メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

街の色も夏から秋に変わり、少し肌寒くなってきた。
第六感が冬に何か大きな事件があるのを感じているが、まだ秋だから関係無い。
しつこいようだが秋ったら秋なのだ。

対ドキドキハウリン戦での失態の罪滅ぼしを兼ねて、何か要望が無いか尋ねてみたところ
「師匠、火器狩りに連れて行って下さい!」
「お前が柿なんか狩ってどうするんだ、食うのか?」
「流石の私でも拳銃やらライフルを食べようとは考えませんが、もしかして師匠って馬鹿ですか?」
話がズレているのは理解できたが、こいつに馬鹿呼ばわりされるとは心外だ。
身をもって自分の馬鹿さを知らしめてやらねばなるまい。
「一般的には柿狩りで狩るのは果物の柿であって、武装の火器じゃない。」
事実を知り落胆して崩れ落ちている。
「ならばエルゴにでも行って、実際に火器狩りすれば良いではないか。」
アン、居たのかお前;

多少は人通りの多い場所も慣れたとはいえ緊張するのだが、ここは覚悟を決めて入るしかあるまい。
「いらっしゃいませ。」
今日も大明神様は元気に爽やかな挨拶そしてくれる。
「いらっしゃい、前回は中々面白いものを見せてもらったよ。」
「その件に関してはノーコメントです。」
平静を装っているが、泣きながら逃げ出したくて仕方が無い。
エストへの戦術指南も兼ねて、早々にバトルするとしよう。

「雹でも降ってくるのではないか?」
装備は槍のみと決めた為に出番の無いアンが、面白く無さそうにモニターを見て感想を述べる。
俺自身に前回のような変な癖が付きかかっている事もあって、今回はどんな相手であれ敗北以外でのログアウトを禁じた訳で、結果として3連勝中である。
『弱い自分を呪うが良い!』
普通なら反感を買いそうな台詞だが、前回の件が噂になっているのか周囲からは失笑が漏れている。
「似合わない事言ってるんじゃない、次の相手が来たぞ。」
『申し訳ございませんが、貴方の火器を狩らせていただきます。』
ん?
「エストさんや、午前中に説明しましたが柿狩りとは…」
『し、師匠。今のは私が言ったんじゃ無いですよ。』
「うむ、解析したところ確かに声紋パターンもエストとは一致してないぞ。」
『おとなしく火器を差し出して投降するなら危害は加えません。約束します。』
1人と1体と1匹が同時に声のする方を見ると、そこには今まで見た事の無い素体の神姫がトンファーを両手に構えて立っていた。
「サイフォスとかいう騎士型神姫か?」
『でも師匠、トンファー持ってますけど。』
「お前も人の事をどうこう言える状態で立っていないだろうが。」
「ならば我輩の出番であるな!」
「違う。」『違う。』
同時に否定されたせいか、普段以上に落ち込んでいる。

馬鹿猫はともかく、サイフォスにしては頭部が見た事無いタイプだし、相手のマスターはフードを被ったままで表情を読む事も出来ない。
「あのー、ところで、うちの近接一直線馬鹿神姫は火器なんて持ってないんですが?」
『それは失礼しました。そういう事ならば別の相手から火器を狩って来ますね。』
『待ちなさい!! このやり場の無い感情をぶつける為にも試合は続行です。つまり殴らせなさい。』
『貴方程度の技量では無理だと思いますが、そこまで言うのであればこのまま試合をしましょう。』
こうして初対面の神姫との試合が開始されたが、個人的な意見としては馬鹿決定戦だと思う。
「アン、コーヒー買ってきてくれ。」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー