メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そのじゅうろく「僕らの上に雪が降る」


   雪が降る
   雪が舞う
   雪が散る
   真っ白い空
   真っ白い大地
   真っ白い世界
   世界に僕はただ立っている
   世界にいるのは僕と少女
   世界に他に人はなく
   白く降る
   白く舞う
   白く散る

   その少女はとても小さい
   広くもない世界に埋もれそうに
   それでも消えてなくならない
   僕と少女は一緒にいるから
   僕は少女を見る
   少女は笑う
   それは
   ただの反応の
   そのための反応でしかなかったとしても
   僕はその笑みを見て笑う

   雪降る空
   雪舞う大地
   雪散る世界
   僕らは小さく
   あまりにも未熟で
   今までの短い人生に誇れるものは少なく
   ただそれだけの存在でしかないけど
   空も大地も世界も白く
   その尽くが一点も滲まない
   ただ真っ白なままで
   見据える先に色はなく
   それでも
   どうか
   どうか僕らを
   僕らを導いた人よ
   これからの先は
   僕ら二人で歩かせてください
   目に映るこの先の世界を
   まだ色付く前の世界を
   僕らはあなたの手を離し
   進むことを
   どうか安らかに
   祝福を

   この先が
   どのような道程なのか
   僕らに知る術はないけれど
   もしかしたら
   それは道ですらなく
   ただの白いだけの荒野かもしれなくとも
   僕らは
   お互いの手を取り
   ゆっくりと
   ゆっくりと
   足跡を残そう

   雪で埋まったこの大地は
   何処までが本当に地続きなのかさえ判らないけれど
   曲がりながら
   迷いながら
   間違えながら
   それでも僕らは歩いていきます

   だから
   だから
   ただ
   さよならと




 その日は朝から雪が降っていた。
 記録的な大雪で学校は休校。
 突然振ってわいた休日になんとなく時間をもてあまし、僕とティキは防寒対策を取って、白く染まった町を歩く事にした。
 雪のせいかそれでも外は明るく、なのに車の音さえしないのがチョットした異空間を演出する。
 初めて見る雪に、ティキははしゃぐ事も忘れ僕の肩の上で舞い散る雪に見入っていた。
 立ち止まっては進み、進んでは立ち止まる。
 そして完全に、足が止まった。
「マスタ」
 小さく、小さく呟かれたティキの声。
「ティキにとって、『オーナー』だった人は二人いるのですよぉ」
「うん?」
「ティキはきっと、旦那さんの事を忘れる事は出来ないと思うのですよぉ」
「うん、そうだね」
「でも……」
 ティキはそこで言葉を止める。
 あたりを静寂が包む。
 僕はティキの意図がわからないまでも、ティキが言葉を続けるのを待った。
「でも、ティキにとって、マスタはマスタだけですぅ」
 そしてティキは僕の顔を見た。真摯な、その瞳で。
「だから、マスタはティキを置いてどっかに行かないで欲しいのですよぉ。ティキは、マスタがいなくなったら、きっと、旦那さんの時の様には出来ないですぅ」
 その言葉に、僕は笑って「バカだなあ」という事は出来ない。
 ティキも僕も、簡単に冗談めかして済ますことは出来ない。
 だから僕もそのティキの思いに、やっぱり真剣な思いで答えるしかない。
「……僕はティキを置いて行ったりしない。僕達は出会ってまだそんなに長くはないけど…… 最初に約束したろ? 僕はこれから君と一緒の時間を過ごすよ。って」
「……………………」
 何もいわないティキの頭をそっと撫で、僕は言葉を続ける。
「だから、もう一回約束するよ。僕はこれからの時間をティキと一緒に歩む」
 それはただの口約束にしか過ぎないのかも知れないけれど。
 それでも、多分に儀式めいていて。
 そして、ティキは笑った。
 それを見て僕も笑う。
 そして僕らはどちらからともなく、真っ白い空を仰いだ。
 静寂が優しく僕らを包み込む。
 しばらくそうして二人で黙って空から舞い散る雪を見た後、僕らは再び歩き出した。
 そのままセンターに向かう。
 少し冷えた体を、温めよう。



 そしてその日、ティキはセカンド昇級資格を手に入れた。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー