一弾として、騎士型MMS「サイフォス」と武士型MMS「紅緒」のロールアウトも決定している。

今までの神姫とはまた違うコンセプトの元に作られた神姫である。
「で。その篠房財閥のお嬢様が、何の用なんだ?」
 マンガかなにかのよーなバカげた大きさの篠房邸に三人はそのまま招待された。ちなみに鶴畑の使いはそのまま

トンズラしたことも追記しておく。
 これまたバカみたいな応接間に通された静真たち。その正面に、篠房留美那は腰掛けて優雅に紅茶を飲んでいる


「何の用、と申されましても……」
「用件が無ければ、俺たちみたいな庶民もド庶民をあんたみたいな金持ちのお嬢さんが招待する理由が無いだろ」
 警戒していう静真に、ベルは静かに言う。
「そういう風に身構えていると、底の浅さが露呈するわよ。コンプレックス丸出しだし」
「やかましい。お前はちっとは黙ってろ」
 ベルを一喝して静真は向き直る。
「何が目的だ。あんたも香織さんの店を狙ってんのか?」
「まさか」
 留美那はその問いに笑顔で否定する。
「神姫をレンタルする事業、というのは私たちも面白いと思っています。応援こそすれ、あの人たちのように邪魔

に思って排除する、なんてことはいたしません」
「……本当か?」
「はい」
「ならいいが……だったら何のつもりかますますわからん。鶴畑へのあてつけか?」
「そんな意味の無い幼稚なことをするように見えますか?」
「人間は外見じゃ判断できないだろ」
「偏見やねぇ」
 香織が茶請けのクッキーをかじりながら口を挟む。 
「人間不信……?」
 恋も口を挟む。
「だから黙ってろお前ら。」
「……お話どおり、面白い方たちですね」
「……俺たちを知ってるのか」
「はい。失礼かとは思いましたが、貴方のことは調べさせていただきました、桐沢静真さん」
「何?」
「上媛学園高等部、16歳。ロボット研究部所属。成績は中の下、運動神経はいい。過去に補導暦あり。両親は海外

出張で現在、島田重工勤務の兄と二人暮し」
「……天下の篠房財閥ってのは、他人をこそこそと嗅ぎ回るのが趣味なのか?」
 さらに警戒心を強め、椅子から腰を浮かせる静真。留美那はそれを気にせずに言葉を続ける。
「所持神姫は……タイプストラーフ、ベル・ゼ・ヴァイス、いえ……」
 一呼吸置き、静香に、はっきりと言った。


「ロストナンバーズ。00d――――悪魔型『タイプベルゼブブ』ジ・オリジン」


 その言葉に、静真とベルの表情が変わる。「警戒」から「敵意」のそれへと。だが、留美那がやんわりとそれを

手で遮る。
「どうこうするつもりがあるのなら、とっくにしてます。信じてください。私には貴方たちに害意はありませんか

ら」
「どうだかな。余裕の裏返し、ってこともある」
「……じ・おりじん……?」
 恋のつぶやきに、香織が答える。
「ジ・オリジン。簡単に言えば、神姫のオリジナルと呼ばれるMMSよ。開発過程で生まれたプロトタイプやテス

トタイプ。市場には流通するはずのない、開発元に保管・管理されるか、あるいは廃棄されるはずの……伝説のM

MSや」
「ええ。もっとも、「オリジナル」というのも多少は語弊がありますが……ともあれ、そのベルさんは、ストラー

フの原型として生み出された幾つものMMSのひとつ、で――間違いはありませんね?」
 しばし、場を沈黙が包む。その静寂を破ったのはベルのため息だった。
「そうね。そこまでどうやって調べたのか知らないけれど。貴女の言葉は正しいわ」
「おい、ベル」
「ここでの圧倒的弱者は私たちよ、静真。なら弱者らしく開き直りましょう?」
 余裕の表情すら浮かべ、ベルは言う。
「弱者って台詞かよ、そのツラ。まあ確かにな、ここまできたらジタバタしたって仕方ねぇ。
 だけどなお嬢様。たぶんあんたはひとつ、大きな勘違いしてるぜ」
「勘違い……ですか?」
「ああ。「ジ・オリジン」って奴は、別に「超強力な神姫のプロトタイプ」なんかじゃねぇ。そもそも要するに、

だ。「商品にならない」って理由で却下されたモデルにすぎないんだよ」
 静真は肩をすくめていい放つ。
 確かに、「試作品」というものはまず作られて試用され、規定に合うかどうか、要求されるスペックを満たして

いるかどうか、バグはないかどうか――などを文字通りに「試す」ためのものだ。
 どこぞの前世紀の国民的アニメに出てくる白いモビルスーツのように、「持てる技術の粋をこめて試作しました

、でも量産型はそれに遥かに劣ります」などというものはまず存在しないと思っていいだろう。
「コイツだって基本スペックは十分に正規流通品の、武装神姫バトル管理協会のレギュレーションの範囲内だよ。

あんたらが何を聞きつけて何を調べたのかは知らないが、利用しようとしたって価値なんかないぜ」
 どうにでもなれ、という表情で椅子に深くこしかけて静真は言う。
「価値なら、ありますわ」
 留美那は笑う。
 その笑顔に、静真は身構える。

「サインください☆」

 そして全員がこけた。

「…………………………………………………………は?」
「だってだって、普段では絶対に見れないレア中のレアですよ!? 数千数万と存在する神姫の中でも超レア! 

これでサインを貰おうとしないなんて神姫オーナーの沽券にかかわる問題です!!」
 力説であった。
「ああ、そうですか……」 
 気圧されながら静真は敬語で答える。
「で、どこにサインすればいいのかしら」
 まんざらでもないという感じでサインしてあげる気満々のベルであった。
「それではエクエスの鎧に……いやまってください、鎧だと戦ってキズモノになる可能性が……うん、それは駄目

ですわ。仕方ないですわね、オーソドックスに色紙にお願いするしか……」
 ぶつぶつと自分の世界で悩む留美那を前に、
「……俺、なんでここにいるんだろ……」
「お金持ちって変な子多いんやなあ」
「……帰ったら駄目なのかな……」
 静真たちは呆れるしかなかった。



「また来てくださいね」
「ええ、気が向いたらお邪魔させてもらうわ」
 笑顔で送り出す留美那に、笑顔で答えるベル。
 その後ろで静真は「二度とこねー」とか言っているがその意見はおそらくは確実に黙殺されるだろう。
「桐沢静真さん」
「あ?」
 留美那が真っ直ぐに静真を見据える。
「……私が彼女を見つけたと言うことは、いずれは他の誰かも彼女に辿り着くことでしょう。あなたの言うとおり

に、彼女に特別な力がないとしても……それでも、マニアはその希少性に目をつけ、彼女を求めるはずです。
 今のまま、ランク外の無名のままでは……」
「裏バトルで手を出しやすい、ってか? だから公式リーグで力をつけて名を上げろ、か。あんたもうちのクソ兄

貴と同じ事言うんだな」
「ええ。ベルちゃんの華麗な戦いをもっと見たいと言う個人的欲望が大半ですが」
「……大半つーか全部だろ。ま、考えとくよ。だけどな、俺はあんたらの都合よく動いてやる気はねぇからな」
「都合よく動けるだけの能がない、のまちがいでしょう」
「黙れ」
「仲がよろしいんですね」
「「何処が!」」
 見事なパーフェクトハーモニーであった。
「ふふ。それではまたいずれ。今度は公式の場で」
「気が向けばな」
 言い捨てて静真は香織たちの所へと歩く。その姿が消えるまで、留美那は笑顔で見送った。

「――よかったのですか、姫」
 静真たちの姿が見えなくなった後、肩に乗っていた黒い騎士型MMS、「エクエス」が問う。
「何がですか?」
「戦えば、勝てました」
「でしょうね。ですが、貴女が戦いを挑んだ場合、あの女の子の神姫も戦いに入ったでしょう。二対一では……」
「勝てぬ、とおっしゃりますか」
「いえ、美しくありません」
 エクエスの言葉に、留美那は笑顔で返す。
「狩りはエレガントに行うものでしょう? 表舞台であれ裏舞台であれ、相応に華やかに」
「御意にございます」
 エクエスは頭をたれる。
「表舞台に立たぬなら、立たせるまでです。その経過で倒れるなら、それもまたよし。いずれにせよ、最高の舞台

を用意しましょう、彼女と、貴女のために」
「は。お心遣い感謝いたします。このエクエス、一命をとして姫の願いを叶えてご覧にいれましょう」
「期待しています、エクエス」
 留美那は踵を返し、屋敷へと戻る。エクエスもまたそれに続く。
「――ジ・オリジン。いずれ必ず私のものにしてみせます。
 この私、篠房留美那――――いえ」
 振り返る。
 その彼女の頭には、猫耳が装着されていた。

「世界征服を企む悪の秘密結社、ねこねこ団が」



続く




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー