メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦うことを忘れた武装神姫 その5




「えーっと、デザインナイフ、デザインナイフ・・・あ、あれ?どこだ?」
デカールの切り出しをしたいのだが、どこを探してもが見当たらない。
ふと、手元に殺気が。。。 横を見ると、すごい形相で俺をにらみつけるシンメイが。
そして、その手には・・・刃を替えたばかりのデザインナイフ。
「・・・。」
「・・・。」
無言の数秒。
「覚悟はできていますか。」
「あの・・・状況が掴めないんですが・・・もしかして俺、脅迫されてます?」
「脅迫ではありません。これは尋問です。」
「じゃあ始めの『覚悟できていますか』ってどういう意味を持つんだよっ!」
「気にしないで下さい。 いいですか、正直に答えて下さい。」
すっとデザインナイフの先端を俺に向ける犬子のシンメイ。
「あなたは・・・私が隠していた最後のエンゼルパイを食してしまいましたね?」
「は?知らんぞ。だいたい隠すっていっても・・・」
「とぼけないで下さい。先ほど、エルガとイオさんにも尋ねました。現在の所、アリバイがないのはマスター、貴方だけです。」
「まてっ!! まだ何にも答えてないのに何でそうなるんだよ。。。」
ぬぬ・・・探偵物のドラマを見過ぎた影響なのか?
「昨日の2100にはまだ存在を確認しました。その後一晩経ち、今朝1030には消失し、袋だけがゴミ箱で発見されました。昨晩、貴方はどのような行動を?」
「・・・あのさぁ、俺、泊まり勤務でさっき帰ってきたんだけど。」
「・・・。」
「・・・。」
再び無言の時間。と、そこへ白子のイオがやってきた。
「あら、シンメイ。マスターを立派に脅迫しちゃって・・・。新手のプレイですか?」
「プレイじゃないわ! ったく、イオも相変わらずマイペースだなぁ、おい・・・。」
「ちょうど良かった。昨日の件ですけどね、あのお菓子、あなたが召し上がっていたじゃないですか。まぁ、あれだけ呑めば記憶がなくなって致し方ないかと・・・。」
イオがすっと差し出すは、俺のPCのウェブカメラをリンクさせて撮ったと思しき証拠写真。 酔いつぶれたリゼの上に腰掛け、ウヰスキーのミニボトルを右手に持ち、左足ではねだるエルガを蹴り飛ばし、左手には・・・ エンゼルパイ。
「・・・。」
俺と、イオの視線がシンメイに集まる。
「・・・・・・・・。」
シンメイの顔が、好物の林檎よりも赤くなる。手にしたデザインナイフを静かに置くと、
「も・・・申し訳ありませんでしたっ! つい酒がすぎてしまい・・・本当に申し訳ありませんでしたっ!!」
両手をついて、頭をゴリゴリすりつけて謝る。だが、そのけなげな謝罪はほとんど目に入らなかった。いや、入れる余裕がなかった。
「いや、別にそんなにしてまで謝らなくてもいいけどさ・・・それよりこのボトル・・・」
ブレてしまい、はっきり判別できないそのミニボトルを指しイオに訊く。
「それですか? やはり昨晩、エルガがマスターの卓上で見つけて、皆で呑んだのですが。」
飲まれた酒は、数年かけて入手した、25年物のスコッチ。。。
「・・・もしかして、飲みきった?」
恐る恐る尋ねると、、
「私はほんの一口程度ですが、リゼとシンメイの二人で空っぽですよ。」
と、イオは空の瓶をどこからか取り出して俺の前に置いた。
怒りを通り越し、虚しい風が心を吹き抜ける。
「お、俺の秘蔵の一本が・・・。 おい、リゼ!ちょっとこい!シンメイ逃げるなっ!!」
俺は二人を卓上に並んで正座させ、久々にしたくもないお説教をするハメになったのであった。

戦うことを嫌い、昼間からTVを眺める神姫。
ここに居るのは、戦うことを忘れた武装神姫。。。




添付ファイル




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー